スポンサーリンク

【理想の睡眠】熟睡が大切な理由と理想的な睡眠を得る方法【寝落ち×】

森の中で気持ちよく寝ている犬睡眠
Alexis / Pixabay
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

理想的な睡眠を心がけているけど、いつも眠りが浅い・・
どうしたら理想の睡眠が得られるの?

こんな悩みや疑問はありませんか?

 

この記事では、
理想的な睡眠が大切な理由
理想の睡眠を得る方法
について、詳しく解説します。

 

筆者のケンは、
過去に長い間、体調不良に悩み、
理想の睡眠とは程遠い時期がありました。

セラミック矯正はおすすめしません|噛み合わせのズレと体調不良【体験談】
セラミック矯正をおすすめしない理由を知りたいですか?この記事では、実際にセラミック矯正を行い、その後噛み合わせやあごの位置がずれ、体調不良に陥った経験を詳しく解説しています。セラミック矯正に興味があるけど何か不安・・という方は必見です。

 

2010年ごろから、
瞑想やヨガ、マインドフルネスなどの練習をはじめ、
徐々に改善。

2012年からは、
東京都内を中心に、各地で指導もしています。

【マインドフルネス】8年間続けた効果のまとめ【ヨガ講師の体験談】
マインドフルネスにはどんな効果があるか知りたいですか?この記事では、マインドフルネスの練習を約8年間続けた結果、感じた効果や日常の変化などを、具体例やコツ、注意点などを交えながら詳しく解説します。マインドフルネスの効果に興味がある方必見です。

活動スケジュールはこちら(Twitter)

 

心身の健康やライフスタイルなどに関して、
SNSで情報発信もしています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする
ナカガワケン|note
ヨガ講師|会社員時代にうつ経験(30歳〜約10年)▶︎ その後ヨガ・瞑想指導8年15,000人以上 (RYT500 E-RYT200)|ストレスなく生きるのに本当に大切なコト(心身の健康・食・人間関係・働き方など)を発信|blog→

 

スポンサーリンク

【理想の睡眠】熟睡が大切な理由と理想的な睡眠を得る方法【寝落ち×】

結論から言うと、

理想の睡眠とは、

環境と、自分の心身の状態が整っている

ことが大切だなと感じています。

環境と自分の、
両方のバランスが必要だからです。

 

もう少し詳しく解説してみましょう。

 

どんな睡眠が理想か?

本当はどんな睡眠が取れたら理想かというと、
環境面では、

[理想的な睡眠:環境面]

・今日中にやるべきことがすべて済んでいる
・明日の準備もできている
部屋の中は綺麗に片付けられている
・照明は真っ暗
・朝まで陽が入らない状態
・布団やシーツが清潔

 

また、
心身面では、

[理想的な睡眠:心身面]

・身体がリラックスしている
・ストレスを抱えすぎていない
・明日が楽しみ
・適度な空腹感(満腹でない)

こんな睡眠が取れたら、
理想です。

 

横になったまま寝落ちしてしまい、気がついたら朝に・・

理想的な睡眠について考えたのは、
少し前の出来事がきっかけ。

 

久しぶりに、
ベッドに横になりそのまま朝まで寝てしまった。

シャワーも浴びず、歯も磨かず、
服もそのまま、部屋の電気もつけっぱなし。

 

読書や1日の振り返りも面倒くさかった。

 

夜、食事を済ませて、
片付けや明日の準備をしたまではよかった。

だけど、
その後すぐにシャワーを浴びる気にならず、
少しベッドで横になった。

 

ああ、やばいなあ・・
このまま寝ちゃうなあ・・

と、うすうす思いながら、
案の定、
そのまま寝落ちてしまった。

 

理想的な睡眠がなぜ大切なのか?

睡眠を理想的なものに近づけたい、
という思いは、
日を追って強くなっている。

物ごとと物ごとの間にこそ、
本質が潜んでいるというように、
思うようになったから。

● 参考記事

【質の良い睡眠】人生の質を高める5つの理想的な睡眠【理由とコツ】
質の良い睡眠がとれてますか?睡眠の質が悪くて困っていませんか?この記事では、質の良い睡眠の5つの条件、理由やコツなどについて、不眠に長く悩まされ、それを改善した経験をもとに、詳しく解説しています。質の良い睡眠をとりたい!と言う方は必見です。

 

以前、

徒歩で日本を縦断するという計画を、
本気で立てたことがある。

 

その時に、
達成した人たちの記録をいろいろ調べてみたら、
ほぼ全員に共通していたのが、

50分歩いたら10分休む
それを8回繰り返して、1日計8時間歩く

というもの。

 

数字は人によって、
あるいは状況によって多少異なっていたけど、
基本的な型は全員同じだった。

つまり、
リセットしたり休ませる時間を、
必ず設けていた。

 

理想的な睡眠というのも、
これと同じだと思う。

1日と1日の間をつなぐ、
時間と空間が必要なのだ。

● 参考記事

瞑想と睡眠はどう違う?徹底解説|瞑想すると睡眠時間を短くできる?
瞑想をすれば睡眠時間が短くなるか知りたいですか?この記事では瞑想をすることで睡眠時間が短くなるケース、逆に長くなる場合、瞑想と睡眠の違いや共通点を詳しく解説しています。瞑想と睡眠時間の関係について知りたい方は必見です。

 

過去には眠れない日も続いた

ここ数年の睡眠の質は、
悪くはない。

 

10年くらい前までは、
理想の睡眠には程遠い状態だった。

まったく眠れない日もあったし、
睡眠中、
ずっと身体に力が入っていて、疲労感とともに目が覚める、
なんてことも日常的だった。

● 参考記事

体の力を抜くにはどうしたらいいの?効果的で簡単な7つのコツ
体の力を抜くにはどうしたらいいのか知りたいですか?この記事では体の力を抜く簡単なやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、10年以上ヨガを練習し指導してきた経験から詳しく解説しています。簡単に体の力を抜く方法が知りたい方必見

 

そのころは、
仕事も人間関係も無茶苦茶だった。

 

寝る直前までタバコを吸いながらMacのモニターを眺め、
布団に入るのは夜中の2時3時。

平日は残業や徹夜が続き、
休日はその反動で暴飲暴食して遊びまくる、
みたいな感じ。

 

理想の睡眠どころの話じゃない。

 

逆にいうと、
これと真逆のことをすれば、
理想的な睡眠が得られると思う(笑)

 

理想の睡眠のために、心がけていること

睡眠を理想に近づけるために、
現在、
心がけていることは以下のとおり。

・睡眠の数時間前から、
 副交感神経優位になるように照明を落とす

・電球は真っ白ではなく黄色っぽい色

・夜は重い食事をなるべく取らない

・夜10時以降は飲食を控える

など。

● 参考記事

【リラックス】寝る前に心がけるべき9つの方法【安眠・熟睡】
夜、寝る前にリラックスできる方法を知りたいですか?この記事では寝る前に心がけるといい9つの方法、リラックスできる理由や体験談、それでもリラックスできない場合の解決策などを、詳しく解説しています。リラックスして良い眠りにつきたい方必見です。

 

寝る前に、今日起こったこと、うまくできたことなどを、
簡単に書き出す

ということも、
理想的な睡眠に有効だと感じている。

 

今日あったことを一旦リセットできるし、
自分を客観的に観察することができるから。

● 参考記事

瞑想でワーキングメモリを強化する|脳を空っぽにする方法
瞑想に集中できないのはワーキングメモリの容量不足かもしれません。この記事では、ワーキングメモリを解放して、瞑想やその他の作業に集中するための方法をくわしく解説しています。瞑想に集中できない!ワーキングメモリがいっぱいだ!と感じている人は必見です。

 

今日の出来事や感じたことを吐き出すことで、
頭の中のを空っぽにし、
心身の緊張をゆるめられる感じもある。

● 参考記事

【自分の考え】想いはアウトプットした方がいい理由【爆発するぞ】
自分の考え、きちんとアウトプットできてますか?この記事では、自分の想いや考えをアウトプットすべき理由。うまくアウトプットするための方法やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。自分の考えをアウトプットするのが得意じゃないという方必見です。
マインドフルネス【効果がない】と感じる時にチェックしたい3つのコト
マインドフルネスなんて効果がないと思っていませんか?この記事ではマインドフルネスの効果が思うように感じられない時にチェックしたいポイント、対処法や改善策などについて詳しく解説しています。マインドフルネスなんて効果ないよ・・という方必見です。

 

理想の睡眠に、さらに近づくためには

ここまで書いてみて、ふと気づいた。

なぜ、寝落ちしてしまったのか?

 

最近は、
夜の食事の量はかなり減ってきているのだが、
逆に水分を取る量が、
増えているなと感じた。

● 参考記事

【瞑想ダイエットのやり方】効果と理由と体験談【1日5分】
瞑想でダイエットをするやり方を知りたいですか?この記事では、ダイエットに効果的な瞑想のやり方、瞑想がダイエットに役立つ理由とその根拠、確実に痩せることができる方法などについて、詳しく解説しています。瞑想とダイエットに興味がある方は必読です。

 

冷たい水を飲むと、
体が冷えて重くなり、
自律神経が乱れてくる感じがある。

 

だけど、
欲には勝てなかった。

一口飲むと、タガが外れて、
止まらず何度も飲んでしまい、

ちょっと横に・・5分だけ・・
ストーン!

みたいな感じだった。

 

理想的な睡眠のために、
今すぐ何か変えられるとしたら、
これかな?

● 参考記事

【瞑想で人生は変わる】は正しいけど瞑想だけでは何も変化しない【体験談】
瞑想で人生は変わる?ということについて知りたいですか?この記事では、瞑想だけではなく、行動しないと人生が変わらない理由。瞑想で人生が変わると信じていた頃の体験談などを詳しく解説しています。人生を変えたいけどどうすればいいの?という人必見です。

 

身体を温めるのが、理想の睡眠のコツ

白湯(さゆ)をご存知ですか?

水を沸かして、
50度くらいに冷ましたお湯のこと。

 

ここ最近、
冷たい水を飲むようになっていた。

身体が冷えると、
交感神経が高まり、緊張を生む。

 

寝る前に身体を温めるのは、
理想の睡眠を得るのによい方法。

一時的に上昇した体温が、
グッと下がることで、
身体は睡眠のサインを感じて、
スムーズに眠りに入れると言われている。

 

冷たい水の代わりに、
白湯(さゆ)を飲むようにしてみよう。

理想的な睡眠は、
こうした小さな一歩からはじめればいい。

● 参考記事

【白湯を飲む】効果とその理由を体験談をもとに解説します【簡単】
白湯を飲むとどんな効果があるのか、その理由を知りたいですか?この記事では、白湯を飲むことで得られる効果とその理由、簡単な白湯の作り方、などを体験談をもとに詳しく解説しています。白湯ってどんな効果があるのか理由が知りたいという方は必見です。

 

【理想の睡眠】熟睡が大切な理由と理想的な睡眠を得る方法【寝落ち×】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

理想的な睡眠を得る方法
・きちんと布団の上で、睡眠に専念できる状態
・自律神経を整える

[理想的な睡眠:環境面]
・今日中にやるべきことがすべて済んでいる
・明日の準備もできている
・部屋の中は綺麗に片付けられている
・照明は真っ暗
・朝まで陽が入らない状態
・布団やシーツが清潔

[理想的な睡眠:心身面]
・身体がリラックスしている
・ストレスを抱えすぎていない
・明日が楽しみ
・適度な空腹感(満腹でない)

理想的な睡眠が大切な理由
・1日と1日の間のリセットする時間が必要

身体を温めるのが、理想的な睡眠のコツ
・白湯(さゆ)を飲む
・上昇した体温が下がることが、眠りのサインになる

 

以上、
【理想の睡眠】熟睡が大切な理由と理想的な睡眠を得る方法【寝落ち×】
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

● 北枕は良くない、という理由をご存知ですか?

【北枕】ダメな理由・健康にいい理由・どっちでもいい理由【本当は?】
北枕がダメだと言われている理由を知りたいですか?この記事では、北枕がダメな理由、健康にいい理由を、アーユルヴェーダ(インドの伝統的医学)や科学的見地、個人的な見解から詳しく解説しています。北枕はなんでダメなの?という疑問があるかた必見です。

● 直感を信じていい、これだけの理由

直感を信じるべき理由【一番最初にいいなと思った服を結局買う】の法則
直感を信じるべき理由を知りたいですか?この記事では、直感の仕組みや直感を信じていい理由を「服を買いに行っていろいろ迷うけど、結局は最初にいいなと思った服を買う・・の法則」をもとに詳しく解説しています。直感を信じるべき理由を知りたい方必見です。

● 不安や心配を抱えすぎていませんか?

【リラックス】不安を減らしたり消し去る5つの方法【体験談】
不安を減らしリラックスする方法を知りたいですか?この記事では、不安を消し去る5つの方法、その効果と体験談、それでも不安が消えない場合の改善策、などについて詳しく解説しています。いつも不安を感じて困っている・・リラックスしたいという方必見です。
タイトルとURLをコピーしました