スポンサーリンク

瞑想でワーキングメモリを鍛える|脳の容量を解放し集中力を高める方法

瞑想
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

瞑想でワーキングメモリが鍛えられるって、本当?
不安やストレスでパンパンの頭の中を、すっきり解放したい…

 

そんな悩みや疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから瞑想とヨガを続け、
講師としても、これまでに2万人近い人に指導をしてきました。

プロフィール

 

以前は、いつもストレスや不安で、
頭の中が支配されていると感じることも多かったですが、
瞑想をするようになってから、
脳の容量を、うまく解放できるようになりました。

そうした経験から、今回は、
ワーキングメモリを鍛える瞑想の方法
について、詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

瞑想でワーキングメモリを鍛える|脳の容量を解放し集中力を高める方法

結論から言うと、
瞑想は、脳のワーキングメモリを鍛えるのに、とても役立ちます。

ワーキングメモリとは、作業記憶とも呼ばれ、
短期的な記憶、会話や計算といった、一時的な作業をこなします。

 

瞑想がワーキングメモリの強化に役立つ理由は、
主に以下の3つです。

ワーキングメモリ自体(前頭前野)の活性化

ワーキングメモリを担当しているのは、
脳の主に前頭前野とい呼ばれる場所です。

上の画像のオレンジ色の部分。

 

瞑想をすると、
この前頭前野が活性化するんです。

 

脳の機能も筋トレと同じように、
働きかけることで強化されていきます。

瞑想で前頭前野を鍛え続けることは、
ワーキングメモリの強化にもつながるといえるでしょう。

● 参考記事

【瞑想したら人生変わった】毎日5分瞑想続けた結果【自分でもびっくり】
瞑想を続けた結果、どんなふうに人生が変わったか知りたいですか?この記事では、毎日5分間の瞑想を続けると、どうして人生が変わるのか?理由やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。瞑想で人生変わるの?瞑想で人生変えたい!という人必見です。
【瞑想ブログ】瞑想を続けた8年間の変化【すべて公開】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

 

ストレスが減る

瞑想をすることで活性化する前頭前野には、
扁桃体を司る役割も持っています。

上の画像の「Amygdala」と書かれた部分。

扁桃体は、恐怖や不安を生み出す場所なんです。

 

瞑想によって扁桃体の暴走が抑えられると、
ストレスが軽減されます。

頭の中を支配している、不安や心配事などが減れば、
ワーキングメモリの解放につながりますよね。

● 参考記事

【1日5分】ストレスに効く瞑想の方法。不安が解消する理由をやさしく解説
ストレスを減らす瞑想の方法について知りたいですか?この記事では、ストレスを軽減するのにおすすめな瞑想のやり方、瞑想するとストレスが減る理由について、10年以上の練習と指導経験から詳しく解説しています。瞑想でストレスを減らしたい!という方必見

 

日本認知心理学会の発表では、
ストレスがかかると、ワーキングメモリの働きは制限される
との研究結果もあるようです。

 

悩みや考えごとというのは、
ほとんどが過去と未来の出来事です。

起きてしまったこと
まだ起きていないこと
を、いくら考え続けても答えは出ません。

 

事実は事実として受け止め、
今、何ができるかに意識を向けた方が賢明です。

瞑想は、
そうした”今ここ”に意識を向ける練習でもあります。

● 参考記事

今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方
今ここに意識を向ける瞑想の方法を知りたいですか?この記事では、意識を今ここに集中するための方法について、瞑想指導歴10年以上の経験をもとに、体験談を交えて詳しく解説しています。今ここに意識を集中し、健康でストレスのない毎日を過ごしたい方必見

 

睡眠の質が改善される

ワーキングメモリは、睡眠の質にも影響されます。

 

脳の一時記憶が、長期記憶に移されるのは、
睡眠中だと言われているからです。

一晩寝たら、
昨日あったイヤなことを、すっかり忘れてた、
なんてことありませんか?

● 参考記事

瞑想と睡眠はどう違う?徹底解説|瞑想すると睡眠時間を短くできる?
瞑想をすれば睡眠時間が短くなるか知りたいですか?この記事では瞑想をすることで睡眠時間が短くなるケース、逆に長くなる場合、瞑想と睡眠の違いや共通点を詳しく解説しています。瞑想と睡眠時間の関係について知りたい方は必見です。

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

ワーキングメモリを鍛える、瞑想のやり方

では、ワーキングメモリを強化するためには、
どのような瞑想がいいのか?

おすすめしたいのは、次の2つです。

ボディスキャン瞑想

ボディスキャン瞑想とは、
自分の体を、頭のてっぺんから足の先まで、
ゆっくりとスキャンするように観察する、
瞑想の方法です。

 

自分の体に意識を向けるので、
いつでもどこでも、気軽に行うことができます。

また、ゆっくりと意識を動かしていくので、
単調になりにくく、
初心者の方でも、飽きずに取り組みやすいです。

 

ボディスキャン瞑想のやり方

・寝たり座ったりして、リラックスした姿勢を作る
・頭頂部に意識を持っていく
・皮膚の感覚や温度などを、観察する
・ゆっくりと意識を下に動かし、観察を続ける

感じた感覚に対して、
過剰に反応せず、ジャッジをしないのがポイントです。

ボディスキャン瞑想のさらに詳しいやり方は、こちらにまとめました↓

ボディスキャンが難しい人へ「集中力」を効果的に高める3つの方法
ボディスキャンが難しい…と感じていませんか?この記事では、集中力を高めるためのボディスキャンの効果的な方法について、10年以上の瞑想指導の経験から、くわしく解説をしています。ボディスキャンが難しい…効果的な方法が知りたいという方は必見です

 

歩く瞑想

ずっと同じ姿勢を続けるのが難しい…
と言う方には、歩く瞑想もおすすめです。

文字通り、歩くという動作に意識を向ける瞑想で、
ひとりの時間にもなるので、頭の整理にぴったりです。

歩く瞑想のやり方

ゆっくりとスローモーションのように歩きながら
・持ち上げた足が、地面から離れる感覚
・足が地面に触れる時の感触

などに、意識を向け続けます

例えていうと、
太極拳をしながら歩いているような感じです。

 

歩く瞑想のやり方は、こちらに詳しく書いたので、
ぜひ参考にしてみてください↓

【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】
歩く瞑想って知ってますか?方法が知りたいですか?この記事では、歩く瞑想の具体的な方法と室内で行う場合のコツ、より効果を高めるためのポイントなどについて詳しく解説しています。座って行う瞑想が苦手・・歩く瞑想をやってみたい!という方は必見です

 

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

瞑想に集中できない時に、ワーキングメモリを解放する方法

瞑想をして、ワーキングメモリを鍛えよう、
というお話をしましたが、

そもそも、
ワーキングメモリがいっぱいで、瞑想に集中できない…
ということはありませんか?

 

瞑想や仕事などに、
ぜんぜん集中できない!という時は、
ワーキングメモリがパンパンになっている可能性があります。

ぜひ次の方法で、
ワーキングメモリのリセットをしてみてください。

白い紙1枚でできる、ワーキングメモリ解放法

それは、

頭の中にある考えごとを、すべて紙に書き出す

という方法です。

やり方はとても簡単です。

 

まずは白い紙を用意してください。

大きさは、A4でも、メモ用紙くらいでも、
なんでもいいです。

そして、今、頭の中にあるものを、
紙にすべて書き出します。

・今日の予定
・買う必要のあるもの
・しなきゃいけないメールや電話
・人と会う予定
・最近の懸案事項
・気になっていること
・思いついたアイデア
・…
 などなど

 

この方法は、

David Allenが提唱する、
“GTDGetting Things Done:仕事を成し遂げる)”というタスク管理手法
を参考にしたものです。

 

完璧に出し切ろうとすると、
丸一日かかるかもしれません。

なので、瞑想の前に行うのであれば、
2、3分時間をとって、
5〜10個くらいが書き出せるくらいでいいと思います。

 

ワーキングメモリの中にあるモノを、
2、3個外に出してあげるだけでも、頭の中は軽くなり、
瞑想などにとても集中しやすくなりますよ。

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

頭の中から、ネガティブなものを取り除いた方がいいワケ

別にワーキングメモリを、
無理やり解放しなくてもいいんじゃない?

そんな声もあるかもしれません。

 

確かに、そうかもしれません。

ですが、ワーキングメモリ云々は置いといて、
頭の中には、ネガティブな記憶は、
できるだけ溜め込まないことをおすすめします。

 

その理由は…

ワーキングメモリと似た概念で、
短期記憶、長期記憶というものがあります。

 

短期記憶は、
文字通り、短期的に物ごとを覚えておく場所です。

短期記憶に長い間、居座ってる情報は、
「これは大切なものだ!」と判断されて、
長期記憶に移されるんです。

 

つまり、
ネガティブなことを何度も思い出して、クヨクヨ考え続けていると、
脳に重要判定されてしまい、
結果的に深い記憶に収納されてしまうわけです。

 

なので、

・ネガティブな記憶は溜め込まない
・短期記憶にあるうちに、捨てる

ことが大切なわけです。

 

頭の中のネガティブな記憶は、たった2秒で消すことができます。

簡単にできて、とても効果があるので、
ぜひ試してみてください↓

嫌なことを"スッキリ"忘れる方法【ゴミ箱消去】96%忘れられる
嫌なことをキレイさっぱり忘れる方法を知りたいですか?この記事では、嫌なことがあった時に、簡単に忘れることができる方法を、実体験と画像を用いて詳しくご紹介しています。嫌なことがずっと頭の中でぐるぐるしてる・・早く忘れたい・・という人必見です

 

瞑想でワーキングメモリを強化する|脳を空っぽにする方法 まとめ

以上、
瞑想でワーキングメモリを鍛える|脳の容量を解放し集中力を高める方法
について、解説をしました。

 

1日5分の瞑想で、人生は大きく変わります。

瞑想について、さらに詳しく知りたい方は、
こちらがお役に立つと思います↓

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事が参考になればうれしいです。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました