スポンサーリンク

【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】

瞑想
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

瞑想したいけど、じっと座り続けるのが苦手・・・
歩く瞑想って、どんな方法でやるの?

こんな疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、瞑想歴10年以上。
約20,000人近い方に、を指導してきました。

 

その中で、多く聞く声が、

足がしびれて、長い時間、座って瞑想していられない・・
座って瞑想すると、必ず眠くなってしまう・・

というもの。

今回は、そんなあなたにぴったりな、
歩く瞑想をご紹介します。

 

スポンサーリンク

【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】

改めて、

座って行う瞑想が苦手な人は、歩く瞑想がおすすめ

です。

動きがあった方が、集中しやすいですし、
散歩がてら出来るので、習慣にもなりやすいからです。

 

どんな方法で行えばいいのか、
順番に詳しく、説明していきますね。

 

「歩く瞑想」の具体的な方法

歩く瞑想の方法は簡単です。

一歩一歩の動作を、ひとつひとつ観察する

これだけです。

 

身体はリラックス

まずは、

深呼吸
ストレッチ
身体を揺らす

などをして、緊張を手放します。

● 参考記事

【リラックスする方法】簡単に身体の力を抜く5つのやり方【手放す】
リラックスするための簡単な方法を知りたいですか?この記事では身体の力を抜く簡単な5つのやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、ヨガ講師の立場から詳しく解説をしています。簡単にリラックスする方法が知りたいという方必見です。

 

一歩一歩の動作を観察

いよいよ歩き出して、歩く瞑想をスタートさせますが、

・持ち上げた足の重さ

・着地するとき、足の裏のどこが最初に着くか?

・ついた感触は?

・重心はどちらに傾くか?

・次の足は、どこが最後まで地面に残ってるか?

といった、普段なら気にしないようなことを、
細かく一つ一つ観察します。

 

実況中継

歩く瞑想をするときには、

頭の中で実況中継

をするとやりやすいです。

自分の動作や感覚を、少し離れたところから見る視点を持つことで、
自分を客観視しやすいからです。

 

固有名詞を使わない

もう一つ、

固有名詞を使わない

ことも、歩く瞑想を効果的に行うコツ。

固有名詞を用いると、
それにまつわる思い出や固定観念が浮かんできやすいからです。

 

ヒザ→棒の曲がる部分
かかと→一番下の後ろの方

などのように、
抽象的な言葉に、言い換えてみるのがコツです。

 

室内で「歩く瞑想」をする方法

歩く瞑想したいけど、

なかなか外に行けない・・
家の中で歩く瞑想を行いたい・・

という場合の方法をご紹介します。

 

さらにゆっくり歩く(太極拳のような感じ)

歩く瞑想自体ゆっくりですが、室内の場合は、

さらにスピードを落として歩く

といいです。

イメージは、太極拳

 

部屋の入り口から奥までを、
2、3分かけて歩く感じでいいと思います。

それなら、
それほど広いスペースは必要ありませんよね。

 

後ろ歩き・横歩き

バリエーションをつけるために、

後ろ向きや横向で歩く

のも、室内で歩く瞑想をするための、
おすすめの方法です。

 

この方法も、
広い空間は必要としないですし、楽しい遊びのようにもなるので、
続けるモチベーションにもなります。

瞑想は、続けることに意味があります。

● 参考記事

【瞑想したら人生変わった】毎日5分瞑想続けた結果【自分でもびっくり】
瞑想を続けた結果、どんなふうに人生が変わったか知りたいですか?この記事では、毎日5分間の瞑想を続けると、どうして人生が変わるのか?理由やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。瞑想で人生変わるの?瞑想で人生変えたい!という人必見です。

 

「歩く瞑想」におすすめの時間帯

歩く瞑想は、

に行うのがおすすめです。

 

あたりが暗い方が、景色が目から入ってきづらい

ので、集中しやすいからです。

明るいと、たくさんの情報が飛び込んできてしまい、
意識があちこちに行きやすいですよね。

 

どうしても夜は怖いな・・・という場合には、

朝、早い時間

おすすめします。

起きた直後は、頭も身体もリセットされた状態なので、
瞑想をするのにとても適しているからです。

 

とはいえ、
生活パターンによって、やりやすい時間帯は違うと思うので、
ムリなく「歩く瞑想」を続けられる時間帯や方法を、
ぜひ見つけてみてください。

● 参考記事

瞑想に効果のある時間はいつ?あなたの1日の過ごし方によって違います
瞑想するのに効果のある時間はいつか、知りたいですか?この記事では、1日の過ごし方によってどの時間が瞑想するのに最適なのかを、10年以上の練習や指導経験をもとに詳しく解説しています。せっかくやるなら効果のある時間に瞑想をしたい、という方必見です
【必見】瞑想の時間帯は朝夜いつやるのがおすすめ?【逆効果もあり】
瞑想の時間帯は朝夜いつやるのがいいか知りたいですか?この記事では、瞑想を行う時間帯による効果の違い、各時間帯におすすめの瞑想のやり方などについて、約2万人の瞑想を指導した経験から詳しく解説しています。瞑想におすすめの時間帯が知りたい方必見です

 

「歩く瞑想」の効果&効果を高める方法

以上、
歩く瞑想の方法やポイントをご紹介しました。

この方法を、5〜20分くらい続けてみてください。

普段は見過ごしてしまっているような、
驚きや発見がありませでしたか?

 

歩く瞑想を続けると、
動作に対する意識が強化されるので、

ボーッとしてつまずく
不注意でモノを落としてしまう
ストレスによる暴飲暴食
怒りでモノに当たる

などの、
無意識な行動や、
感情的な反応といったことが、
少なくなってくると思います。

 

また、歩く瞑想に慣れてきたら、

はだし

で行うのも、おすすめの方法です。

歩くという感覚が、
より繊細に、ダイレクトに観察しやすいからです。

 

特に、
土の上や草の上を歩くのがおすすめ。

普段とは違う感触が、脳を刺激しますし、
自然のサイクルとのつながりも感じやすいです。

 

ここ最近、自然と触れ合ってますか?
人工的な環境に、偏りすぎていないですか?

庭や公園など、短時間でもいいので、
はだしで歩くと、
自然とのバランスが取り戻しやすいと思います。

● 参考記事

https://kennakagawa.com/pcheck-cause-disorder/

 

【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】まとめ

以上、
【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】
というテーマで解説をしました。

 

歩く瞑想は、
じっと座って瞑想をするのが苦手な人に、
とてもおすすめな瞑想の方法です。

【マインドフルネス】運動しながら練習する方法【ジャッジしない】にも、
身体を動かす瞑想の方法を書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、食べる瞑想もおすすめです。

【食べる瞑想のやり方】忙しいあなたにオススメの瞑想法【毎日できます】
に、やり方やコツを書いたので、お役に立てば。

 

楽しい毎日と人生を!



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました