スポンサーリンク

人間関係の悩みは瞑想で楽になる|対人関係が変化する3つの理由

瞑想
StockSnap / Pixabay
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

職場の人間関係が、ツラい…
瞑想をすると、人間関係も楽になるって聞いたけど、ほんと?

そんな悩みや疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから瞑想やヨガの練習を始め、
講師としても、これまでに約2万人の方に指導もしてきました。

ケンのプロフィール

 

かつて、心身のバランスを崩したことで、
人間関係がしんどくなり、
ずっと引きこもっていた経験があるのですが、

瞑想を行うようになってから、
だんだん、ものの見方や考え方が変化し、
人間関係もとても楽になりました。

 

そうした経験から、今回は、
人間関係の悩みが、瞑想で楽になる理由
について、詳しく解説したいと思います。

 

ちなみに、ぼくは現在、
家や持ち物を手放して、スーツケース1つで暮らすなど、
シンプルな生き方を実験中です。

生活の様子は、主にTwitterで発信していますので、
興味があれば、ぜひのぞいてみてください。

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

スポンサーリンク

人間関係の悩みは瞑想で楽になる|対人関係が変化する3つの理由

ぼくは瞑想を続けたことで、

 

その人間関係を、続けるか? 手放すか?

 

の基準が、
明確に持てるようになりました。

 

負担になる人間関係に、いつまでも時間を割いているより
やりたいことにエネルギーを注いだ方がいい

ということに気づいたからです。

 

具体的に言うと、

人間関係で悩んだり苦しんだ時に、
下のような問いかけをするようになりました。

① 到達地が同じであれば、どちらの道を選ぶか?
② 損も得もしないとしたら、どちらの道を選ぶか?
③ どちらの道の方がワクワクするか?

具体的にどういうことか、
順番に説明していきます。

 

到達地が同じだとしたら、どちらの道を選ぶか?

この人間関係を解決しないと、前に進めない…
今の人間関係から逃げるのは、卑怯なんじゃないか…

そんな悩みを持ったことはありませんか?

 

そんな時、

A:その人間関係を頑張って乗り越える
B:逆に、その人間関係からは逃げて、やりたいことに時間や労力を注ぐ

どちらを選んでも、
結局は同じ場所にたどり着くのなら、
どちらを選ぶかな?

と考えるようになりました。

 

瞑想的に考えた場合、
答えは断然、後者であることが多いです。

どのみち、同じ結果が手に入るなら、
わざわざ大変な方を選びたくはないですよね。

 

例えば、

道の真ん中を、
大きな岩がふさいでいるとしたら、
どうするでしょうか?

時間や労力をかけて、岩を撤去してから前に進むのも、
もちろん一つの手ではあります。

 

ですが、冷静にあたりを見渡したら、
他にも道があるかもしれません。

もしかしたら、
その車は空を飛ぶことができるかもしれない。

目的地が近いなら、車はそこに停めておいて、
後日、取りに戻るという方法もあります。

 

悩みの渦中にいると、
周りの状況が、見えなくなってしまうものです。

瞑想は、今ここで何が起こっているのかを、
落ち着いて観察する、
心の余裕を生み出してくれます。

● 参考記事

【マインドフルネスとは?】練習方法をまとめてみた【今ここ】
マインドフルネスとは何か知りたいですか?この記事ではマインドフルネスの定義、難易度別おすすめの練習方法とコツ、どんな効果があるのか?などについて、長年の練習と指導経験をもとに詳しく解説しています。マインドフルネスに興味のある方は必見です。

 

損も得もしないとしたら、どちらを選ぶか?

人間関係を続けるか、手放すかで悩んだ時、

損も得もしないとしたら、どちらを選ぶか?
という視点で考えるようにもなりました。

 

損得が絡んでくると、判断を誤りがちです。

 

この人間関係は後々有利になるだろうから、無理して続けておこう…
この人間関係が切れちゃうと、後になって困るかも…

そういった損得を考え始めると、
とたんに自分の判断は揺らいできます。

 

どうしてもその道を進みたいのなら、
人間関係が…
なんていうことは気にもとめないでしょう。

人間関係がどうの、と気にしていると言うことは、
あなたが行くべきなのはその道じゃないよ、
と教えてくれているのかもしれません。

”自分が本当にしたいこと”にブレーキをかけている5つの思い込み&外し方
自分が本当にしたいことをして、生きていきたいと思ってますか?この記事では、本当にしたいことにブレーキをかけている、自分自身の思い込みとその外し方について、実体験をもとに詳しく解説しています。自分が本当にしたいことでいきていきたい人必見です

 

瞑想は、

損得を一旦横に置き、その上で、
本当はどうしたい?
と問い直している感覚があります。

こうした考え方は、
仕事においても、大いに役に立ってきました。

● 参考記事

瞑想を毎日続けたらこんな効果があった。本当に実感した5つ【まとめ】
瞑想を毎日5分続けたらどんな効果があったか知りたいですか?この記事では瞑想を続けたらどういった効果があったのか?約10年間の瞑想を続けた経験から、詳しく解説しています。瞑想をしてみた、瞑想を始めたけどなかなか続けられないという方、必見です

 

どちらの方がワクワクするか?

人間関係に限らず、

ワクワクするかどうか?
で、ものごとを選択するようにもなりました。

 

人生の時間は限られているので、
ワクワクしないことをしてる時間なんて、ないですよ。

 

瞑想を習慣にすると、
直感に耳を傾けやすくなって、

自分が本当はどうなっていきたいか?
どうありたいか?

ということに、気づかせてくれるようにも感じます。

 

どうしてもこの道を行きたい!
ここの道を突き進んでいきたいんだ!

と感じていたら、
目の前の人間関係やトラブルなんて、
気にしてるヒマなんて、ないですよね。

 

もしも、
自分が何がしたいのか分からない…という場合は、
今までワクワク感じたことを、掘り起こしてみるといいですよ↓

”自分が本当にしたいこと”にブレーキをかけている5つの思い込み&外し方
自分が本当にしたいことをして、生きていきたいと思ってますか?この記事では、本当にしたいことにブレーキをかけている、自分自身の思い込みとその外し方について、実体験をもとに詳しく解説しています。自分が本当にしたいことでいきていきたい人必見です

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

逃げられない人間関係が、少しでも楽になる瞑想の方法

とは言え、

どうしたって逃げられない、避けられない人間関係もある…
という場合もあるでしょう。

 

そんな場合におすすめの瞑想の方法があります。

イメージ瞑想といって、
自分とはまったく別の物になって、
相手と自分との状況を眺めるやり方です。

 

相手との人間関係を、自分の視点から見ているだけだと、
関係が複雑であるほど、
感情的になったり否定的になったりしがちです。

なので、まったく別の第三者の視点をイメージして、
状況を見てみてください。

 

何になるのかは自由です。

例えば、
・共通の友達
・隣の家の犬
・本棚の中の本
など、なんでもいいです。

人でも物でも構いません。

 

何になるかによって、
見える景色はがらっと変化しますので、
楽しみながら、いろいろ試してみてください。

イメージ瞑想のやり方はこちら↓

【入門】瞑想中は何をイメージするといい?おすすめ2つ【初心者必見】
イメージ瞑想の方法について知りたいですか?この記事では、海や樹などのイメージを使い、自分も自然界の一部であることに気づくことができる瞑想のやり方を、詳しく解説してます。イメージ瞑想をしてみたい、やってみたけどうまくいかないという方必見です。

 

人間関係の悩みは瞑想で楽になる|対人関係が変化する3つの理由  まとめ

以上、
人間関係の悩みは瞑想で楽になる|対人関係が変化する3つの理由
というテーマで解説をしました。

 

人間関係に正面から向き合ってしまうと、
感情的になったり、冷静な判断がしにくくなります。

瞑想は、遠く離れた場所から、
自分を観察する練習になります。

 

1日5分の瞑想で、人生は大きく変化します。

瞑想について、もっと詳しく知りたい方は、
こちらがお役に立つと思います↓

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事が参考になればうれしいです。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました