スポンサーリンク

円満退職はムリにしなくていい。した時・しなかった時のその後【3事例】

ワークスタイル
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

仕事を辞めたいけど、円満退職できるかな・・・
円満退職しろって言われてるけど、自信がない・・・

そんな悩みにお答えします。

 

筆者のケンは、
これまで3回、仕事を辞めた経験があります。

その度に、円満退職だったり、そうじゃなかったりしました。

【会社を辞めた理由】転職時なんて答えればいい?【3度の退職体験談】
会社を辞めた理由を聞かれたら、なんて答えればいいか悩んでいませんか?この記事では、ぼくが会社を辞めた理由と、それをどう答えていたかについて、3度の退職・転職体験をもとにくわしく解説しています。会社を辞めた理由に悩む・・・という人は必見です。

 

そんな経験から今回は、
円満退職した時と、できなかった時
その後どうなったか、
ぼくの実例を、お伝えできたらと思います。

 

ちなみに今のぼくは、仕事はフリーランス
持ち物はスーツケース1つにして、身軽な生活をしています。
>>持ち物をスパッと手放した方法|スーツケース1個になりました

 

活動や生活の様子は、Twitterなどで発信していますので、
興味があれば、ぜひのぞいてみてください。

Ken Nakagawaナカガワケン
ケンです キャリーケース1台で暮らしております チャンネル登録はこちらから 歯列矯正チャンネルもやっております

 

スポンサーリンク

円満退職はムリにしなくていい。した時・しなかった時のその後【3事例】

仕事を辞める時は、円満退職しろとよく言われていますが…

結論から言うと、

円満退職に越したことはないけど、ムリしてしなくてもいい

ですよ。

 

なぜなら、
円満退職ではなかったとしても、
その後、友好関係が保てる場合もあったからです。

また、どう頑張ったって、
円満退職できない時だってあります。

 

具体的に言うと、
ぼくの3度の退職は、以下のようなパターンでした。

1回目 ”円満退職” → その後も友好関係
2回目 ”円満退職”じゃなく辞める → その後、気まずかった…
3回目 ”円満退職”じゃなく辞める → その後も友好関係

 

こんな感じで、
3回目の退職は、円満退職とは呼べなかったものの、
その後もよい関係性が持てたんです。

 

それぞれ、どんな仕事の辞め方をして、
その後どうなったのかを、順番に説明していきます。

 

退職①回目 円満退職で仕事を辞める → その後も友好関係

1回目の退職は、

“円満退職”で仕事を辞める → その後も友好関係

というパターンでした。

 

理由は以下のような点が考えられます。

・年齢が若かった
・前向きな退職理由だった

などです。

 

新卒入社3年目で辞めたので、
抜けても、大きな穴にはならなかったのかな、と。

また、
全く違う分野(営業→グラフィックデザイナー)への挑戦という、
前向きな退職理由だったので、
同僚や上司からも応援してもらえました。

 

その後、
会社のイベントに顔を出したり、忙しい時に仕事を手伝ったり、
同僚とプライベートで遊んだりと、よい交流が続きました。

その時のことは、こちらに詳しく書きました↓

【転職物語】20代はじめての転職|営業→デザイナー【体験談】
20代の転職体験談を聞きたいですか?この記事では、営業という仕事からグラフィックデザイナーに転職したきっかけや経緯、転職の方法などを、自身の体験をもとに詳しく書いています。20代で転職する方法、気をつけるべきことなどを知りたい人は必見です。

 

退職②回目 円満退職”じゃなく仕事を辞める → その後、気まずかった…

2回目の退職は、

“円満退職”じゃなく仕事を辞める → その後、気まずかった…

というパターンでした。

 

・社内で重要なポジションにいた
・体調を崩して、逃げるように辞めてしまった…

という理由が大きかったと思います。

 

この時は、部下が10人くらい、大きな仕事も任せられていて、
そう簡単に辞められないような状況でした。

だけどこちらは、
心身ともに限界で、今すぐにでも辞めさせてくれ…と思っていたので、
会社との関係が、ギクシャクしてしまいました。

 

今思えば、
もう少し円満に退職する方法は、何かあったのかもしれないけど、
当時はそんな余裕はありませんでした。

 

当時の体調は本当にツラくて、
ぼくは逃げることしか考えられなかったし、
一方で、経営者の立場も今ではよく分かります。

この時のことは、こちらの記事に書きました↓

【転職物語】30代、うつ状態での転職活動・・ツラかった【体験談】
30代の転職体験談をお探しですか?この記事では、30代でうつになり2年間休養した後の転職活動について、体験談や注意点などをくわしく解説しています。30代で転職したいけどうまくいくかな?うつで仕事を休んでるけど転職できる?と不安な方必見です。

 

退職③回目 円満退職”じゃなく仕事を辞める → その後も友好関係

3回目の退職は、

“円満退職”じゃなく仕事を辞める → その後も友好関係

というパターンでした。

 

会社を辞めるというより、働き方や生き方を変える

と思っていたのが、大きかったんじゃないかなあ、と。

 

円満じゃなく前職を退職した後、数年間の休養、
その後、次の会社に転職をしました。

期待されて入社したものの、
まだ、体調は良くなっていませんでした。

結果も出せないし、貢献もできない。

 

辞めるなら、成果をを出してからじゃないと…
恩返ししてからじゃないと…

と、言い聞かせていましたが、

どうやっても、もう無理!

とも感じていました。

 

なので、会社には本当に申し訳なかったけど、
なんの結果も残さずに、退職することにしました。

とても、円満退職とは言えなかったけど、
ぼく自身は退職後、すごっく吹っ切れていました。

 

これからは、したいことだけして生きよう

というふうに思い、それを実践しはじめました。

● 参考記事

【自分の考え】想いはアウトプットした方がいい理由【爆発するぞ】
自分の考え、きちんとアウトプットできてますか?この記事では、自分の想いや考えをアウトプットすべき理由。うまくアウトプットするための方法やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。自分の考えをアウトプットするのが得意じゃないという方必見です。

 

すると数年後、
社長から連絡があって戻ってこないか?と言われました。

あるいは、元同僚から飲みの誘いをもらったりと、
不思議と、良好な関係が保てていたんです。

 

円満退職しておかないと、
あとあとの関係が気まずいだろうな…と思っていたので、
これはすごく意外でした。

結果を手放しちゃった方が、
ものごとは案外、上手くいくようです。

【目標設定のコツ】結果に執着しない方がうまくいきます【具体例】
目標設定のコツが知りたいですか?この記事では、結果に執着しない方が、人生がラクに楽しくなって、結果的にうまくいく、目標設定の方法を、実体験や具体例をあげながら詳しく解説しています。目標設定のコツがわからない・・ムズカシイ・・という方必見です



円満退職する方法

以上が、
ぼくの円満退職に関する、体験談でした。

 

円満退職しなくても、いい関係が続く場合もありますが、
できるであれば、
円満退職に越したことはないですよね。

 

じゃあ、どうやって円満退職をすればいいのか?

結論から言うと、

普段からちゃんと仕事する

のが、一番の近道だと思いますよ。

 

具体的に言うと、

・目の前の仕事に、きちんと向き合う
・体調管理
・普段から、周りの人間とコミュニケーションを取る
・会社以外の付き合いを持っておく

などなど。

 

すごく当たり前のことだけど、
これらを、普段から心がけるのが本当に大事だなと、
今では痛感します。

メッキはいつか、はがれます。

● 参考記事

【瞑想】人間関係が楽になる3の考え方【立ち向かう?逃げる?】
瞑想で人間関係が楽になる理由を知りたいですか?この記事では瞑想的に人間関係を眺める方法、その結果人間関係がどう変わるのか?といったことについて、瞑想を通して得た気づきや経験をもとてに詳しく解説しています。人間関係が難しいという方は必見です。

 

周りから、なんだあいつ・・
って思われてたら、仕事辞める時も何かしら言われますよ。

逆に、

あの人がそうするなら、応援する

と、思われていたら、
仕事を辞めることにも、理解をしてもらえると思います。

ぼくが円満退職できなかった時は、全然できてなかったなあ…

 

あなたの今の毎日は、どうですか?

 

円満退職はムリにしなくていい。した時・しなかった時のその後【3事例】まとめ

以上、
円満退職はムリにしなくてもいい。した時としなかった時のその後
というテーマでお話ししました。

 

これまで、退職・転職を繰り返してきて思うのは、
円満退職かどうかは、結局のところどっちでもいいということ。

大切なのは、
あなたが本当に望む人生を送ることです。

そして、それは可能です。

 

生きづらいな…と感じる場所に、
ムリして居続ける必要はないですよ。



 

会社の人間関係がシンドイというのなら、
個人で稼ぐ、という方法もあります。

現にぼくは、フリーランスになって、
人付き合いのストレスは、本当に激減しました。

こうしたサービスに登録をすれば、
フリーランスだからといって、すべて自分でやる必要はありません。
>>フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」



記事が参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました