釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違い|本名はゴータマ・シッダールタ

スポンサーリンク
瞑想
スポンサーリンク
この記事を書いた人

瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|YouTubeで公開修行中

キラーケンをフォローする

釈迦と仏陀、釈尊の違いが分からない…
お釈迦様って、結局なんて呼べばいいの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違い|本名はゴータマ・シッダールタ

釈迦と仏陀と釈尊の違いですが、
結論から言うと、以下のような違いがあるようです。

本名は、ゴータマ・シッダールタ
釈迦は、シャーキャ国(シャーキャ族)の人、という意味
仏陀(ブッダ)は、目覚めた人、の意味
釈尊は、釈迦牟尼世尊という敬称を略した呼び方

つまり、例えて言うと、

私の本名は、キラーケン。(←本名じゃないけど)
2024年に悟ったので、以降、仏陀と呼ばれるようになった。
また、名古屋市で生まれたので、名古屋と呼ばれることもある。
呼び捨てで呼ぶのは忍びない、という人からは、名尊とも呼ばれている。

みたいな感じでしょうか。

どういったことか、
順番に詳しく解説してみます。

ゴータマ・シッダールタ

一般的に、釈迦や仏陀と言うと、
ゴータマ・シッダールタという人のことを指します。

サンスクリット語では、ガウタマ・シッダールタ
パーリ語では、ゴータマ・シダッタ
など、言語によって、いろいろな発音があるようです。

このゴータマさんは、
紀元前463年ごろ(564年とも言われ定説はない)に、
現在のネパールのルンビニー園というところで生まれたそうです。

その際、

母親であるマーヤー夫人の右脇の下から生まれた
生まれた直後に7歩あるき、右手で天、左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と言った

などの伝説がありますが、
これらは後々に、ゴータマさんを神格化する人々によって、
作られていった逸話のように思われます。

釈迦

仏陀生誕の地と言われる、ネパールのルンビニ。生湯として使ったとされる池。

ゴータマさんが釈迦と呼ばれるのは、
先にも述べた通り、彼が生まれた場所が由来です。

ゴータマさんが生まれたルンビニー園は、
シャーキャ族が作るシャーキャ国という小国の中にありました。

シャーキャと漢字で表すと釈迦となり、
そこで生まれた人、という意味で、彼のことを釈迦と呼んでいるわけです。

ちなみに、
シャーキャ国の当時の主権者はスッドーダナという人。

ゴータマさんはその長男、
つまり王子として誕生しました。

ゴータマ・シッダールタの生涯については、
ヘルマン・ヘッセが書いたこちらの本がとても分かりやすく、
読み物としても大変面白いです↓

仏陀(ブッダ)

釈迦が悟りを開いたとされる、インド、ブッダガヤの大菩提寺。1780年代にイギリス人アーティスト、ウィリアム ダニエルによって描かれた絵。

釈迦国の王子として生まれたゴータマさんは、
世の中に疑問を抱くようになり、恵まれた境遇を捨て、29歳の時に出家

後に、35歳の時に悟りの境地に達し、
以降、仏陀(ブッダ)と呼ばれるようになります。

この仏陀という名称は、
サンスクリット語で、目覚めた人という意味です。

つまり、真理を悟った人。

なので、釈迦と呼ばれるゴータマ・シッダールタ以外にも、
悟った人はすべて、仏陀と呼ばれることとなります。

ですが、当時も現在に至っても、
ゴータマさん以外には、悟った人はいないとされているので、
仏陀といえば、通常はゴータマ・シッダールタのことを指すことが多いと思います。

ちなみに、仏陀(ブッダ)は、仏教の開祖と言われ、
80歳で入滅(死去)したとされています。

釈迦の入滅後100年くらい経つと、
教えをそのまま守っていこうという人たちと、
時代に合わせて教えを変えていこうという人たちに、
考えが分かれていったそうです。

現在の日本の仏教は、
後者の、いわゆる大乗仏教と呼ばれるものが中国から伝わったもの。

釈迦が仏陀と呼ばれるようになった頃の教えは、
今の仏教とは、かなり違っていて、とても興味深いです。

詳しくは、
スッタニパータという、現存する最古の文献が、
とても参考になると思います↓

レビューも書きました↓

ブッダはなぜ「犀(さい)の角のようにただ独り歩め」と言ったのか?
ブッダはなぜ「犀の角のようにただ独り歩め」と言ったのか知りたいですか?この記事では、ブッダが言ったとされる「犀の角」の意味に関して、25年以上の瞑想の経験やヨガ講師の立場から、詳しく解説をしています。ブッダの「犀の角」の意味が知りたい方必見

特にその中の「犀の角のようにただ独り歩め」という言葉に関しては、
こちらをどうぞ↓

釈尊

釈迦と仏陀と釈尊の違い、最後は釈尊について。

簡単に言うと、
釈迦とか仏陀とか、ゴータマとか、
呼び捨てで呼ぶのは忍びない…という人たちが、

釈迦牟尼世尊

と敬って呼び、
それが略されたのが、釈尊ということのようです。

ちなみに、
牟尼は、聖者・賢者
世尊は、世の中で最も尊い人
を意味する言葉なので、釈迦牟尼世尊は、

釈迦国で生まれた、世の中で最も尊い賢者

ということになります。

それだとやはり、長い!ということで、
釈尊と、略して呼ばれるようになったのではないでしょうか?

釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違い|本名はゴータマ・シッダールタ まとめ

以上、
釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違い|本名はゴータマ・シッダールタ
というテーマで解説をしました。

釈迦は、
ヴィパッサナー瞑想という瞑想法を行ったとされています。

歩行瞑想はその方法のひとつで、実践もしやすくおすすめです。

詳しいやり方は、こちらに書きました↓

また、
釈迦、すなわち仏陀(ブッダ)、ゴータマ・シッダールタは、
家族や友人など、あらゆる人間関係を置いて修行しなさい、と言っています。

そうした教えについて、動画でお話ししましたので、
こちらも参考になれば↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

瞑想
スポンサーリンク
キラーケンをフォローする
キラーケン
タイトルとURLをコピーしました