スポンサーリンク

今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方

瞑想
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

今ここに意識を向けるって、どういうこと?
今ここに集中する、瞑想の方法があれば知りたい

そんな疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、10年以上前から、
瞑想やヨガ、マインドフルネスなどの練習を始め、
講師としても、これまでに2万人近い方に、指導をしています。

ケンのプロフィール

 

瞑想を習慣にする以前は、
「今ここ」と言われても、???という状態でしたが、
毎日瞑想の練習を続ける中で、
だんだんと、その感覚がつかめてきました。

そうした経験から、今回は、
今ここに意識を向ける、瞑想の方法について、
くわしく解説いたします。

 

ちなみぼくは現在、
家や持ち物を手放して、スーツケース1つで暮らすなど、
シンプルな生き方を実践中です。

持ち物をスパッと手放した方法|スーツケース1個になりました
持ち物が多すぎる…手放す方法が知りたい!そんな人のために、この記事では所有物を手放してスーツケース1個にし身軽になる方法を、具体例と写真を用いて詳しく解説をしています。家の中が物で溢れてる・・すっきり手放す方法が知りたい・・という方必見です

 

生活の様子は、主にTwitterで発信していますので、
興味があれば、ぜひのぞいてみてください。

 

スポンサーリンク

今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方

今ここに意識を向ける瞑想の方法

ぼくのおすすめは、

①ボディスキャン瞑想
②呼吸瞑想

の2つです。

その理由や、具体的なやり方を、
順番にくわしく説明します。

ボディスキャン瞑想

ボディスキャン瞑想とは、
自分の身体に意識を向けて、じっくり観察する方法です。

自分自身の体に集中するので、
「今ここに生きている」という実感を得られやすい、
瞑想の方法です。

 

ボディスキャン瞑想の方法

① リラックスして座る(イスや仰向けでもOK)
② 頭のてっぺんに意識を持ってくる
③ 身体をスキャンするように、意識をゆっくりと下へ降ろしていく
④ 皮膚の感覚や温度、重さなどを、観察する

かゆみや、動きたい…という衝動が起こっても、
なるべく反応しないことが、ポイントです。

 

ボディスキャン瞑想の、さらに詳しいやり方や注意点は、
こちらの記事にしてみてください。

ボディスキャンが難しい人へ「集中力」を効果的に高める3つの方法
ボディスキャンが難しい…と感じていませんか?この記事では、集中力を高めるためのボディスキャンの効果的な方法について、10年以上の瞑想指導の経験から、くわしく解説をしています。ボディスキャンが難しい…効果的な方法が知りたいという方は必見です

 

呼吸瞑想

もうひとつオススメしたいのが、
呼吸に意識を向ける瞑想の方法です。

 

呼吸は、生命を維持している重要な機能です。

それに意識を向けることで、
今ここに存在していることを、身をもって感じることができます。

 

動きがあるので、
単調になりにくく、初心者の方にも、
比較的集中しやすい瞑想の方法でもあります。

呼吸瞑想の方法

① リラックスして座る(イスや仰向けでもOK)
② 自然に行われている呼吸に意識を向ける
③ 呼吸を数えながら、空気の動きや体の感覚などを観察する

もしも、集中しにくい場合は、
少し呼吸を長めに強めに、コントロールすると、
やりやすくなると思います。

 

呼吸の数え方など、詳しいやり方は、
こちらの記事に書きました。

【呼吸に集中する瞑想】今すぐイライラを消す簡単な方法【忙しい人必見】
呼吸に集中する瞑想のやり方が知りたいですか?この記事では呼吸に意識を向ける瞑想のやり方、コツや注意点などについて、10年以上の練習と指導の経験をもとに詳しく解説しています。無理なくすぐに始められる呼吸に集中する瞑想のやり方が知りたい方必見です

 

今ここに意識を集中すると、どうなるの?

今ここに意識を向ける瞑想をした結果、

すべては、単なる存在にすぎない

という感覚を感じたことがあります。

 

??? だと思うので、

どういった感覚だったのか、
その時の瞑想の様子を、
さらに分かりやすく説明してみます。

今この瞬間に、自分がここにいる

ある日の朝の瞑想中、
おそらく30分を過ぎたあたりから、

今この瞬間に、自分がちゃんとここにいる

という強い実感を感じました。

 

そのまま瞑想を続けていると、

あらゆるものの名前や意味、価値などが、全部なくなっていく

という感覚も感じました。

 

ものの名前や、価値というのは、
過去の経験や、未来の目的などによって、
意味づけされています。

今ここに意識を向けることで、
過去や未来とのしがらみが、
おそらく外れたんじゃないかと思います。

 

こうした感覚は、
言葉で説明するのはとても難しいです。

同じようなことを、別の表現でも記事にしていますので、
興味があれば、読んでみてください。

【入門】瞑想とは何ですか?行為ではなく状態です【やさしく解説】
瞑想とは何ですか?そんな疑問がありますか?この記事では、瞑想とは一体何なのか?瞑想状態ってどういうこと?瞑想の練習の仕方は?といった疑問ついて、瞑想・ヨガ講師歴約10年の経験から、くわしく解説しています。瞑想とは何かを知りたい方は必見です
【朗報】瞑想=無になる ではなかった。瞑想の効果を高める本当のやり方
瞑想で無になるのが難しいと感じていませんか?この記事では「瞑想=無になる」ではない理由、瞑想をより効果的なやり方について、約10年間瞑想を練習し指導してきた経験と文献をもとに詳しく解説しています。瞑想で無になることができない…という方必見です

 

リラックスこそ、今ここに意識を向けるコツ

今ここに意識を向ける方法は分かった!

だけど、
実際にやろうとすると、そう簡単にはいかないもの。

この前はできたから、今回も…という思考自体が、
過去や未来にとらわれてると言えるからです。

 

そうした執着を手放すには、

身体の緊張を手放して、リラックスする

ことがポイントです。

 

心と体はつながっている
と聞いたことはありませんか?

身体の緊張を手放すと、思考の固さも緩み、
今ここに意識を向けやすくなります。

 

もう少し細かく説明すると、
身体が緊張しているのは、交感神経が優位な状態です。

その場合、目の前のできごとに対して、
戦うか?逃げるか?

という極端な反応が、起こりがちなんです。

 

逆に、身体がリラックスした状態では、
副交感神経が優位になっていて、

いろいろな状況を、素直に受け入れる

という、穏やかな状態になりやすいんです。

 

なので、今ここに意識を向けるには、
身体が緊張していないか、リラックスできているかを、
まずは確認してみてください。

体の力を抜くにはどうしたらいいの?効果的で簡単な7つのコツ
体の力を抜くにはどうしたらいいのか知りたいですか?この記事では体の力を抜く簡単なやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、10年以上ヨガを練習し指導してきた経験から詳しく解説しています。簡単に体の力を抜く方法が知りたい方必見

 

笑うのは最強です。

【自律神経】整えるなら”笑う”のがおすすめ【効果と方法】
自律神経のバランスにどうして【笑う】のが効果があるの?この記事では、笑うことで自律神経が整う仕組みと簡単な実践方法を、10年間自律神経のバランスを崩していた経験をもとに、詳しく解説しています。自律神経を笑うことで整えたいという方、必見です

 

思い込みを手放して、
あらゆる可能性を柔軟に受け入れて、
毎日を生きること。

それこそが、今ここに意識を向け続ける、
一番の方法かもしれません。

【二者択一】迷った時は選択肢の中から選ぶな【決められない時の考え方】
二者択一に迷った時、どうしたらいいか決められない…そんなことはありませんか?2つの選択肢のうち、どちらを選ぶか迫られた時に、どうすればいいのか?その方法を詳しく解説しています。二者選択を迫られて迷ってしまう…決められない…という人必見です。
”自分が本当にしたいこと”にブレーキをかけている5つの思い込み&外し方
自分が本当にしたいことをして、生きていきたいと思ってますか?この記事では、本当にしたいことにブレーキをかけている、自分自身の思い込みとその外し方について、実体験をもとに詳しく解説しています。自分が本当にしたいことでいきていきたい人必見です

 

今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方

以上、
今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方
というテーマで解説をしました。

 

瞑想のやり方は、他にもたくさんあります。

1日5分の瞑想で、人生は大きく変わります。

瞑想について、さらに詳しく知りたい方は、
ぜひこちらを参考にしてみてください↓

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事が参考になればうれしいです。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました