スポンサーリンク

『今ここ』に意識を集中する方法&その結果、起きること【体験談】

瞑想
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

「今ここ」を意識するのが大事っていうけど、どういうこと?
「今ここ」に意識を集中する方法が知りたい

そんな疑問はありませんか?

 

この記事では、

「今ここ」に意識を集中する方法
その結果、どんなことが起きるのか?

といったことについて、詳しく解説します。

 

筆者のケンは、
過労や噛み合わせのズレなどから、
長く、体調不良に悩んでいたことがあります。

セラミック矯正はおすすめしません|噛み合わせのズレと体調不良【体験談】
セラミック矯正をおすすめしない理由を知りたいですか?この記事では、実際にセラミック矯正を行い、その後噛み合わせやあごの位置がずれ、体調不良に陥った経験を詳しく解説しています。セラミック矯正に興味があるけど何か不安・・という方は必見です。

 

その改善方法として、
瞑想やヨガ、マインドフルネスなどの練習を始め、
以降、練習を続けています。

【瞑想したら人生変わった】毎日5分瞑想続けた結果【自分でもびっくり】
瞑想を続けた結果、どんなふうに人生が変わったか知りたいですか?この記事では、毎日5分間の瞑想を続けると、どうして人生が変わるのか?理由やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。瞑想で人生変わるの?瞑想で人生変えたい!という人必見です。

 

2012年からは、
東京都内を中心に各地で指導もしています。

活動スケジュールはこちら(Twitter)

 

他にも、
心身ともに健康的に生きる方法などを、
SNSで発信していますので、
よかったら覗いてみてください。

フォローする
ナカガワケン|note
ヨガ講師|会社員時代にうつ経験(30歳〜約10年)▶︎ その後ヨガ・瞑想指導8年15,000人以上 (RYT500 E-RYT200)|ストレスなく生きるのに本当に大切なコト(心身の健康・食・人間関係・働き方など)を発信|blog→

 

スポンサーリンク

『今ここ』に意識を集中する方法&その結果、起きること【体験談】

以前、朝の瞑想中に、

「今ここ」に間違いなく意識がある

という感覚を、
強烈に感じたことがありました。

 

その時の方法や様子を、
今回は、詳しくご紹介したいと思います。

 

結論から言うと、
その時にぼくが行なっていた練習方法は、

ボディスキャン瞑想

でした。

 

また、
「今ここ」に意識を集中した結果、
どんなことが起きたかというと、

すべては、単なる存在にすぎない

という感覚を感じました。

 

??? だと思うので、

意識の向け方や、それがどんな感覚だったのかを、
それぞれ具体的に、
出来るだけ分かりやすい方法で、
説明していきますね。

 

「今ここ」に意識を集中する方法|ボディスキャン瞑想

ボディスキャン瞑想とは、
自分の身体に意識を向け続けて、
じっくりと観察をする方法です。

「今ここ」に意識を集中するのに、
とてもよい練習方法です。

 

ボディスキャン瞑想の方法は以下のとおり。

【ボディスキャン瞑想のやり方】

① リラックスして座る
② 頭のてっぺんに意識を持ってくる
③ 身体をスキャンするように、意識をゆっくりと下へ降ろしていく
④ かゆみや、動きたい衝動を感じても、なるべく反応しない

 

もっと詳しい方法や注意点などは、
こちらの記事にまとめました。

● 参考記事

【ボディスキャン瞑想のやり方】効果的な3のつ方法【ストレス軽減】
ボディスキャン瞑想のやり方を知りたいですか?この記事では、ボディスキャン瞑想の効果的なやり方と3つのコツにについて、具体例を用いて詳しく解説しています。ボディスキャン瞑想に興味があるけどやり方が分からない、効果的な方法が知りたい方必見です。

 

 

時間は、約40分間でした。

 

普段は、10分から30分くらいの、
短い瞑想をすることが多いのですが、

その日は久しぶりに、
長めの瞑想をしました。

 

たった10分程度の違いですが、
けっこう深い段階まで、
意識が入っていけた感じがありました。

● 参考記事

【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分でOK【無理なく続けるのが大事】
瞑想の時間はどのくらいが効果的か知りたいですか?本記事では瞑想初心者の方が、効果的にかつムリなく瞑想を続けられる時間はどのくらいか、について解説しています。長ければいいものでもありません。瞑想初心者の方、瞑想がなかなか続かない人は必見です。

 

「今ここ」に意識を集中した結果|すべては単なる存在にすぎない

次に、
「今ここ」に意識を集中した結果、
どんな感覚が沸き起こってきたかを、
ご紹介します。

 

「今ここ」に意識がある

という感覚は、
瞑想の途中から感じ始めました。

その日は体調も良く、
しっかりと座れている感覚があったので、
それも理由のひとつかもしれません。

座り方は、
練習の質に大きく影響を与えます。

● 参考記事

瞑想の座り方3種類|あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐をやさしく解説
瞑想の座り方にはどんな種類があるか知りたいですか?この記事では瞑想に適した座り方[あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐]について具体的な方法と注意点を、長年の練習と指導の経験をもとにくわしく解説しています。瞑想の座り方がよく分からないという方必見です

 

「今ここ」に意識が集中できている感覚が、
どんなものだったかと言うと、

まず、

 

ここに、この瞬間に、自分がちゃんといる

 

という強い実感を感じました。

 

その後、いろいろな物の、

 

名前や、意味や、価値などが、全てなくなっていく

 

というような感覚もありました。

 

おそらく、
自分の名前や、自分は何者なのかというのは、
過去の経験や、未来の目的などに、
紐付けられているわけです。

「今ここ」に意識が向かうことで、
そうした紐付けが、
外れたんじゃないかと思っています。

 

こうした感覚は、
言葉で説明するのはとても難しいです。

同じようなことを、
別の表現で、記事にもしていますので、
よかったら参考にしてみてください。

● 参考記事

【入門】瞑想とは何ですか?行為ではなく状態です【やさしく解説】
瞑想とは何ですか?そんな疑問がありますか?この記事では、瞑想とは一体何なのか?瞑想状態ってどういうこと?瞑想の練習の仕方は?といった疑問ついて、瞑想・ヨガ講師歴約10年の経験から、くわしく解説しています。瞑想とは何かを知りたい方は必見です
【朗報】瞑想=無になる ではなかった。瞑想の効果を高める本当のやり方
瞑想で無になるのが難しいと感じていませんか?この記事では「瞑想=無になる」ではない理由、瞑想をより効果的なやり方について、約10年間瞑想を練習し指導してきた経験と文献をもとに詳しく解説しています。瞑想で無になることができない…という方必見です

 

緊張を手放すことが、「今ここ」に意識を向けるコツ

「今ここ」に意識を向ける方法は分かった!

これでいつでも「今ここ」にいられるかというと、
そう簡単には、いかないものです。

この前良かったから、今回も同じ方法で・・
という思考自体が、
過去や未来に囚われていると言えるからです。

 

そこで、
そうした執着を手放す必要があるわけですが、
それができれば、
誰しも苦労せず、悟れていることでしょう・・

 

 

なので、
もう少し、やりやすい方法があります。

それは、

身体の緊張を手放す

ことです。

 

肉体と精神はつながっている、
というのを聞いたことはありませんか?

身体の緊張を手放すと、
思考の固さも緩み、
「今ここ」に意識を向けやすくなります。

 

具体的に説明すると、
身体が緊張しているということは、
交感神経が優位な状態です。

その場合は、目の前のトラブルや人間関係に対して、

戦うか?逃げるか?

という反応が、
無意識に起こりがちなんです。

● 参考記事

【瞑想】人間関係が楽になる3の考え方【立ち向かう?逃げる?】
瞑想で人間関係が楽になる理由を知りたいですか?この記事では瞑想的に人間関係を眺める方法、その結果人間関係がどう変わるのか?といったことについて、瞑想を通して得た気づきや経験をもとてに詳しく解説しています。人間関係が難しいという方は必見です。

 

逆に、
身体がリラックスした状態は、
副交感神経が優位になっていて、

いろいろな状況を、素直に受け入れる

という意識が、
持ちやすくなります。

● 参考記事

マインドフルネス【効果がない】と感じる時にチェックしたい3つのコト
マインドフルネスなんて効果がないと思っていませんか?この記事ではマインドフルネスの効果が思うように感じられない時にチェックしたいポイント、対処法や改善策などについて詳しく解説しています。マインドフルネスなんて効果ないよ・・という方必見です。

 

なので、
「今ここ」に意識を向けようとする時には、
身体が緊張していないかを、
まずは確認してみてください。

● 参考記事

体の力を抜くにはどうしたらいいの?効果的で簡単な7つのコツ
体の力を抜くにはどうしたらいいのか知りたいですか?この記事では体の力を抜く簡単なやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、10年以上ヨガを練習し指導してきた経験から詳しく解説しています。簡単に体の力を抜く方法が知りたい方必見

 

固定観念を手放し、
あらゆる可能性を柔軟に受け入れて、
毎日を生きること。

それこそが、
「今ここ」に意識を向け続ける、
一番の練習方法なのかもしれません。

● 参考記事

【二者択一】迷った時は選択肢の中から選ぶな【悩んでも結果は同じ】
二者択一に迷った時、どうすればいいか?「二者択一を迫られたら、その中から選ぶな」それが人生を迷わず、悩まず、クリエイティブに送る方法。選択肢は無限にあります。2つしかない方が不自然です。二者択一に迷った時の選択の方法を詳しく解説しました。

 

『今ここ』に意識を集中する方法&その結果、起きること【体験談】

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

「今ここ」に意識を集中する方法
[ボディスキャン瞑想]
① リラックスして座る
② 頭のてっぺんに意識を持ってくる
③ 身体をスキャンするように、意識をゆっくりと下へ降ろしていく
④ かゆみや、動きたい衝動を感じても、なるべく反応しない

「今ここ」に意識を集中した結果
[すべては、単なる存在にすぎない]
・名前、意味、価値などが消えていく感覚
・過去や未来がなくなって、シンプルな”存在”になる

執着と緊張を手放すことが、「今ここ」に意識を向けるコツ
・過去や未来への執着を手放す
・身体の緊張を手放す
・あらゆる可能性を柔軟に受け入れて、毎日を生きる

以上、
『今ここ』に意識を集中する方法&その結果、起きること【体験談】
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

● 瞑想やヨーガ哲学に関する本をお探しの方には、こちらをオススメします

created by Rinker
¥1,760(2020/07/11 17:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

● マインドフルネスは、いつでもどこでも練習できます

【マインドフルネスとは?】練習方法をまとめてみた【今ここ】
マインドフルネスとは何か知りたいですか?この記事ではマインドフルネスの定義、難易度別おすすめの練習方法とコツ、どんな効果があるのか?などについて、長年の練習と指導経験をもとに詳しく解説しています。マインドフルネスに興味のある方は必見です。

● 呼吸法も、「今ここ」に意識を向けるのにおすすめです

【呼吸法の種類】ヨガの練習を通して得た3種類の呼吸法【おすすめ】
ヨガの呼吸法にはどんな種類があるのか知りたいですか?この記事では、誰でも簡単に行える呼吸法を3種類、具体的なやり方と注意点、呼吸法をさらに深める方法などについて詳しく解説しています。ヨガの呼吸法の種類とやり方などについて知りたい方必見です。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました