【呼吸を数える瞑想のやり方】呼吸瞑想で自律神経を調整【簡単おすすめ】

瞑想する時、呼吸のやり方ってどうすればいいの・・
呼吸を数える瞑想のやり方って、どうやるの?

こんな疑問はありませんか?

この記事では、

呼吸を数える瞑想のやり方

について詳しく解説します。

筆者のケンは、
2010年ごろから呼吸や瞑想、ヨガなどの練習を続けています。

現在は、東京都内を中心に各地で指導もしています。

【マインドフルネス】8年間続けた効果のまとめ【ヨガ講師の体験談】
マインドフルネスにはどんな効果があるか知りたいですか?この記事では、マインドフルネスの練習を約8年間続けた結果、感じた効果や日常の変化などを、具体例やコツ、注意点などを交えながら詳しく解説します。マインドフルネスの効果に興味がある方必見です。

活動スケジュールはこちら

このブログ以外にも、
SNSで心身の健康やライフスタイルに関する情報発信をしています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする
ナカガワケン|note
30歳〜約10年うつ・不定愁訴 ▶︎ 瞑想・ヨガ・マインドフルネス講師8年 (RYT500 E-RYT200)|生きる上で本当に大切なこと(心・身体・食・人間関係・お金など)日々探究|歯列矯正中|YouTube bit.ly/2OdBhcC|ブログ kennakagawa.com

【呼吸を数える瞑想のやり方】呼吸瞑想で自律神経を調整【簡単おすすめ】

呼吸を数える瞑想のやり方は、
以下のステップで行います。

呼吸瞑想のやり方
① 1人になれる時間を用意する
② 座って目を閉じる
③ 呼吸を数える

詳しく順番に、
この呼吸を数える瞑想のやり方、3ステップについて、
解説していきますが、

準備は大丈夫だから、
やり方だけすぐに知りたい!という方は、

呼吸瞑想のやり方 ③ 呼吸を数える を、直接お読みください。

呼吸瞑想のやり方① 1人になれる時間を用意する

呼吸瞑想のやり方、1つ目のステップは、

1人になれる時間を用意する

です。

呼吸瞑想の、準備のやり方を説明します。

実は、呼吸や瞑想うんぬんの前に、
この準備段階が、
1番ムズカシイかもしれません。

忙しい生活の中では、
1人の時間や場所を確保するのは、
なかなかハードルが高いと思うからです。

電車の中やカフェなどで、
瞑想するやり方もあります。

特に、呼吸を数える瞑想は、
場所を選ばずできるやり方なので、
おすすめです。

● 参考記事

【瞑想が続かない】時間や場所を気にせず瞑想をする方法【続けるコツ】
瞑想が続かない・・そんな悩みでお困りですか?この記事では、瞑想が続かない理由、瞑想が続かないときの対処法、いつでもどこでも瞑想ができる方法などを詳しく解説しています。瞑想が続かなくて困ってる、瞑想を続けたいという方は必見です。
【電車で瞑想】通勤時間を瞑想タイムにする5つの方法【おすすめ】
電車の中で瞑想する方法を知りたいですか?この記事では電車の中でもムリなく瞑想ができる方法やコツ、効果やメリット、注意点などについて詳しく解説しています。忙しくて瞑想する時間がない。電車の中で瞑想したいという方は必見です。

時間は5〜10分くらいで十分です。

● 参考記事

【人生変わった】瞑想を毎日続けた結果・・体験談【毎日5分でいい】
瞑想を続けることがどうして重要なのか知りたいですか?この記事では毎日5分間の瞑想を続けることで人生が変わる理由や、体験談、コツや注意点などを詳しく解説いたします。瞑想始めたいけど続けるのしんどそう、瞑想してるけど続ける大変、という方必見です。
【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分でOK【無理なく続けるのが大事】
瞑想の時間はどのくらいが効果的か知りたいですか?本記事では瞑想初心者の方が、効果的にかつムリなく瞑想を続けられる時間はどのくらいか、について解説しています。長ければいいものでもありません。瞑想初心者の方、瞑想がなかなか続かない人は必見です。

瞑想は、
同じやり方を定期的に続ける事が大切です。

最初から長い時間かけて瞑想をしようとせず、
短い時間で続けてみて、
瞑想の習慣を作ってみてください。

● 参考記事

【人生変わった】瞑想を毎日続けた結果・・体験談【毎日5分でいい】
瞑想を続けることがどうして重要なのか知りたいですか?この記事では毎日5分間の瞑想を続けることで人生が変わる理由や、体験談、コツや注意点などを詳しく解説いたします。瞑想始めたいけど続けるのしんどそう、瞑想してるけど続ける大変、という方必見です。

呼吸瞑想のやり方② 座って目を閉じる

呼吸瞑想のやり方、ステップの2つ目は、

座って目を閉じる

です。

座るのは、
椅子の上でも直接床の上でもどちらでも構いません。

● 参考記事

【瞑想の座り方】結跏趺坐・あぐらのコツ【座布団・椅子の効果的な使い方】
瞑想の座り方やコツが知りたいですか?この記事では、瞑想に適した座り方、結跏趺坐やあぐらで座るコツ。座布団や椅子の効果的な使い方などを、長年の練習と指導の経験をもとに詳しく解説しています。瞑想の座り方がよく分からないという方は必見です。

仰向けなど、
床に寝転がってやるのはあまりおすすめしません。

呼吸がしづらいですし、
眠気にも襲われやすいからです。

● 参考記事

瞑想時、眠くなる&寝てしまう時の9つの対処法・防止法
瞑想中に眠くなる、寝てしまう時の対処法や防止法が知りたいですか?この記事では瞑想時に眠くなる時にどうしたらいいか?寝てしまう場合の対処法などを、自身の経験から詳しく8つご紹介します。瞑想中にいつも眠くなる方、寝てしまう人は必見です。

目を閉じると不安を感じると言う場合は、
目を開けていても全然構いません。

リラックスした状態で、
呼吸だけに意識が集中できれば大丈夫です。

● 参考記事

【リラックスする方法】簡単に身体の力を抜く5つのやり方【手放す】
リラックスするための簡単な方法を知りたいですか?この記事では身体の力を抜く簡単な5つのやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、ヨガ講師の立場から詳しく解説をしています。簡単にリラックスする方法が知りたいという方必見です。
【緊張しやすい人必見】緊張を緩めてリラックスする方法【簡単5選】
緊張をゆるめてリラックスする方法が知りたいですか?この記事では、緊張を手放して心身ともにリラックスに導く方法を5つ、そのコツや仕組み、注意点などを、体験談をもとにくわしく解説しています。緊張しやすい・・リラックスできない・・という方必見です。

呼吸瞑想のやり方③ 呼吸を数える

呼吸瞑想のやり方、ステップの3つ目は、いよいよ

呼吸を数える

ことを行います。

呼吸瞑想の具体的なやり方は、
いろいろあります。

おすすめの呼吸瞑想のやり方は、こちらです。

【吸う呼吸を1、吐く呼吸を2とカウント】
・吸いながら「いーち」、吐きながら「にーい」というような感じ

【吸う呼吸&吐く呼吸を1、次の吸う吐くを2とカウント】
・吸って吐いて「イーチ」、次の吸って吐くで「ニーイ」という感じ
・「10(ジュウ)」まで行ったら、またイチに戻る
・2〜3セット続ける

5秒かけて吸う、5秒かけて吐く】
・吸いながら「12345」
・吐きながら「12345」
・やりやすい秒数(4秒や8秒など)に調整してもよい

などなど。

どんな呼吸瞑想のやり方にも共通して言えるのが、

呼吸だけに、集中する

ということです。

瞑想とは、極端に言ってしまうと、

何か一つのことに意識を向け続ける

ことにすぎないからです。

● 参考記事

『今ここ』に意識を集中する方法&その結果、起きること【体験談】
「今ここ」に意識を集中する方法を知りたいですか?この記事では、意識を今ここに向けるための方法、その結果どういったことが起こるのか、コツや注意点などについて、体験談をもとに詳しく解説しています。健康でストレスのない毎日を過ごしたい方必見です。

何か一点に意識を向け続けると、
脳の扁桃体に働きかけて、不安や恐怖を落ち着かせてくれます。

【ストレスを減らす瞑想】やり方と仕組みをヨガ講師が詳しく解説
ストレスを減らす瞑想のやり方を知りたいですか?この記事では、ストレスを減らすのにおすすめの【ボディスキャン瞑想】のやり方、瞑想するとストレスが軽減する仕組みや効果について詳しく解説しています。瞑想でストレスを減らしたい!という方は必見です。

中でも、
呼吸を数えるやり方は、
自律神経に働きかけ、交感神経と副交感神経のバランスを整える、
という効果もあります。

● 参考記事

【呼吸法】自律神経を整える呼吸法のやり方【吸う・止める・吐く】
自律神経を整える呼吸法のやり方が知りたいですか?この記事では、自律神経に働きかける呼吸法の簡単なやり方、効果的に行うポイントや注意点などを、経験談をもとに詳しく解説しています。自律神経が乱れてる・・呼吸法をやってみたい・・という方必見です。

【呼吸を数える瞑想】やり方のコツ

呼吸瞑想のやり方には、コツがあります。

それは、

気持ちよく、呼吸をする

ということです。

ちゃんと呼吸をしなきゃ・・!

と思ってしまうと、
身体が緊張をして、
かえって呼吸をぎこちなくさせてしまいます。

呼吸法にはいろいろなやり方があるので、
自分にあった呼吸のやり方を、
いろいろと試してみるとよいかもしれません。

● 参考記事

【呼吸法の種類】ヨガの練習を通して得た3種類の呼吸法【おすすめ】
ヨガの呼吸法にはどんな種類があるのか知りたいですか?この記事では、誰でも簡単に行える呼吸法を3種類、具体的なやり方と注意点、呼吸法をさらに深める方法などについて詳しく解説しています。ヨガの呼吸法の種類とやり方などについて知りたい方必見です。

【呼吸を数える瞑想のやり方】呼吸瞑想で自律神経を調整【簡単おすすめ】

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

【呼吸を数える瞑想のやり方】

①1人になれる時間を用意する
・一人になるのが難しければ、トイレや車の中でも
・時間は短い時間から始めれば良い
・無理なく続けることが大切

②座って目を閉じる
・横になってやるのはかえって難しい。眠くなりやすいので
・目を開けておく場合は、視線を少し床に落とし、焦点をぼかす

③呼吸を数える
・自然な呼吸にただ意識を向ける
・最初は、やや意図的に呼吸をする方がやりやすいかも

【呼吸を数える瞑想】やり方のコツ
・気持ちよく呼吸をする

以上、
【呼吸を数える瞑想のやり方】呼吸瞑想で自律神経を調整【簡単おすすめ】
というテーマで解説をしました。

呼吸を数える瞑想は、
無理なく始められるやり方です。

ぜひ試してみてください。

● 瞑想のやり方を、もっと詳しく知りたい方はこちら

【瞑想のやり方と効果|完全ガイド】これさえ読めば始められる・続けられる
瞑想のやり方と効果についてくわしく知りたいですか?この【瞑想のやり方と効果|完全ガイド】は、瞑想前の準備、瞑想のやり方や続け方、さらに瞑想を深めるやり方やコツなどについて簡単に分かりやすく解説しています。瞑想のやり方を知りたい方は必見です。

● 呼吸がうまくできない・・・もしかして、間違ったやり方をしていませんか?

【瞑想初心者必見】あなたの瞑想の質を向上させる5つのコツ
初心者にもできる瞑想のコツを知りたいですか?この記事では瞑想初心者がついついやってしまいがちな間違ったやり方や、効果的に瞑想を行うコツについてくわしく解説しています。瞑想を始めたばかりの初心者の方、なかなか瞑想が続かないという方必見です。

● おすすめの瞑想本をお探しですか?

【瞑想の本】必読のおすすめ5冊【専門的かつ分かりやすい】
瞑想の本たくさん出てるけど、どれを読んだらイイのか分からない?本記事では、瞑想を知るために読んだ本の中からとても役立に立った本を紹介しています。専門的な本ではありますが初心者の方にも分かりやすく読める本です。これから瞑想を始めたい方は必読です。
関連記事
関連記事

シェアする