スポンサーリンク

【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分でOK【無理なく続けるのが大事】

初心者がどのくらいの時間瞑想をするのが効果的?瞑想
Free-Photos / Pixabay
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

瞑想に興味はあるけど、忙しくて時間がない・・・
瞑想の時間はどのくらいが効果的なのか、目安が知りたい・・・

こんな悩みや疑問はありませんか?

 

この記事では、

効果的な、瞑想の時間の目安
無理なく瞑想を続ける方法

などについて詳しく解説します。

 

簡単に著者の自己紹介。

東京都内を中心に、ヨガや瞑想のクラスを教えている、
ケンといいます。

2010年ごろから、
本格的に瞑想やヨガを習慣にし始めました。

【瞑想ブログ】瞑想を続けた8年間の変化【すべて公開】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

活動スケジュールはこちら(Twitter)

 

SNSでも、
健康に楽しく生きるための方法を、発信しています。

役に立ちそうでしたら、
ぜひのぞいてみてください。

フォローする

 

スポンサーリンク

【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分【無理なく続けるのが大事】

瞑想を行う時間の目安

結論から言うと、

まずは、10分間の瞑想で大丈夫です

 

なぜなら瞑想は、
長時間の瞑想を単発で行うよりも、
少しの時間でいいので、毎日続ける方が、
とても重要だからです。

 

なので、
10分の瞑想時間を取ることすら難しい場合は、
5分や1分を目安にしてもいいです。

そして、毎日の瞑想が習慣になってきたら、
30分〜1時間くらいに、
徐々に時間を延ばしていってみてください。

 

それでは早速、
10分間という時間を目安に、
瞑想を始めるといい理由や方法を、
詳しく説明していきます。

 

瞑想の時間の目安|まずは10分をおすすめする理由

瞑想の時間の目安、

なぜ、10分間の瞑想から、
始めることをおすすめするかというと、

10分間の瞑想が、もっともコスパがよい

からです。

 

本当におすすめしたい時間の目安は、
30分〜1時間くらいの瞑想です。

このくらいの時間を目安に、
瞑想を毎日続けると、本当にいろいろな変化や効果を、
感じることができるからです。

● 参考記事

瞑想を毎日続けたらこんな効果があった。本当に実感した5つ【まとめ】
瞑想を毎日5分続けたらどんな効果があったか知りたいですか?この記事では瞑想を続けたらどういった効果があったのか?約10年間の瞑想を続けた経験から、詳しく解説しています。瞑想をしてみた、瞑想を始めたけどなかなか続けられないという方、必見です

 

ですが、忙しい生活の時間を割いて、
毎日30分〜1時間の時間を目安にするのって、
かなり大変ですよね。

時間がないからヤーメタ

と、途中で挫折してしまいがちです。

● 参考記事

【瞑想が続かない】時間や場所を気にせず瞑想をする方法【続けるコツ】
瞑想が続かない・・そんな悩みでお困りですか?この記事では、瞑想が続かない理由、瞑想が続かないときの対処法、いつでもどこでも瞑想ができる方法などを詳しく解説しています。瞑想が続かなくて困ってる、瞑想を続けたいという方は必見です。

 

時間をもっと短くすることは可能ですが、
1〜5分くらいの、
短すぎる時間の瞑想は、
特に始めて間もない方には難しいと思います。

 

つまり、

・長時間だと、続けるのが大変
・短すぎると、何も得られず終わってしまう

 

この両方をうまく解決する時間の目安が、

10分間の瞑想

だと、
これまでの経験上、ぼくは感じているんです。

 

時間は短いけど、
しっかりした瞑想ができる時間の目安が、
10分間の瞑想時間というわけです。

 

それでも「瞑想する時間がない場合」の目安は?

忙しくて瞑想する時間もない

前章で、
10分間を目安に、
毎日瞑想をすることをおすすめしましたが、

忙し過ぎて、

10分すら時間を作るのが難しい・・

という時もあると思います。

あるいは、
ついついサボりたくなってしまう時など。

 

そういった時は、

5分間、なんなら1分を目安にしてもいいです

 

1分なんて短い時間で瞑想をして、意味があるの?
と思われるかもしれませんが・・・

いいんです

 

瞑想というのは、
時々、気の向いた時にやってもあまり効果はなく、
続けることに、
よっぽど意味があるからです。

 

瞑想というのは、
特定の行為を指すわけではありません。

ものごとの捉え方とか、
思考や感情の状態なんです。

● 参考記事

【入門】瞑想とは何ですか?行為ではなく状態です【やさしく解説】
瞑想とは何ですか?そんな疑問がありますか?この記事では、瞑想とは一体何なのか?瞑想状態ってどういうこと?瞑想の練習の仕方は?といった疑問ついて、瞑想・ヨガ講師歴約10年の経験から、くわしく解説しています。瞑想とは何かを知りたい方は必見です

 

なので、
毎日続けてそうした状態が当たり前になる、
というのが、
瞑想の練習の本来、目指すところです。

 

なので、
忙しくて時間が作れない時は、
5分でも1分でもいいので、

毎日瞑想をする

ということを目安に続けてみてください。

● 参考記事

【瞑想したら人生変わった】毎日5分瞑想続けた結果【自分でもびっくり】
瞑想を続けた結果、どんなふうに人生が変わったか知りたいですか?この記事では、毎日5分間の瞑想を続けると、どうして人生が変わるのか?理由やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。瞑想で人生変わるの?瞑想で人生変えたい!という人必見です。

 

一度決めたことを、うまく工夫しながらやり続ける、
ということ自体が、
瞑想の練習だとも言えるんです。

● 参考記事

【マインドフルネス】効果が出るまでの期間はどのくらい?【体験談】
マインドフルネスの効果が出るまでの期間はどのくらい?そんな疑問はありませんか?この記事ではマインドフルネスのすぐに現れる効果、時間のかかる効果について、体験談を元に詳しく解説しています。効果がなかなか出なくて困っている・・という方必見です。

 

瞑想に慣れてきたら「30〜60分」を目安に時間を延ばす

毎日の瞑想が習慣化してきたら、
ぜひ少しずつ、

瞑想時間の目安を延ばす

ということを、してみてください。

 

なぜなら、
やはり本当のおすすめの目安は、
30分〜1時間くらいの瞑想だからです。

 

どういうことかというと、
瞑想というのは、

・座って目を閉じてから30分くらいまでは、準備段階
・30分を過ぎてからを目安に、本当の瞑想の練習が始まる

というような目安を、
これまでの経験上、感じているからです。

 

たとえば、
紅茶を沸かしているティーポット

を想像してみてください。

 

火にかけているときは、
茶葉がワーっと舞っていますが、
火を止めると、
少しずつ茶葉が底の方に沈んでいきますよね。

 

頭の中の思考や感情も同じです。

ザワついた頭の中は、
瞑想を始めたからといって、
すぐに穏やかになるものではありません。

 

動かずに、
何かに意識を集中し続ける中で、少しずつ時間をかけて、
落ち着いていくんです。

 

散らかっていた思考や感情が穏やかになるまでに、
だいたい30分くらいかかるのが、
ぼくの経験上の目安です。

その後から、
ようやく本当の瞑想が始まる、
というふうに感じています。

● 参考記事

【瞑想の段階】瞑想が3段階で深まっていく様子を解説【体験談】
瞑想が深まる段階について知りたいですか?この記事は、瞑想が3段階で深まっていった体験談、その時に感じた感覚、コツや注意点、瞑想の段階が感じられない場合の対処法、などについて詳しく解説しています。瞑想が深まる段階について知りたい方は必見です。

 

じゃあ、10分の瞑想なんて意味ないじゃん!

という声が聞こえてきそうですが、
そんなことはありません。

 

試しに10分間を目安に、
瞑想を毎日続けてみてください。

4、5日もすれば、
かなり頭の中のモヤモヤやイライラは、
クリアになっていくと思います。

 

そして何より、
瞑想をすることが苦じゃなくなってきたり、
楽しみを見出せるようにも、
なると思います。

● 参考記事

【瞑想のやり方のコツ】無理なく続くオススメの5つの方法【体験談】
瞑想のコツを知りたいですか?この記事では、無理なく瞑想を始める/続けるためのコツややり方を、これまでの練習と指導経験をもとに、分かりやすく解説しています。これから瞑想を始めてみたい、瞑想をやり始めたけどなかなか続かないという方必見です。

 

なので繰り返しますが、

10分間の瞑想をまずは目安として、
瞑想を習慣化してみてください。

慣れてきて、さらに深めたくなったら、
少しずつ目安の時間を延ばす。

 

30分を超えた瞑想を行うと、
それまでの感覚とは、
またガラッと変わった体感ができるはずです。

 

【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分【無理なく続けるのが大事】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

 

効果的な瞑想の時間の目安
・まずは10分間の瞑想で大丈夫

瞑想の時間の目安|まずは10分をおすすめする理由
・10分間の瞑想が、もっともコスパがいい
・長時間だと、続けるのが大変
・短すぎると、何も得られず終わってしまう

それでも「瞑想する時間がない場合」の目安は?
・5分、なんなら1分を目安にしてもいいです
・気の向いた時にやるより、続けることに意味がある

瞑想に慣れてきたら「30〜60分」を目安に時間を延ばす
・本当のおすすめの目安は、30分〜1時間くらいの瞑想
・座って目を閉じてから30分くらいまでは、準備段階
・30分を過ぎてからが、本当の瞑想の練習

 

 

以上、
【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分でOK【無理なく続けるのが大事】
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

● 瞑想について、もっと詳しく知りたい方はこちら

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

● 瞑想をガイドする、音声をお探しですか?

【瞑想】音声ガイドを使うといい理由【まずは型を繰り返すのがコツ】
瞑想音声ガイドって何?効果あるの?とお思いですか?この記事では瞑想音声ガイドの使い方や効果、メリットなどを詳しく解説しています。瞑想を始めたい、瞑想してるけど続かない、自分に合った瞑想音声ガイドを探してる、という方は必見です。

● 瞑想を、まずはちょっと試してみたいという方はこちら

仕事中にできる瞑想のやり方|忙しくてもOKな4つの方法
仕事中にできる瞑想の方法が知りたいですか?この記事では忙しい仕事中にでも、隙間時間を見つけて行える4つの瞑想の方法をくわしく紹介しています。仕事が忙しすぎて瞑想をする時間が作れない・・もっと簡単に瞑想できる方法はないの?という方は必見です。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました