スポンサーリンク

【成功談】自力で禁煙できた”ずぼら禁煙”の方法【体験談】

ライフハック
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

禁煙に何度もチャレンジしてるけど、いつも続かない・・・
自力で禁煙できる方法が、知りたい・・・

そんな悩みにお答えします。

 

筆者のケンは、
かつてはかなりのヘビースモーカーで、
1日2箱(40本)くらい吸っていた時もありました。

ですが、ここ4、5年は1本も吸っていません。

 

薬は飲みませんでしたし、治療なども受けていません。
完全に自力です。

吸えないことに、ストレスも感じてません。

 

それどころか、健康になって、
今では、ヨガや瞑想を教えるようにまでなりました。

自分でもビックリしてます。

【ストレスを減らす瞑想】やり方と仕組みをヨガ講師が詳しく解説
ストレスを減らす瞑想のやり方を知りたいですか?この記事では、ストレスを減らすのにおすすめの【ボディスキャン瞑想】のやり方、瞑想するとストレスが軽減する仕組みや効果について詳しく解説しています。瞑想でストレスを減らしたい!という方は必見です。

 

また、タバコを吸うという習慣を手放したことをきっかけに、
持ち物をスーツケース1個にしたり、家も手放したりと、
どんどん身軽になっていきました。

シンプルライフの様子は、Twitterで発信してます。

 

そうした経験をもとに、今回は、
自力で禁煙に成功した方法
というテーマで、ぼくの成功談をお話しできたらと思います。

 

スポンサーリンク

【成功談】自力で禁煙できた”ずぼら禁煙”の方法【体験談】

早速、ぼくがどうやって自力で禁煙に成功したかというと、
矛盾するようなんですが、

禁煙しようと思わない

ことがポイントでした。

 

”禁煙しよう!”って思うの、しんどくないですか・・・?
それがストレスになって、また吸っちゃいませんか?

 

では、どういう方法をとったかと言うと、

たばこを吸いたかったら吸う

というルール。いわば、

”ずぼら禁煙”

です。

 

吸いたいっていう気持ちを抑えたまま禁煙しちゃうと、
自力では難しく、薬や治療が必要になってくると思うのです。

 

その結果、
ずぼら禁煙を始めた当初は、週に数回だったのが、
年に1、2回になり、最終的には、
タバコを吸わなくても全然平気という状態になりました。

なので今でも、
吸いたい時には吸うというずぼら禁煙中とも言えるんですけど、
ここ4、5年は、
まったく、吸いたいと思うことがないんです。

 

”ずぼら禁煙”の方法|ポイントは環境づくり

ぼくが自力で禁煙に成功した、”ずぼら禁煙”は、
タバコを吸いたくなくなる環境を、いかに作るかがポイントです。

”ずぼら禁煙”の環境づくりの方法は、
主に3つあるので、順番にご紹介します。

①会社を辞めた

”ずぼら禁煙”の環境づくりの方法、1つ目は、

会社を辞めました

 

えっ? 禁煙するために、会社まで辞めなきゃいけないの?
と思われるかもしれないですが、

正確に言うと、
会社を辞めたら、タバコも自然に吸わなくなった
ということですね。

 

会社を辞めることが、なぜ禁煙につなかったかというと、
理由は2つあって、
1つ目は、会社を辞めたことでストレスがなくなったからです。

 

いきなり仕事は辞められないよ・・という人は、
もっと自力で、ストレスコントロールする方法があります。

ゆっくりした呼吸は、ストレス軽減に効果があります↓
【自律神経】呼吸法で自律神経を整えるやり方【吸う・止める・吐く】

 

 

2つ目は、
会社を辞めて、1年くらいは働かないでおこうと決めたので、
節約をする必要がありました。

やりたいことだけやって生きていこう、と思ったんです。

● 参考記事

本当にしたいことが分からない人は【エモい年表】を書くべし
本当にしたいことがわからない・・そんな悩みはありませんか?この記事では、やりたいことが分からずに遠回りしたものの、本当にしたいことをする人生にたどり着いた実体験をもとに、詳しく解説をしています。本当にしたいことをして生きたい!とう人必見です

そのため、必要なことのみにお金を使うようになり、
タバコを買わなくなりました。

 

結果、禁煙を頑張らなくても、
自力でタバコを吸わないことに成功しました。

 

会社をやめた時のことは、
【対処法】仕事を辞める時の周りの目【社内・家族・世間】
に書いたので、興味があれば読んでみてください。

 

②走ったりヨガの練習を始めた

自力でタバコをやめられた”ずぼら禁煙”の環境づくり、2つ目の方法は、

走ったりヨガの練習を始めました

 

お金ないから、病気にはなれないなぁと思ったのと、
会社を辞めて時間もできたので、
毎日走ったり、自宅でヨガの練習をするようになりました。

結果、健康的な生活になり、
禁煙を成功させるぞ!と意気込まなくても、
自力で、しかも自然に、タバコを吸わなくなっていきました。

 

会社を辞めた後、生活がどう変化したかについては、
【仕事を辞めた後の生活】良かったこと大変だったこと【3度の退職体験談】
に書いたので、興味があれば。

 

③引越し

自力の”ずぼら禁煙”の環境づくり、3つ目の方法は、

引越し

です。

会社を辞めると同時に、
家賃の安いところに引越しました。

 

タバコを部屋の中で吸っちゃうと、
退去の時に、クリーニング代がかかるなあと思ったんです。

なので、できるだけキレイに使おうとなり、
自力でタバコを吸わなくなりました。

 

禁煙もできるし、節約にもなるので、
かなりおすすめの方法です。

 

頑張って禁煙しないと、また吸っちゃうんじゃないの?

以上が、
ぼくが自力でタバコを吸わなくなった、
”ずぼら禁煙”の方法でした。

 

でも、
頑張って禁煙を続けないと、また吸っちゃわない・・?
という気持ちも分かります。

そんな時、ぼくが自分に言い聞かせているのは、

すぐに変わる必要はない

ということ。

 

すぐに成功しなきゃ!
と考えると苦しいですよね。

季節も、冬から夏に、夏から冬にと、
次の日に突然変わったりは、しません。

 

また、すぐに結果を出そうとするのは、
自力では難しいのは当然です。

だから、薬や治療などの、外的な力に頼らざるを得ないんです。

禁煙に限らず、ダイエットとかでも、
すぐに結果の出る方法というのは、後戻りも早いですよね。

 

自力で、自然に、
少しずつ時間をかけてでいいんです。

 

ぼくの”ずぼら禁煙”も、
まったく吸わなくても平気、という状態になるのに、
5年くらいかかりました。

それが、自然で確実な方法だと思います。

● 参考記事

【目標設定のコツ】結果に執着しない方がうまくいきます【具体例】
目標設定のコツが知りたいですか?この記事では、結果に執着しない方が、人生がラクに楽しくなって、結果的にうまくいく、目標設定の方法を、実体験や具体例をあげながら詳しく解説しています。目標設定のコツがわからない・・ムズカシイ・・という方必見です

 

【成功談】自力で禁煙できた”ずぼら禁煙”の方法【体験談】まとめ

以上、
【成功談】自力で禁煙できた”ずぼら禁煙”の方法【体験談】
というテーマで解説をしました。

 

ぼくが自力で禁煙に成功したのは、
食生活を変えたのも大きな要因のひとつでした。

特におすすめしたいのは、白湯(さゆ)

 

毎朝お湯を飲むだけなんですが、
口や身体の中が洗い流された感じになり、タバコの味や匂いにとても敏感になります。

体温が上がって免疫力も高まるので、禁煙との相乗効果もありますよ。

こちらの記事が参考になれば↓
【白湯(さゆ)】効果とその理由を体験談をもとに解説します【簡単】

 

食べる瞑想もおすすめです。

タバコがどれほど、
味覚や嗅覚を鈍らせているかに気づけます。

【食べる瞑想のやり方】忙しいあなたにオススメの瞑想法【毎日できます】
に詳しく書きました。

 

記事が参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました