スポンサーリンク

【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】

心身のメンテナンス
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

バカーサナのやり方がよく分からない・・
バカーサナを練習する時の、ポイントが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、2010年以前より練習を開始し、
スランプに陥ったりしながらも、安全に練習を続けてます。

2012年からは指導を開始し、
20,000人近い生徒さんのポーズや身体を見てきました。

※活動スケジュールはTwitterでおしらせしてます

 

そうした経験から、今回は、
【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】
と題して、バカーサナの練習方法をくわしく解説します。

 

ちなみに、バカーサナのコツは他にも、
【バカーサナのやり方②】腕が痛い人はこれで解決【腕力より体幹です】
【バカーサナのやり方③】できない理由は腕の角度【前腕は垂直に】

にくわしく書いたので、

よっしゃヤッタるでーという方は、こちらもご参照ください。

 

スポンサーリンク

【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】

バカーサナのやり方にはいくつかポイントがありまして、
最重要なのは、

腕の使い方

まずは、安定した土台を作ると、
その後がラクです。

 

具体的にどう腕を使うか?というと、

①手のひらで地面をつかむ
②ヒジを寄せる
③肩を引き下げる

この3つのポイントを意識することで、
それほど力を使わずに、土台の強度が作れます。

 

バカーサナ 3つのポイント

一つずつ、ポイントを解説しますね。

バカーサナのポイント① 手のひらで地面をつかむ

バカーサナのポイント1つ目は、

手のひらで地面をつかむ

 

指先を大きく広げて、
地面をしっかりつかんでください。

手首の筋肉が使われて、安定します。

 

バカーサナの時に、手首が痛くなる・・・
という人は特に、この動きを意識してやってみてください。

手首のケガの防止にもつながります。

 

バカーサナのポイント② ヒジを寄せる

バカーサナのポイント2つ目は、

ヒジを寄せる

 

ヒジはしっかりと、
お互いに近づけるように、内側へ寄せてください。

前腕、上腕、肩の付け根が使われて、
関節を安定させます。

 

逆に、ヒジが開いちゃってると、強度が出ません。

 

バカーサナむずかしい・・・
という人の練習を見ると、
このヒジの動きが失われてしまってることが多いです。

 

バカーサナのポイント③ 肩を引き下げる

バカーサナのポイント3つ目は、

肩を引き下げる

肩を引き下げることで、
首回り、脇の下あたりが安定し、
身体を引き上げることも可能になります。

反対に、肩が上がってしまっていると、
体重が全部下に向かってしまい、関節にも負担がかかります。

 

バカーサナは身体を腕で支えるポーズと思われがちですが、
腕に乗っかっちゃうと、重くて大変ですよ。

 

むしろ、身体は浮かせて、
腕にはただ引っかかっているような感覚です。

このポイントについては、
【バカーサナのやり方②】腕が痛い人はこれで解決【腕力より体幹です】
で詳しく解説してます。

 

バカーサナをやると疲れちゃう…そんな時は

バカーサナのポイント3つ、おさらいです。

①手のひらで地面をつかむ
②ヒジを寄せる
③肩を引き下げる

手のひらから、腕、肩、背中の上の方にかけて、
安定感を感じられていたら、OKです。

 

この時にもしも、
すごく疲れちゃうよ・・・
私には力が足りない・・・

と感じる場合は、
もしかしたら、力を使いすぎているかもです。

実は、力はそれほど使いません。

 

解決策は2つ

・身体をリラックスさせる
・頭の中の緊張をなくす

 

ついつい力んでしまうのは、
文字通り、身体に余分な力が入っているから。

あ、力が入り過ぎてるな・・・と思ったら、
身体を揺らすなどして、力をゆるめてみてください。

【リラックスする方法】身体の力を抜く5つの簡単なやり方【手放す】
にやり方を詳しく書きました。

 

また、
頭の中に力が入っている、という場合もあります。

一生懸命=頑張る=力む

というような考え方が根付いていると、
身体の力みとなって現れます。

かつてのぼくがそうでした・・・

 

不安やストレスを減らして、
頭の中もリラックスさせてみてください。

● 参考記事

【リラックス】不安を減らしたり消し去る5つの方法【体験談】
不安を減らしリラックスする方法を知りたいですか?この記事では、不安を消し去る5つの方法、その効果と体験談、それでも不安が消えない場合の改善策、などについて詳しく解説しています。いつも不安を感じて困っている・・リラックスしたいという方必見です。

 

呼吸を数える瞑想もおすすめです。
自律神経が整って、気持ちが穏やかになりますよ。

【呼吸を数える瞑想のやり方】呼吸瞑想で自律神経を調整【簡単おすすめ】

 

【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】まとめ

以上、
【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】
というテーマで解説をしました。

 

動画の方が分かりやすいな、という方はコチラをどうぞ。

こちらのコツも押さえておくと、さらに完璧

【バカーサナのやり方②】腕が痛い人はこれで解決【腕力より体幹です】
バカーサナの時に腕が痛い…ことはありませんか?この記事では、バカーサナで腕が痛くなる原因とその解決方法について、約10年間の練習と、20,000人近くを指導した経験から、詳しく解説しています。バカーサナが怖い…安全に練習したいという方必見です
【バカーサナのやり方③】できない理由は腕の角度【前腕は垂直に】
バカーサナができない…なんでだろう?と悩んでいませんか?この記事ではバカーサナができない理由の一つ「腕の角度」にフォーカスし、安全にバカーサナができるようになる練習方法を解説してます。バカーサナができない…できるようになりたい!という人必見

 

バカーサナ以外にも、ポーズ解説してます。

ダウンドッグむずかしいよーという方は、コチラを↓

●ダウンドッグでかかとがつかない…
【朗報】ダウンドッグでかかとがつかない←つけなくてOKです【理由は簡単】

●肩甲骨が開かない…
【解決】ダウンドッグで肩甲骨が開かない→うでの使い方が違ってます

●股関節や骨盤の使い方が分からない…
【ダウンドッグ】股関節や骨盤の使い方が分からない…【足のねじりで解決】

 

記事が参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました