スポンサーリンク

ヘッドスタンドが安定しない人へ。この3ステップで立てます【秘訣】

ヘッドスタンドが安定しない人へ。この3ステップで立てます【秘訣】心身のメンテナンス
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

ヘッドスタンドが安定しない…
なんとか立てるけど、グラグラしてしまう…

そんな悩みにお答えします。

 

筆者のケンは、
2010年以前からヨガの練習を始め、
2012年からは講師として、
これまでに2万人近い方々に、指導をしてきました。

プロフィール

 

ぼくは、ヘッドスタンドが立てるようになるまで、
毎日練習して、1ヶ月近くかかりました。

 

さらに練習を繰り返し、
グラつかずにキープできるようになりましたが、
その過程で、こうすれば安定して立てるようになる、
というステップが分かりました。

そうした経験から今回は、
ヘッドスタンドが安定しない人が、しっかり立てるようになる3ステップ
について、詳しく解説します。

 

ヘッドスタンドは、
初めての人がいきなりやろうとすると、
首をゲガしやすく、危険です。

なので、まだ一度もヘッドスタンドしたことがない、という人は、
まずは、こちらの練習から始めてみてください。

ヘッドスタンドができない人必見!3週間で立てた意外な練習方法
ヘッドスタンドができない…と悩んでいませんか?この記事ではヘッドスタンドができない人が3週間で立てるようになった安全で確実な練習のやり方を、ヨガ指導歴10年以上の経験から詳しく解説しています。ヘッドスタンド難易度高過ぎ…でも立ちたいという方必見

立てるけど不安定…という方にも、とても有効です。

 

スポンサーリンク

ヘッドスタンドが安定しない人へ。この3ステップで立てます【秘訣】

ヘッドスタンドが安定しないですか?

そんな場合には、この3ステップ↓

ステップ① うでの使い方
ステップ② お尻の位置
ステップ③ 足の持ち上げ方

これを意識すると、
しっかり立てるようになりますよ。

動画の方が分かりやすいと思うので、
まずはこちらをご覧ください。(②の方です)

 

くわしく順番に説明します。

①うでの使い方

うでの使い方は、3つのステップの中で、
一番重要です。

うでがしっかりと使えてないと、
首をケガしやすいからです。

 

具体的な、うでの使い方はこちら。

・指を軽く組む
ぎゅっと握ってしまうと、力みすぎてしまいやすいので、
軽く組むぐらいがちょうどいいです。

・ひじは肩幅をキープ
肩幅より開いてしまうと、
うでが開いて、つぶれやすくなります。

・前腕で地面を押し続ける
頭を地面から浮かせるくらいのつもりで、
しっかり押し続けてください。

・肩を腰の方に引き下げ続ける
肩が耳の方に上がって来ちゃうと、
首に体重が乗ってしまって、危険です。

 

これらがキツいようであれば、
足上げ練習を続けて、強度を育むべし。
>>【公開】ヘッドスタンドができない人へ。3週間でできる練習方法

 

②お尻の位置

うででしっかりと土台が作れたら、
次のステップ。

 

お尻は、頭の真上まで持って来てください。

そうしないと、身体が斜めになってしまって、
いつまでたっても立てません。

 

そして、
お尻を地面から遠ざけるように、持ち上げ続ける
ことも大切です。

こうすることで、身体をグーっと引き上げ、
首に体重が乗らないようにします。

 

そんなのムリ!という人は、
焦らず、まずは足上げの練習を。
>>【公開】ヘッドスタンドができない人へ。3週間でできる練習方法

これを続けると、体幹が育まれるので、
お尻を正しい位置に持ってくることも、苦ではなくなります。

 

焦りは禁物です。

物ごとが変化するには、
少し時間がかかります。

マインドフルネス瞑想の効果が出るまで「すぐ・長期間」どちらも正しい
マインドフルネス瞑想の効果が出るまで期間はどのくらい?そんな疑問はありませんか?この記事ではマインドフルネス瞑想の「すぐに現れる/時間のかかる効果」について10年間の練習と指導の経験から詳しく解説しています。効果が出ず困っている…という方必見

 

③足の持ち上げ方

ヘッドスタンドの最終ステップ。

足を持ち上げる時は、
片足ずつ、ひざを曲げ、身体に近づけるように
持ち上げてみてください。

勢いよく蹴り上げてしまうと、
反動がついて、倒れやすいからです。

 

膝を曲げたまま、経っていても大丈夫です。

高さがない方が、
立った姿勢を保ちやすいです。

 

もしも大丈夫そうであれば、
片足ずつ、真上にゆっくりと伸ばしてみましょう。

この時に、お尻が頭の真上にないと、
身体が傾いて、バタンと倒れてしまいます。

なので、お尻の位置すごく大事。

 

ヘッドスタンドが安定しない、本当の理由

以上が、
ヘッドスタンドが安定しない人に、
試してほしい3つのステップ
でしたが、

そもそも、
うでの使い方がうまくできない…
お尻が頭の上まで来ない…

という場合は、肩が固い可能性があります。

なので、ヘッドスタンドを練習する前に、
しっかりと、肩を開いてみてください。

 

なぜかというと、
ヘッドスタンドで、身体を垂直に立たせるには、
肩がしっかりと開いて、上の画像のように、
うでと胴体がまっすぐになる必要があるからです。

 

このように肩が開いていないと、
身体が傾いてしまいますし、肩もつぶれやすいので、
安定して立てません。

肩を開くには、ダウンドッグがおすすめです。

【解決】ダウンドッグで肩甲骨が開かない→うでの使い方が違ってます
ダウンドッグで肩甲骨が開かない…その理由はうでの使い方が間違ってるから。この記事では、ダウンドッグで肩甲骨を開くための”腕の使い方”について、10年以上の練習と2万人の指導経験をもとに詳しく解説しています。ダウンドッグで肩甲骨開きたい人必見

 

ヘッドスタンドが安定しない人へ。この3ステップで立てます【秘訣】まとめ

ヘッドスタンドが安定しない時は、
①うでの使い方
②お尻の位置
③足の持ち上げ方

の3ステップで入るようにしてみてください。

また、
肩をしっかりと開く
ことも、とても大切です。

 

ポーズは、力づくで入ろうとしても、
かえって身体を緊張させてしまい、逆効果です。

むしろ、瞑想のように、
自分を観察する練習だと思ってみてください。

ヨガのポーズ練習が、もっと深いものになるはずです。

 

● 瞑想について、もっと詳しく知りたい方はこちら

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

1日5分の瞑想で、人生は大きく変わります。

 

他のポーズについても書きました。

● ダウンドッグ 

【朗報】ダウンドッグでかかとがつかない←つけなくてOKです【理由は簡単】
ダウンドッグでかかとがつなかい…とお悩みですか?この記事では、ダウンドッグでかかとがつかなくてもよい理由、かかとをつけるにはどうしたらいいか?について約2万人を指導した経験からくわしく解説しています。ダウンドッグでかかとがつかない人必見です

● バカーサナ

【バカーサナのやり方①】ポイントは腕の使い方|まずは土台作り【力はいらない】
バカーサナのポイントを知りたいですか?バカーサナを安全に練習するためのコツは、まずは腕の土台を作ることです。力はそんなに必要ではありません。手のひらで地面をつかみ、ヒジを寄せ、肩を引き下げるだけです。バカーサナがむずかしい・・という人必見です

 

記事が参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました