鼻呼吸が苦しい人必見。口呼吸になる4つの原因と改善方法

スポンサーリンク
呼吸
スポンサーリンク
この記事を書いた人

瞑想・ヨガ講師|会社員時代にうつ経験(30歳〜約10年間)|その後ヨガ・呼吸・瞑想指導歴10年15,000人以上(E-RYT500 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|修行中

キラーケンをフォローする

鼻呼吸が苦しい…
口呼吸になってしまう原因が知りたい

そんな悩みにお答えしましょう。

筆者は子どもにぜんそくがあり、鼻呼吸が苦しかったりしました。

また大人になってからも、うつや体調不良などで口呼吸がくせになっていましたが、今では鼻呼吸ができるようになりました。

そこで今回は、鼻呼吸が苦しい人必見。口呼吸になる4つの原因と改善方法と題して、筆者の経験を詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鼻呼吸が苦しい人必見。口呼吸になる4つの原因と改善方法

鼻呼吸が苦しい…
どうしても口呼吸になってしまう

その原因は、筆者の場合は主に次の4つが考えられました。

・鼻づまり
・噛み合わせ
・顔の筋肉のゆるみ
・くせ

それぞれどういうことか、原因と改善方法を、詳しく解説していきます。

① 鼻づまり

鼻呼吸が苦しく、口呼吸になる原因の1つ目は、鼻づまりです。

鼻に空気が通らないと当然苦しいですし、自然に口呼吸になってしまうわけです。

物理的に鼻がつまっている場合は、鼻の穴を洗浄するのがおすすめです。

筆者は毎朝、鼻うがいを続けているので、鼻がつまるということが、今ではほとんどありません。

鼻うがいのやり方は、こちらに詳しく書きました↓

また、鼻づまりの原因として多いのが花粉症です。

花粉症を、体質から改善することは、時間はかかりますがより本質的なアプローチだと思います。

筆者は、ネトルティーというハーブティーを飲んで、花粉症が年々改善してきています↓

また、鼻づまりとはちょっと違うんですが、筆者は生まれつき鼻腔が狭いと診断されたことがあります。

その場合は、ブリーズライト(鼻腔を広げるテープ)がおすすめです。

こういったものです↓

created by Rinker
ブリーズライト
¥1,680 (2024/04/15 13:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

空気の通り道が広がって、とても鼻呼吸がしやすくなりました。

② 噛み合わせ

口呼吸や、鼻呼吸が苦しいと感じる原因の2つ目は、噛み合わせです。

歯が正しく触れ合わないと、口が完全に閉じないので、自然と口呼吸になりやすいからです。

筆者は子どもの頃から噛み合わせが悪く、それが原因で、体調にもさまざまな影響がありました。

そのことについては、歯列矯正ブログに詳しく書いています↓

【噛み合わせが悪い】歯列矯正で5つの悩みが改善されました【体験談】
噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です...

歯列矯正をしたことで、噛み合わせや下あごの位置が正しい場所に戻り、鼻呼吸がとてもしやすくなりました。

歯列矯正の治療の様子は、動画で記録をとって、YouTubeにもすべてアップをしていますので、興味があればぜひご覧ください↓

歯列矯正の経過 4年間の全記録
こんにちは、ケンです。 2018年春から始めた歯列矯正の、経過や変化をすべて記録しています。 ・少年期 よく虫歯になっていました。出っ歯がものすごくコンプレックスでした。 ・青年期 噛み合わせがよくなく、食いしばったり踏ん張るということが上...

③ 筋肉のゆるみ

口呼吸になってしまう原因、3つ目は、筋肉のゆるみです。

口輪筋が正しく使われていないと、口もとが緩んでしまい口呼吸になりやすいんだそうです。

顔の筋肉も、他の筋肉同様、鍛えることができます。

もっとも簡単な方法は、笑うこと。

笑いは、顔のたくさんの筋肉を動かすので、口を閉じる筋肉も鍛えられます。

自律神経も整えられ、呼吸もゆっくり深くなるので、より鼻呼吸がしやすくなると思いますよ。

詳しくはこちらをどうぞ↓

ガムを噛むのも、鼻呼吸をしやすくするのに効果的です。

歯科専用ガムというのがあるんですが、コンビニで売られているものより弾力が強いので、口の力を鍛えるのにおすすめです↓

created by Rinker
株式会社オーラルケア
¥2,428 (2024/04/15 13:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

④ くせ

鼻呼吸が苦しい原因、最後4つ目は、くせです。

長年、口呼吸のくせがついていると、すぐに鼻呼吸に戻すのはムズカシイですよね…。

改善方法はシンプルです。

鼻呼吸の練習を、毎日2、3分でいいので続けてみてください。

いきなり、たくさん練習しようとすると苦しいです。

簡単な練習方法を、下の記事に書いたので、参考にしてみてください↓

スポンサーリンク

鼻呼吸が苦しい原因は・・”ストレス”の可能性も

鼻呼吸が苦しい原因はわかったけど、それでも口呼吸が治らない…

そんな場合はもしかしたら、ストレスが原因かもしれません。

実は筆者は、ヨガと瞑想の講師をしています。

生徒さんの中にも口呼吸で悩んでいる方も多いのですが、そういった方の多くが、ストレスをたくさん抱えているんです。

ストレスの抱えすぎは交感神経を高め、呼吸を速く、浅くさせてしまいます。

鼻呼吸よりも口呼吸の方が、空気の出し入れがたくさんできるので、どうしても口呼吸になりやすいんですよね。

なのでもしも、鼻呼吸が苦しい/口呼吸になってると感じたら、瞑想を習慣にするのもおすすめです。

1日5分で大丈夫です。

一人静かに過ごす時間は、ストレスを減らし呼吸を穏やかにしてくれるので、鼻呼吸もしやすくなると思います。

簡単に始められる瞑想のやり方を、こちらの記事に書いたので、興味があれば参考にしてみてください↓

じっと座ってるのが苦手…という人は、身体を動かしながら行う瞑想のやり方もあります↓

呼吸と瞑想の練習を同時に行える方法もありますよ↓

鼻呼吸が苦しい人必見。口呼吸になる4つの原因と改善方法 まとめ

以上、鼻呼吸が苦しい人必見。口呼吸になる4つの原因と改善方法というテーマで解説をしました。

口呼吸を安全に改善する方法は、こちらにもさらに詳しく書きました↓

特に呼吸を吐く時が苦しい…という方は、こちらが参考になれば↓

鼻呼吸が苦しい場合は、呼吸法の練習もおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました