花粉症は食事で体質改善。避けた方がいい食べ物をヨガ講師が詳しく解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

瞑想・ヨガ講師|会社員時代にうつ経験(30歳〜約10年間)|その後ヨガ・呼吸・瞑想指導歴10年15,000人以上(E-RYT500 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|修行中

キラーケンをフォローする

花粉症って、食事で改善できるの?
花粉症の人が、避けた方がいい食べ物が知りたい…

そんな疑問や悩みにお答えしましょう。

筆者は、7、8年前くらいが花粉症のピークで、年々症状は軽くなってきています。

2020年の4月現在、症状はまったくなくほぼ完治

そこで今回は、花粉症は食事で体質改善。避けた方がいい食べ物をヨガ講師が詳しく解説と題して、筆者がどんな食事をしたのか、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症は食事で体質改善。避けた方がいい食べ物をヨガ講師が詳しく解説

花粉症だった筆者が、どんな食事で体質改善をしたのか?

具体的には、これらの食べ物をなるべく食べないようにしました↓

①小麦粉
②白砂糖
③白米
④添加物/加工食品
⑤牛乳

花粉症というのは、

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの症状が特徴的な症候群のこと

Wikipedia 花粉症

とありますが、花粉の方に問題があるとは筆者は考えていません。

なぜなら、花粉は何万年も前から、この地球上に存在していたでしょうから。

なので花粉症を発症する要因は我々の側、特に食事や生活スタイルなどにあると考えた方が自然ですよね。

筆者は上記のような食べ物を控えることで、花粉症の症状がほぼおさまっただけでなく、心身ともにたくさんの変化がありました。

それぞれ順番に、避けるといい理由代わりになる食べ物について、詳しく説明していきます。

① 小麦粉

花粉症の筆者が、体質改善のためのに避けていた食べ物1つ目は、小麦粉です。

具体的に言うと、パンや焼き菓子ラーメンやパスタなどですね。

小麦粉を原料とした食べ物、もちもちした食感で美味しいですよね…。

あの美味しいもちもちは、グルテンと言います。

粘り気があるので腸で吸収がされにくく、腸内に留まったり粘膜を傷つけてしまうんです。

すると腸内環境が乱れたり、傷ついた腸壁から毒素が体内に回ったりして、花粉症の症状(アレルギー反応)につながります。

筆者の場合、この小麦粉を控えるのが一番大変でした。

特にパンは大好物だったので、5年くらい時間をかけてちょっとずつ減らし、食事の内容を変えていきました。

今ではパンを食べるのは、年に数回です。

小麦粉を控えるようになって、花粉症以外にすごく良かったのは身体がすごく軽くなったこと。

炎症や、関節・神経の痛みなども、驚くほど改善しました。

米粉

花粉症の体質改善をする食事として、小麦粉の代替品として米粉を使うのはどうでしょうか。

例えばパンや揚げ物などは、小麦粉の代わりに米粉で作ると、サクッとした食感が味わえます↓

created by Rinker
オーサワジャパン
¥1,900 (2024/06/19 01:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

米粉のお菓子も、今はたくさん販売されています↓

オーサワジャパン 米粉クッキー(メープル) 60g×4個
オーサワジャパン

麺類が好きな方は、タイやベトナムのフォー(米粉の麺)で代用してみてはどうでしょうか↓

created by Rinker
ロータスブランド(LOTUS BRAND)
¥958 (2024/06/19 01:45:07時点 Amazon調べ-詳細)

② 白砂糖

花粉症の体質改善のための食事法、避けるとよい食べ物の2つ目は、白砂糖です。

なぜなら白砂糖は、身体を冷やす性質を持っているから。

身体が冷えると免疫力が低下して、花粉症の症状がひどくなったり、悪化したりしやすいんですよね。

白砂糖を減らすのも、かなりの時間がかかりました。

白砂糖は人工的に白く精製されたモノなので、食べ物というよりは、もはやケミカルドラッグと言ってもいいかもしれません。

それだけ中毒性が高いんです。

急にやめようとすると、禁断症状やリバウンドが起こることもあります。

なので、日々の食事の中で、少しずつ時間をかけて減らしていくのがいいと思います。

筆者は5年くらいかかりました。

花粉症の症状が改善する以外にも、身体の重さをあまり感じなくなったり、日中に眠くなることがほとんどなくなりました。

黒糖・てんさい糖

花粉症を改善する食事としておすすめしたいのは、自然な食べ物から甘さを摂ることです。

甘いものがすべてダメ、というわけではないんです。

例えば黒糖やてんさい糖など、出来るだけ精製されていない、添加物の入っていないものを選ぶといいです。

特に筆者がおすすめしたいのは、こちら。

沖縄県波照間島のさとうきびを煮詰めて作った黒糖で、シャリシャリした食感と、コクのある甘さがとても美味しいです↓

created by Rinker
波照間黒糖
¥1,648 (2024/06/19 09:16:03時点 Amazon調べ-詳細)

北海道産の甜菜から作られた、穏やかで優しい甘さが特徴。製造も北海道で行われているので安心感があります↓

真っ白ではなく、自然な色が残っていることを目安に選ぶとよいと思います。

ただし、スーパーなどで安く売られている三温糖やブラウンシュガーなどは、白く精製した後に着色しただけのものもあるので、注意が必要です。

白砂糖はなぜ摂らない方がいいのかについては、こちらにさらに詳しく書いたので、興味があればぜひお読みください↓

③ 白米

花粉症改善のために避けるといい食べ物の3つ目は、白米です。

えっ、お米もダメなの?と思われるかもしれませんが、②の白砂糖と同じで、白米も白く精製(精白)された人工的な食べ物だと言えるからです。

本来持っている栄養素がほとんど削り落とされて、栄養素が不自然に偏ってしまっています。

すると血糖値を急上昇させてしまい、花粉症の症状を引き起こしやすいです。

玄米

筆者は毎日の食事で、玄米をできるだけ食べるようにしました。

玄米のボソボソした食感が苦手という人も多いと思うので、筆者がおすすめの方法をご紹介します。

一つ目は、玄米を少しだけ精米してもらう方法です。

お米屋さんや直売所には精米機が置いてあると思うんですけど、「○分づきにしてください」と、精米する割合をリクエストするんです。

0分が完全な玄米、10分が完全な白米という意味です。

例えば5分づきの玄米だと、白米と玄米の中間くらいになるので、完全な玄米よりも食べやすい食感になります。

もう一つは、白米と玄米を半々くらいに混ぜて炊く方法です。

他の雑穀を混ぜても、食感が変わって楽しいと思います。

これらの方法で、筆者は毎日の食事で白米→玄米への移行ができました。

④ 添加物/加工食品

花粉症の体質改善する食事法4つ目は、添加物や加工食品を避けることです。

理由は、自然界にもともと存在しない食べ物には、身体が拒否反応を示すから。

そのアレルギー反応が、花粉症の症状も誘発させていると、筆者は考えます。

自炊と発酵食品

筆者がやった方法は、自炊と発酵食品です。

ファストフード店やチェーン店などでは、添加物や加工食品を口にしない方がむずかしいですよね。

なので朝昼晩、ほとんどすべての食事を自炊するようにしました。

すると、自分で何を食べるかコントロールできますし、なにより節約にもなります。

調理方法にもこだわるのであれば、アルミの鍋ではなく鉄の調理器具を使うことをおすすめします。

鍋から溶け出したアルミニウムは、脳や神経系などへの影響が懸念されているからです。

詳しい理由とおすすめの調理器具は、こちらにまとめました↓

また、コンビニで食べ物を買わないようにもしました。

「いやあ、コンビニがないと生きていけない…」という方は、裏の成分表示ラベルを見て、できるだけ原材料の少ないものを買うとよいと思います。

ナントカ酸とか、やたら長いカタカナ名が書かれているものは、避けた方が無難です。

ただ、コンビニでそれやると、ほとんど買えるものはないかもしれませんが…

納豆、味噌、酢、ヨーグルトなどの、発酵食品もできるだけ多く食べるようにしました。

アミノ酸などの化学調味料は、旨味を人工的に作ったものです。

発酵食品を料理に使えば、それだけで十分に旨味が味わえます。

発酵食品をなぜ食べるべきなのかは、こちらに詳しく書いたので、参考になれば↓

⑤ 牛乳

花粉症だった筆者が体質改善のために控えた食べ物5つ目は、牛乳です。

動物性のタンパク質を過剰に摂ると、腸で分解しきれず、身体がそれを排出しようとします。

それが、花粉症の症状の悪化にもつながるようです。

お茶・白湯

花粉症の体質改善には、お茶がおすすめです。

特に筆者は、下のネトルティーというハーブティーを飲み始めてから、花粉症の症状がものすごく軽くなりました。

created by Rinker
生活の木
¥2,738 (2024/06/18 13:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

ネトルティーの効果や飲み方は、詳しくこちらに書きました↓

白湯(さゆ)もおすすめです。

筆者は今でも毎日、朝一番に白湯を飲むのを習慣にしてますが、花粉症だけでなく身体の調子がものすごくいいです。

体温が上がると免疫力も高まります。

食事の前に飲むと内臓の働きも活発になり、消化吸収の促進になると感じてます。

白湯の効果や健康にいい理由は、こちらをどうぞ↓

スポンサーリンク

花粉症は食事で体質改善。避けた方がいい食べ物をヨガ講師が詳しく解説  まとめ

以上、花粉症は食事で体質改善。避けた方がいい食べ物をヨガ講師が詳しく解説というテーマでお伝えしました。

筆者が食品添加物を摂らない理由は、花粉症以外にもたくさんあります。

詳しくはこちらに書きました↓

心身が緊張していると、免疫力下がって花粉症の症状にも影響します。

いつも力んでるかも…という方は、こちらをどうぞ↓

洗剤などに使われる化学物質も、花粉症に大きく関係していると筆者は考えています。

ケミカルなものは避けたいなという方は、お湯シャンプーはいかがですか?

筆者の体験を、こちらに詳しく書きました↓

呼吸が速く浅い人は、自律神経が乱れて花粉症に反応しやすくなっているかも。

こちらが参考になれば↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました