スポンサーリンク

瞑想とは何か?やり方や効果をヨガ講師が超簡単に説明【動画あり】

公園で遊ぶ姉弟と夕日瞑想
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|YouTubeで公開修行中

瞑想とは何ですか?
瞑想のやり方や効果がよく分かりません…

そんな疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから、瞑想やヨガの練習を続けています。

2012年からは講師として、
これまでに約20,000人に指導もしてきました。

ケンのプロフィール

 

そうした経験から今回は、
瞑想とは何ですか?という問いに対して、
分かりやすく簡単に、解説をしたいと思います。

 

ちなみにぼくは現在、
持ち物を手放し、スーツケース1つで暮らしています。

生活の様子は、Twitterなどで発信していますので、
興味があればのぞいてみてください。

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

スポンサーリンク

瞑想とは何か?やり方や効果をヨガ講師が超簡単に説明【動画あり】

公園で遊ぶ姉弟と夕日

瞑想とはいったい何ですか?
と聞かれたとき、できるだけ簡単に答えるとしたら、

何かに意識をむけ続けること

と答えます。

 

そして、もう少し踏み込んで答えると、

瞑想とは、何か特定の行為ではなく、状態のこと

だと答えます。

 

瞑想というと、動かずに座って目を閉じる
という行為を思い浮かべませんか?

だけどそれは、
瞑想状態に入るには、そうすると比較的簡単だよ、
ということだと思うからです。

 

瞑想するぞ!と思っていなくても、
日常のふとした時に、瞑想状態を体験したことはないでしょうか?

たとえば、

・散歩中に突然、大きな自然の流れを感じた
・シャワーを浴びている時に、宇宙とつながる感覚があった
・何かに没頭していたら、悩み事が頭の中から一掃されていた

こんな経験はありませんか?

 

それを瞑想と呼ぶか否かは、解釈が分かれるかもしれませんが、
大きな意味では、瞑想状態と言ってもいいと思います。

【瞑想ブログ】瞑想を続けた8年間の変化【すべて公開】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

 

瞑想状態とは、どんな状態?

ではその瞑想状態とは、
いったいどういった状態で、どんな効果があるのでしょうか?

さまざまな視点から、瞑想が定義されています。

 

これも、できるだけ分かりやすく、
簡単な説明になるように、試みてみます。

ハタ・ヨーガの瞑想

ハタ・ヨーガの経典、ヨーガ・スートラには、

瞑想とは、対象への認識作用の絶え間ない流れである

と書かれています。

 

わっ!いきなり簡単じゃなかったですね…

なので、もっと簡単になるように、
ぼくなりに言い換えると、

ただ単に、何かひとつに意識が集中し、観察している状態

と、言えるかなと思います。

 

絶え間ない流れというのは、
おそらく、意図や意志というものがない、という意味だと思います。

なので、
何か効果を期待して集中している時点では、
まだ瞑想の前の段階。

何の意図もない、ニュートラルな状態になって初めて、瞑想と呼べる

そんなふうに解釈ができます。

 

ちなみに、無になる
というのとは、また違うとぼくは思っています↓

瞑想=無になるではない。無になれない…と諦めている人のための3つのコツ
瞑想で無になるのが難しいと感じていませんか?この記事では「瞑想=無になる」ではない理由、瞑想をより効果的なやり方について、約10年間瞑想を練習し指導してきた経験と文献をもとに詳しく解説しています。瞑想で無になることができない…という方必見です

 

別の言葉でいうならば、
トランス状態やゾーン、フロー状態、
などと言ったところでしょうか。

 

マインドフルネスの瞑想

また、瞑想と非常に近い概念に、
マインドフルネスというものがあります。

 

マサチューセッツ大学マインドフルネスセンター創設所長の、
ジョン・カバット・ジンは、

意図的に、今この瞬間に評価や判断をせず、注意を払うこと

が、マインドフルネスである、言っています。

 

先に紹介した、ヨーガ・スートラの瞑想の定義と、
とてもよく似ています。

 

このように瞑想は、人によって、流派やスタイルによって、
さまざまな定義や効果があると言えます。

ですが、表現が違うだけで、
本質的には同じ状態のことを言っていると、ぼくは感じます↓

【瞑想の本】おすすめはコレ。ヨガ講師が厳選した必読7冊
瞑想の本、何を読めばいいのか迷っていませんか?この記事では、25年以上の瞑想歴を持つヨガ講師が、これまでに読んだ本の中からぜひおすすめしたい、役に立った本を厳選してご紹介しています。瞑想の本を探している人、これから瞑想を始めたいという方必見

 

瞑想状態に入るやり方

瞑想状態に入るための方法や、
それを練習する方法は、瞑想法と呼ばれます。

簡単なものから、苦行と呼ばれるようなものまで、
たくさんのやり方があります。

座って行う瞑想法

瞑想と聞いて、よく想像するのは、
上のようなイメージではないでしょうか?

静かな環境で、動かず座り続けることは、
たしかに瞑想状態に入りやすい、方法のひとつです。

 

座って瞑想を行う場合の「座り方」は、こちらに詳しく書きました↓

瞑想の座り方3種類|あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐をやさしく解説
瞑想の3つの座り方[あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐]について知りたいですか?この記事では瞑想に適したあぐら・結跏趺坐・半跏趺坐について具体的な方法と注意点を、25年以上の瞑想歴と指導経験をもとに詳しく解説しています。瞑想の座り方がよく分からない方必見

 

横になって行う方法

横になって行う、瞑想の練習方法もあります。

ヨガでは、
ヨーガ・ニードラなどとも呼ばれています。

 

座って行うよりも、楽な姿勢で行えるので、
気軽に簡単に行うことができますが、
寝てしまわないように、注意が必要です。

詳しくはこちら↓

【誰でも】仰向けで瞑想するやり方。座るのがむずかしい人必見【簡単】
仰向けで瞑想する方法を知りたいですか?この記事では、仰向けに寝ころがったまま瞑想をする方法、メリットや注意点、おすすめの時間帯やタイミングなどを詳しく解説しています。座って瞑想するのが難しい、横になって瞑想する方法が知りたいと言う方必見です

 

歩く瞑想

歩くことに意識を向ける、瞑想の方法もあります。

仏教では「歩行禅」、
中国気功では「行功」と呼ばれています。

 

歩く時に、

足の重さ
地面の感触
足の角度や降ろす位置

など、動きや質感などを丁寧に観察する瞑想法です。

 

通勤中や散歩中に簡単にできるので、
忙しくて、静かに座る時間なんか取れない、
という人には効果的かもしれません。

詳しいやり方はこちらに書きました↓

歩行瞑想のコツ|効果的な歩く瞑想のやり方をヨガ講師が解説
歩行瞑想のコツを知りたいですか?この記事では、歩く瞑想の基本的なやり方や室内で行う場合の方法、さらに効果を高めるためのポイントなどについて、瞑想歴20年以上のヨガ講師が詳しく解説します。座って行う瞑想が苦手…歩く瞑想をやってみたいという方必見

 

食べる瞑想

食べることに意識を向ける、瞑想法もあります。

食材の色や形
重さや柔らかさ
口に入れた時の味や舌触り
温度
飲み込む感触

などなど、
食べるという行為のひとつひとつに、
意識を向ける瞑想のやり方です。

 

こちらに詳しく書きました↓

食べる瞑想のやり方|毎日の食事が人生を変える、とっておきの瞑想法
食べる瞑想のやり方が知りたいですか?この記事では、食べる瞑想の具体的なやり方やコツ、うまくできない時の対処法などについて、10年以上の練習と指導の経験をもとに詳しく解説をしています。瞑想する時間がない…食べる瞑想やってみたいという方必見です

 

アクティブ・メディテーション

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)は、
ダイナミック瞑想を始めとする、
激しく身体を揺らしたり、言葉にならない音声を発するなどの、
アクティブ瞑想と呼ばれる方法を、いくつも提唱しています。

一般的な瞑想のイメージがひっくり返る、
面白い瞑想法です。

 

瞑想は、簡単だけど難しい…

瞑想状態に入る方法をあれこれ試してみたけど、
簡単なようでなかなか難しい…

という声もあると思います。

ぼくも経験があるので、
気持ちはすごくよく分かります。

 

結論から言うと、

瞑想も、まずは基本から

だと痛感しています。

 

なので、
いきなりトリッキーな瞑想法を行うよりは、
まずは基本的な、いわゆる座って行う瞑想法で、
練習をするのがよいと思います。

 

瞑想に限らず、
あらゆる物ごとは、まずは型を習得することで、
学習効果が高まるからです。

基盤を作ってから、応用、発展へと進むのが、
もっとも着実な方法です。

 

ぼくがこれまで瞑想を続けてきて感じた、
コツや効果的な方法などは、こちらに詳しくまとめました↓

【簡単にできる瞑想のやり方】準備・終わり方・効果【すぐできます】
簡単にできる瞑想のやり方が知りたいですか?この記事はすぐにできる簡単な瞑想のやり方、座り方などの準備、瞑想の終わらせ方や注意点などについて詳しく解説しています。瞑想に興味があるけど難しそう・・簡単な瞑想のやり方はないの?という方は必見です。

 

ちょっと慣れてきたな、という方はこちら↓

瞑想のやり方5つのコツ|10年続けられたおすすめの方法
瞑想のコツを知りたいですか?この記事では、無理なく瞑想を始める/続けるためのコツややり方を、これまでの練習と指導経験をもとに、分かりやすく解説しています。これから瞑想を始めてみたい、瞑想をやり始めたけどなかなか続かないという方必見です。

 

瞑想とは何か?やり方や効果をヨガ講師が超簡単に説明【動画あり】まとめ

以上、
瞑想とは何か?やり方や効果をヨガ講師が超簡単に説明【動画あり】
というテーマで解説しました。

 

動画でもご覧いただけます↓

瞑想とは、行為ではなく状態

 

瞑想は、少し練習をしたから、
簡単に瞑想状態に入れる、というものでもありません。

入れる時もありますが…
それがまた、瞑想の面白いところでもあります。

 

瞑想の極意があるとしたら、それは続けること

続けるコツは、こちらをどうぞ↓

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレス...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeやってます↓
チャンネル登録はこちら↓



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
キラーケン
タイトルとURLをコピーしました