スポンサーリンク

瞑想のやり方5つのコツ|10年続けられたおすすめの方法

瞑想を始める、続けるコツ。座るだけじゃなくてどこでもできる瞑想
dreamypixel / Pixabay
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

瞑想に興味があるので、やり方が知りたい
瞑想を始めたけど、コツがつかめずなかなか続かない…

そんな悩みにお答えします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから瞑想やヨガの練習を続けています。

【瞑想ブログ】瞑想を続けた8年間の変化【すべて公開】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

 

現在は講師として、各地で指導もしており、
瞑想のコツってありますか?
という質問を、よくもらいます。

そこで今回は、ぼくが実践している方法や、
ちょっとしたやり方のコツをシェアします。

 

このブログ以外にも、
瞑想や心身の健康、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

役に立ちそうだなと思ったら、ぜひのぞいてみてください。

 

スポンサーリンク

瞑想のやり方5つのコツ|10年続けられたおすすめの方法

瞑想のやり方のコツは、たくさんありますが、
ぼくがおすすめしたいのは、次の5つです。

①正しい姿勢で瞑想する
②何か1つのことに集中する
③短い時間からはじめる
④瞑想の記録をつける
⑤効果を期待しない

 

これは何も瞑想のやり方に限ったことではなく、
あらゆることに共通する、コツではないかと思います。

詳しく順番に、解説していきます。

①正しい姿勢で瞑想する

瞑想のやり方のコツ、1つ目は、

正しい姿勢で瞑想する

ことです。

 

瞑想する時の姿勢が良くないと、
途中で足がしびれたり、
眠くなってしまうことがあるからです。

 

瞑想時の足の組み方は、あぐらがおすすめです。

詳しくはこちら↓

瞑想の座り方3種類|あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐をやさしく解説
瞑想の座り方にはどんな種類があるか知りたいですか?この記事では瞑想に適した座り方[あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐]について具体的な方法と注意点を、長年の練習と指導の経験をもとにくわしく解説しています。瞑想の座り方がよく分からないという方必見です

 

できれば毎回、
左右を入れ替えるのがおすすめですが、
慣れないうちは、組みやすい方で続けて問題ありません。

ムリして組みにくい方で行うと、
足が痺れたり、姿勢が傾いたりして、
瞑想に集中しにくかったりするからです。

 

お尻の下に座布団やブランケット、毛布などを折りたたんで、
少し高さを作ってあげるのも、コツです。

体が傾かず、安定して座りやすいです。

【必須】瞑想時の姿勢がつらい人におすすめのグッズ5選【タイプ別】
瞑想の姿勢を保つのに便利なグッズをお探しですか?この記事では10年以上の練習と指導の経験から、瞑想の姿勢がつらい…という人におすすめのグッズを、猫背になる、身体がゆれる、などタイプ別に紹介しています。何を選んでいいか分からない…という人必見です

 

膝や股関節などにケガや痛みなどがある人は、
椅子に座って瞑想をしても大丈夫ですよ。

椅子に座る瞑想のやり方3つのポイント。床に座るのがつらい人必見
椅子に座って行う瞑想のやり方が知りたいですか?この記事では、瞑想を椅子に座って行う際のポイント①椅子の選び方②椅子への腰掛け方③足の位置、などについて約10年間の練習と指導経験から詳しく解説しています。椅子に座って瞑想したいという方必見です

 

座るのが難しい場合は、
仰向けになって行う瞑想のやり方もあります。

【誰でも】仰向けで瞑想するやり方。座るのがむずかしい人必見【簡単】
仰向けで瞑想する方法を知りたいですか?この記事では、仰向けに寝ころがったまま瞑想をする方法、メリットや注意点、おすすめの時間帯やタイミングなどを詳しく解説しています。座って瞑想するのが難しい、横になって瞑想する方法が知りたいと言う方必見です

 

座ったり横になると、どうしても寝てしまう…という人には、
動きながら行う、瞑想のやり方をおすすめします。

座ってられないけど瞑想したい人のための3つの瞑想法
瞑想をしたいんだけど、じっと座ってられない…そんな悩みはありませんか?この記事では、座って瞑想をするのが難しいという人におすすめの3つの瞑想法を、長年の練習と指導の経験から詳しく解説しています。座らずに瞑想する方法が知りたいという方必見です

 

② 何か1つのことに集中する

瞑想のやり方のコツ、2つ目は、

何か1つのことに集中する

ことです。

 

コツどころか、
それこそが「瞑想」といってもいいかもしれません。

今ここに意識を向ける瞑想の方法|初心者にもおすすめの2つのやり方
今ここに意識を向ける瞑想の方法を知りたいですか?この記事では、意識を今ここに集中するための方法について、瞑想指導歴10年以上の経験をもとに、体験談を交えて詳しく解説しています。今ここに意識を集中し、健康でストレスのない毎日を過ごしたい方必見

 

何に集中するのかは、
正直、なんでもいいと思います。

個人的には、

・体感覚
・呼吸

に意識を向けるのが、おすすめです。

体感覚に集中する瞑想

・皮膚で感じる温度
・お尻で感じる体の重さ
・服の感触

といったものに、意識を向けるのがコツです。

具体的なやり方としては、
ボディスキャン瞑想がおすすめです。

詳しいやり方はこちら↓

ボディスキャンが難しい人へ「集中力」を効果的に高める3つの方法
ボディスキャンが難しい…と感じていませんか?この記事では、集中力を高めるためのボディスキャンの効果的な方法について、10年以上の瞑想指導の経験から、くわしく解説をしています。ボディスキャンが難しい…効果的な方法が知りたいという方は必見です

【呼吸】に集中する瞑想

自然に行われている呼吸

に集中します。

集中しにくいようでしたら、
少し長めに、吸ったり吐いたりするとよいです。

 

呼吸の数や長さをカウントする瞑想のやり方やコツは、
たくさんの方法があります。

詳しくはこちらを参考にしてみてください↓

【呼吸に集中する瞑想】今すぐイライラを消す簡単な方法【忙しい人必見】
呼吸に集中する瞑想のやり方が知りたいですか?この記事では呼吸に意識を向ける瞑想のやり方、コツや注意点などについて、10年以上の練習と指導の経験をもとに詳しく解説しています。無理なくすぐに始められる呼吸に集中する瞑想のやり方が知りたい方必見です

 

③短い時間からはじめる

瞑想のやり方のコツ、3つ目は、

短い時間からはじめる

です。

 

個人的には、40分〜1時間くらいの長さが、
瞑想には適していると感じます。

なぜなら、
瞑想には段階があり、時間をかければかけるほど、
深く入れるように感じるからです。

瞑想の時間の目安は「楽しく続けられる長さ」まずは5〜10分でOK
瞑想の時間の目安は何分くらいが効果的か知りたいですか?この記事では瞑想を楽しく続けられる時間の目安や根拠について、瞑想指導歴10年以上の経験から詳しく解説しています。瞑想したいけど長時間はちょっと…効果的な時間の目安が分からないという方必見

 

とはいえ、
いきなり1時間の瞑想をするというのは、
ハードルが高いですよね。

なので、
最初は10分でも5分でもいい、くらいのやり方が、
無理なく瞑想を続けるコツです。

 

27日間、同じことを続けると習慣になる、
と言われています。

まずは負担のない長さから、始めてみてください。

瞑想に効果のある時間はいつ?あなたの1日の過ごし方によって違います
瞑想するのに効果のある時間はいつか、知りたいですか?この記事では、1日の過ごし方によってどの時間が瞑想するのに最適なのかを、10年以上の練習や指導経験をもとに詳しく解説しています。せっかくやるなら効果のある時間に瞑想をしたい、という方必見です
【必見】瞑想の時間帯は朝夜いつやるのがおすすめ?【逆効果もあり】
瞑想の時間帯は朝夜いつやるのがいいか知りたいですか?この記事では、瞑想を行う時間帯による効果の違い、各時間帯におすすめの瞑想のやり方などについて、約2万人の瞑想を指導した経験から詳しく解説しています。瞑想におすすめの時間帯が知りたい方必見です

 

長すぎる瞑想も、
あまりおすすめではありません。

気持ちいいからといって、瞑想にどっぷりはまってしまうと、
現実世界から離れてしまいがちになるからです。

 

この社会で生きている以上、
現実の社会からあまりに距離をとってしまうと、
かえって、生きづらさは増してしまういます。

 

ぼく自身、そうなってしまいそうな時があったので、
やりすぎは、ほどほどに。

その時の体験談は、こちら↓

【瞑想で人生は変わる】は正しいけど瞑想だけでは何も変化しない【体験談】
瞑想で人生は変わる?ということについて知りたいですか?この記事では、瞑想だけではなく、行動しないと人生が変わらない理由。瞑想で人生が変わると信じていた頃の体験談などを詳しく解説しています。人生を変えたいけどどうすればいいの?という人必見です。

 

④瞑想の記録をつける

瞑想のやり方のコツ、4つ目は、

瞑想の記録をつける

です。

 

細かく記録しようとすると、続かないと思うので、
メモ書き程度で記録するのが、コツです。

iPhoneなどのアプリなどを使うやり方も、
ありだと思います。

 

ブログやSNSに投稿するのも、おすすめです。

毎日、投稿すると決めれば、
瞑想を続けるモチベーションにもなるからです。

 

⑤効果を期待しない

瞑想のやり方のコツ、最後5つ目は、

効果を期待しない

ことです。

 

例えば恋愛で、

彼氏・彼女ゲットしたい!!

って必死になるほど、
なかなか、叶わなかったりしますよね。

 

瞑想をしていると、

・自分が拡大していく感覚
・体が軽くなって地面から浮いたような感覚
・宇宙からの声が聞こえた

など、いわゆる神秘体験をすることがあります。

 

ぼく自身も、

・自分が直径1kmくらいまで広がる
・体中に電流が走って、頭の中が煌々と光る
・突然涙が流れる

といった、経験をしたことがあります。

 

こういったことは、たまーに起こります。

だけど、それをもう一度得ようと思っても、
2度目はまず起こりません。

 

そもそも、そうした神秘体験を得ることが、
瞑想の目的ではありません。

 

瞑想に、効果は期待せず、
ただただ座って、静かな時間を持つ、
くらいのやり方が、瞑想を長く続けるコツだと思います。

【瞑想初心者必見】あなたの瞑想の質を向上させる5つのコツ
初心者にもできる瞑想のコツを知りたいですか?この記事では瞑想初心者がついついやってしまいがちな間違ったやり方や、効果的に瞑想を行うコツについてくわしく解説しています。瞑想を始めたばかりの初心者の方、なかなか瞑想が続かないという方必見です。
【瞑想ブログ】瞑想を続けた8年間の変化【すべて公開】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

 

瞑想のやり方5つのコツ|10年続けられたおすすめの方法  まとめ

以上、
瞑想のやり方5つのコツ|10年続けられたおすすめの方法
というテーマで解説をしました。

 

瞑想は、長く続けることが、
一番のコツです。

1日5分で、人生は大きく変わります。

瞑想について、本格的に知りたい方は、
ぜひこちらを参考にしてみてください↓

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました