スポンサーリンク

会話力をムリなく上げるたった2つのシンプルな方法【例文あり】

ライフスタイル
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

会話が苦手で、人と会うのがしんどい…
会話力を上げる方法を知りたい…

そんな悩みにお答えします。

 

筆者のケンは、心身のバランスを崩し、
約10年間、人と会うのがとても大変でした。

長い間、引きこもっていたものの、
話し方や心理学などを学んだり練習するなどして、
人と話す際のシンプルな法則を見つけました。

 

その後、
瞑想や呼吸法、ヨガの講師として、
これまでに2万人近い方に指導をするなど、
人と会うのが怖いどころか、楽しくさえなっています。

プロフィール

 

そうした経験をもとに、今回は、
会話力がムリなく上がる、シンプルな方法
というテーマで、詳しく解説したいと思います。

 

ちなみに現在は、
持ち物をスーツケース1個にしたり、家を手放すなどして、
シンプルな生き方を探求、実践しています。

生活の様子は、主にTwitterで発信してますので、
興味があればのぞいてみてください。

 

スポンサーリンク

会話力をムリなく上げるたった2つのシンプルな方法【例文あり】

誰でもムリなく会話力を上げる方法
知りたくありませんか?

 

ぼくが実践して、確実に効果のあった方法はこちらです。

① 相手のことを話題にする
② 相手に話させる

たったこの2つ。

 

会話力や雑談力を上げようと思うと、
うまく話さなきゃ!
と思いがちなんですが、逆なんです。

相手にたくさん話してもらえばいいんです。

 

人は誰でも、
自分に関心を持ってほしい!
と思っているので、
その願望を実現させてあげたいんです。

 

自分はただ聞いてるだけ。

どうですか?
すごく簡単で、ラクそうでしょ?

 

おすすめ  人間関係のストレスにも瞑想はとても効果的です【瞑想の教科書】

 

会話力を上げる方法①「相手のことを話題にする」

ついつい自分のことばかり、話してしまっていませんか?

会話力を上げるポイントは、
相手の承認欲求をきちんと満たしてあげることです。

● 参考記事

【人目が気になる?】自分に自信が持てるようになる2つの対処法
人目が気になる・・と悩んでいませんか?この記事では、人目が気にならなくなる2つの練習方法、コツやその理由、すぐに人目が気になるのを何とかしたい場合の対処法などについて詳しく解説しています。どうしても人目が気になる・・とお困りの方は必見です。

 

トレーニング方法

トレーニング方法は簡単で、
会話する相手や、相手に関することを話題にするだけです。

例えば、

・相手の容姿
・相手の持ち物
・相手の好きなこと
・相手の今日1日のできごと
・相手のこれまでの経験
・相手の友人のこと
などなど

ほめたり、質問という形をとると、
会話を続けやすいです。

 

会話の例

例えば、奥さんとの夕食のシーン

わあ、美味しそうだね。これは何の野菜?(←相手の作ったものを話題にしてる)

あしたばって言って、今が旬なのよ

へえ、よく知ってるね!(←相手の能力を話題にしてる)

スーパーの説明にそう書いてあったのよ(笑)

へえ、美味しそうなの見つけるの、上手いよね!(←相手の行動を話題にしてる)

 

こんな感じで、
常に、相手に関することを話題にし続けていきます。

慣れないとついつい、
自分の知識や経験を話したくなると思いますが、
練習すれば必ず慣れます。

 

会話力を上げる方法②「相手に話させる」

自分が、話してばかりじゃありませんか?

会話はキャッチボール
とよく例えられますが、まさにその通りです。

 

個人的な考えですが、
自分20%:相手80%
くらいの会話の比率が、
ちょうどいいんじゃないかと感じています。

基本は相手が話をしていて、
それに対して「相槌 + 何か一言」間に挟む、
くらいのイメージでしょうか。

 

トレーニング方法

「相手に話させる」トレーニング方法のポイントは、
クローズドクエスチョンオープンクエスチョンを、
意識すること。

そして、オープンクエスチョンで、
相手に質問をします。

 

オープンクエスチョンとは、
はい/いいえでは、答えられない質問のこと。

今日は ”どこに” 買い物に行ったの?
今日、疲れてるように見えるけど ”何があったの?”
その服、よく着てるけど ”どういうところが好きなの?”

 

こういった質問の仕方だと、
相手は文章で答えることになるので、
気持ちよく、たくさん話すことができます。

質問に、5W1Hを入れてあげると、
オープンクエスチョンにしやすいです。

 

逆に、クローズドクエスチョンは、
相手が、はい/いいえで答えられてしまう質問です。

今日は買い物に行ったの?
今日、疲れてる?
その服、好きだよね。

これだと、
「うん」「ううん」
の一言で、会話が終わってしまうんですよね。

 

会話の例

クローズドクエスチョンの場合(はい/いいえで答えられる)

今日は買い物に行ったの?

うん…(初めてのスーパーに行ってみたんだけどな…)

今日、疲れてる?

うん…(いろいろ悩みを聞いてほしいんだけどな…)

その服、好きだよね。

うん…(私のこだわりについてもっと話したいな…

このように、クローズドクエスチョンだと、
「もっと話したいのに…」
というストレスを抱きやすくなります。

 

オープンクエスチョンの場合(はい/いいえで答えられない)

今日は ”どこに”買い物に行ったの?

実はね、ちょっと足を伸ばして、はじめてのスーパーに行ってみたの!そしたらね……(いっぱい話せて楽しい)

今日、疲れてるように見えるけど ”何があったの?”

実はね…前から悩みがあってね・・(聞いてもらえてよかった)

その服、よく着てるけど ”どういうところが好きなの?”

あのね!まず色が好きでね。縫製もすごくしっかりしててね……(私に関心をもってくれてうれしい)

といったように、オープンクエスチョンだと、
相手は自分のことを、
気持ちよく、自由に話すことができます。

● 参考記事

【自分の考え】想いはアウトプットした方がいい理由【爆発するぞ】
自分の考え、きちんとアウトプットできてますか?この記事では、自分の想いや考えをアウトプットすべき理由。うまくアウトプットするための方法やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。自分の考えをアウトプットするのが得意じゃないという方必見です。

 

おすすめ  人間関係のストレスにも瞑想はとても効果的です【瞑想の教科書】

 

会話力を上げたい人必読の本「人を動かす」

以上、会話力を上げるために、
ぼくが実際に実践したおすすめの方法をご紹介しましたが、

もっと詳しく知りたいな…という人には、

という本をおすすめします。

 

ぼくはこの本を知ってから、
会話の仕方だけでなく、
人生観や価値観すら大きく変わりました。

今でも定期的に、読み返しています。

 

1937年に出版された、
現在の成功哲学のルーツとも言われている本です。

タイトルだけ聞くと、人をコントロールする方法?
と勘違いしがちですが、そんなことはなく、

人間はどんな心理で動き、どんなときに幸せを感じるのか

単なる会話テクニックだけではない、
人間関係の原則が学べます。

 

すごくオススメの本なので、
興味があればぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥1,650(2020/09/24 03:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

● ブログにもレビューを書きました

【人を動かす|デール・カーネギー】ポイントまとめ【人間関係に悩んだら】
【人を動かす|デール・カーネギー著】について知りたいですか?この記事では特に重要な5つのポイントを、この本がきっかけで人間関係や人付き合いがとても楽になった経験をもとに、分かりやすくまとめています。人を動かすってどんな本?という方必見です。

 

会話力をムリなく上げるたった2つのシンプルな方法【例文あり】まとめ

以上、
会話力をムリなく上げるたった2つのシンプルな方法
というテーマで解説をしました。

 

人間関係のストレスには、
瞑想もとてもおすすめです。

人間関係の悩みは瞑想で楽になる|対人関係が変化する3つの理由
瞑想で人間関係が楽になる理由を知りたいですか?この記事では瞑想を習慣にすると人間関係にどんな変化があるのかを、瞑想指導歴10年以上の経験をもとに詳しく解説しています。人間関係で悩んでる…少しでも楽になりたいという方はぜひ読んでみてください

 

1日5分の瞑想で、人生は大きく変わります。

▼ 瞑想について、もっと詳しく知りたい方はこちら

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事が参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました