スポンサーリンク

瞑想のおすすめの時間帯は?生活パターンによって変わります【体験談】

瞑想
The following two tabs change content below.

ケン

ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

 

瞑想をするのに、おすすめの時間帯って、いつ?
せっかく瞑想をするなら、効果的な時間帯にやりたいけど、おすすめは?

こんな疑問はありませんか?

 

この記事では、

生活パターン別の、瞑想のおすすめの時間帯

について、詳しく解説をいたします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから、瞑想やヨガの練習を本格的にはじめました。

2012年からは、東京都内を中心に、各地で指導もしています。

【変化】瞑想を8年間続けてみたら・・・【瞑想ブログ】
瞑想を8年間続けたらどんな変化が起こったか知りたいですか?このブログは、約8年間瞑想を続けている筆者が、その変化や過程を振り返り、瞑想を続ける際のポイントや注意点などを具体的に詳しく解説しています。瞑想を続けて変化を感じたいという方必見です。

活動スケジュールはこちら(Twitter)

 

約8年間、瞑想を続けてきた間には、
ぼく自身の生活パターンもいろいろと変化してきました。

そうした体験から、
生活パターンの違いによる、おすすめの瞑想の時間帯について、
詳しく解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

瞑想のおすすめの時間帯は?生活パターンによって変わります【体験談】

瞑想をするのにおすすめの時間帯は、

結論から言うと、

朝の瞑想

が、すべての人に共通しておすすめです。

 

なぜかというと、

・朝は頭がクリアな状態である
・身体的な疲労も少ない
・周りの環境も騒がしくない
・1日を有意義に過ごすことができる

など、
たくさんの理由があるからです。

● 参考記事

【朝の瞑想】をおすすめする理由&5つの効果【時間・やり方も】
朝の瞑想がおすすめな理由や効果、やり方について知りたいですが?この記事では、瞑想は朝にやると効果的な理由、どんな効果があるのか?具体的な方法や注意点、コツなどについて、詳しく解説をしています。朝の瞑想に興味のある方は必見です。

 

とは言え、
生活パターンによっては、
朝に瞑想を行うことが、ストレスや負担に感じる・・・
ということもあるでしょう。

 

そこで、
どんな生活パターンの人に、どの時間帯がおすすめなのかを、
くわしく説明していきますね。

 

【朝】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ

先ほども言ったように、
朝の瞑想は、
すべての人におすすめの時間帯です。

 

なかでも、

・早起きの習慣がある
・朝、比較的時間の余裕がある

という生活パターンの人には、
特におすすめできます。

 

ですが、

・朝は忙しくて時間がない
・朝、起きるのが遅い

という場合、
朝の時間帯の瞑想は、
ぼくの経験上、かえってストレスになってしまい、
あまりおすすめしません。

そうした場合は、
時間的に余裕のある、
日中や夜寝る前などの時間帯に瞑想をした方が、
精神的な負担は少ないように思います。

 

逆に言うと、
早起きの習慣を作るために、毎朝瞑想をする、
というのはアリだと思います。

● 参考記事

【瞑想の効果】毎日続けたら起きた5つの効果【ビジネスにも役立つ】
瞑想がビジネスに効果的な理由を知りたいですか?この記事では瞑想がビジネスに役立つワケ、どういった効果があるのか?コツや注意点など、ビジネスに役立つ瞑想の方法を詳しく解説しています。瞑想をビジネスに活かしたいという方は必見です。

 

【昼・日中】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ

朝に瞑想をすることが難しい人は、
昼間や日中の時間帯に瞑想をするのも、
おすすめです。

 

特に、

・昼間、自分の時間を作ることができる
・日中、家にいることが多い
・出先でも、静かな場所を確保できる

といった生活パターンの人は、
昼の瞑想はおすすめです。

 

逆に、

・昼間は、仕事で外を飛び回っている
・オフィスやお店などにいて、常に人と接している
・日中は、秒刻みで時間に追われている

 

といった人などは、
なかなか昼の時間帯には、
瞑想をする時間をとるのは難しいでしょう。

 

ぼく自身、
忙しく仕事をしていた時は、
仕事のことで精一杯で、
日中に瞑想をするなどという、心の余裕はありませんでした。

そんなゆとりのない状態だったから、
身体を壊してしまったとも言えますが・・・

 

1日の中で、
10分くらい静かな時間を持つ、
ということさえ難しいのであれば、
そもそも、生活パターンを見直す必要があるかもしれません。

● 参考記事

【瞑想とは?】行為ではなく状態のことです【ヨガ講師の瞑想論】
瞑想とは何か?知りたいですか?この記事では、瞑想とはいったい何なのか?瞑想は行為ではなく状態ってどういうこと?正しい瞑想の練習方法は?などについて、瞑想・ヨガ講師歴8年の経験から、詳しく解説しています。瞑想とは何かを知りたい方は必見です。

 

【夜】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ

夜の瞑想は、
グチャグチャになった頭の中や感情を、
じんわり落ち着かせるのに、
とてもおすすめです。

 

夜は、心身ともに、
睡眠に向かい、
収束していく時間だからです。

● 参考記事

【リラックス】寝る前に心がけるべき9つの方法【安眠・熟睡】
夜、寝る前にリラックスできる方法を知りたいですか?この記事では寝る前に心がけるといい9つの方法、リラックスできる理由や体験談、それでもリラックスできない場合の解決策などを、詳しく解説しています。リラックスして良い眠りにつきたい方必見です。

 

夜の時間帯に瞑想をするのをおすすめしたいのは、

・朝も昼も、時間的な余裕のない人
・感情が高ぶりやすい人
・疲れが抜けにくく、いつも疲労感を感じている人

などです。

 

夜の瞑想は、
日中に高ぶった精神を、
クールダウンするのに適した時間帯ですし、

寝る前に瞑想をすることで、
質の良い睡眠も、得られやすいからです。

● 参考記事

【質の良い睡眠】人生の質を高める5つの理想的な睡眠【理由とコツ】
質の良い睡眠がとれてますか?睡眠の質が悪くて困っていませんか?この記事では、質の良い睡眠の5つの条件、理由やコツなどについて、不眠に長く悩まされ、それを改善した経験をもとに、詳しく解説しています。質の良い睡眠をとりたい!と言う方は必見です。

 

一方、

・お酒を飲む習慣のある人
・気持ちの落ち込みのひどい時

などは、
夜の瞑想は、あまりおすすめしません。

 

飲酒時の瞑想は、
酔いを深めてしまう場合があります。

 

また、
気持ちが落ち込み過ぎている場合は、
夜に瞑想をすると、
さらに低下させてしまう場合もあるので、

そうした場合は、むしろ、
身体を動かすことをおすすめします。

● 参考記事

【瞑想で人生は変わる】は正しいけど瞑想だけでは何も変化しない【体験談】
瞑想で人生は変わる?ということについて知りたいですか?この記事では、瞑想だけではなく、行動しないと人生が変わらない理由。瞑想で人生が変わると信じていた頃の体験談などを詳しく解説しています。人生を変えたいけどどうすればいいの?という人必見です。

 

散歩や、ヨガのポーズ、ストレッチなど、
軽いものがおすすめです。

身体を動かすことでも、
瞑想の効果は十分にあります。

● 参考記事

【マインドフルネス】運動しながら練習する方法【ジャッジしない】
運動しながらマインドフルネスの練習をする方法を知りたいですか?この記事では、マインドフルネスに運動を行うやり方やコツ、気をつけるべきポイントなどを、具体例をあげながら詳しく解説しています。マインドフルネスな運動のやり方に興味のある方必見です。

 

瞑想のおすすめの時間帯は、人それぞれ

朝・昼・夜の瞑想

それぞれの時間帯で、
どんな生活パターンの人におすすめなのかを、
ご紹介しました。

 

とは言え、
生活パターンが日によって違うんだけど・・・

という人もいると思います。

 

その場合は、できるだけ、
同じ時間帯で瞑想を続けてみることを、
おすすめします。

 

昨日は朝、
今日は夜、
明日は・・・明日決めればいいや・・

 

と、毎日その場の思いつきで、
時間帯を変えてしまうと、
瞑想の効果や意味はうすれてしまいます。

瞑想は、一回一回の効果よりも、
続けることに、とても意味があるからです。

● 参考記事

【人生変わった】瞑想を毎日続けた結果・・体験談【毎日5分でいい】
瞑想を続けることがどうして重要なのか知りたいですか?この記事では毎日5分間の瞑想を続けることで人生が変わる理由や、体験談、コツや注意点などを詳しく解説いたします。瞑想始めたいけど続けるのしんどそう、瞑想してるけど続ける大変、という方必見です。

 

なので、
多少、やるのが難しい日があったとしても、
朝に瞑想をやると決めたら、
少なくとも1週間は、同じ時間帯で続けてみてください。

 

平日は夜、週末は朝

といった感じに、
調整してもいいと思います。

 

自分のやりやすい時間帯と、
定期性、継続性のバランスをうまく見つけてみてください。

● 参考記事

【瞑想の時間】目安はまずは5〜10分でOK【無理なく続けるのが大事】
瞑想の時間はどのくらいが効果的か知りたいですか?本記事では瞑想初心者の方が、効果的にかつムリなく瞑想を続けられる時間はどのくらいか、について解説しています。長ければいいものでもありません。瞑想初心者の方、瞑想がなかなか続かない人は必見です。

 

瞑想のおすすめの時間帯は?生活パターンによって変わります【体験談】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

瞑想のおすすめの時間帯は?
・朝の瞑想が、すべての人におすすめ

【朝】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ
○早起きの習慣がある
○朝、比較的時間の余裕がある
△朝は忙しくて時間がない
△朝、起きるのが遅い

【昼・日中】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ
○日中、瞑想の時間を作ることができる
○ずっと家にいる
○日中、静かな場所を確保できる
△昼間は、仕事で外を飛び回っている
△オフィスやお店などにいて、常に人と接している
△日中は、秒刻みで時間に追われている

【夜】の時間帯の瞑想は、こんな人におすすめ
○朝も昼も、時間的な余裕のない人
○感情が高ぶりやすい人
○疲れが抜けにくく、いつも疲労感を感じている人
△お酒を飲む習慣のある人
△気持ちの落ち込みのひどい時
※気持ちの落ち込みが大きい場合は、身体を動かすのをおすすめします

瞑想のおすすめの時間帯は人それぞれ
・できるだけ同じ時間帯で続ける
・平日と週末で、時間帯を変えてもいい

 

以上、
瞑想のおすすめの時間帯は?生活パターンによって変わります【体験談】
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

● 瞑想ってどの時間帯でも同じでしょ、って思っていませんか?

瞑想は時間帯によって効果が違う【朝/昼/夜】瞑想8年間の経験談
瞑想の効果が時間帯によってどう違うのか知りたいですか?この記事では、瞑想を行う時間帯による効果の違い、各時間帯におすすめの瞑想のやり方などについて、約8年間瞑想を続けてきた経験から詳しく解説しています。時間帯による瞑想の効果が知りたい方必見です。

● 瞑想する時間がない・・と言う人は、こちらを試してみてください

【瞑想が続かない】時間や場所を気にせず瞑想をする方法【続けるコツ】
瞑想が続かない・・そんな悩みでお困りですか?この記事では、瞑想が続かない理由、瞑想が続かないときの対処法、いつでもどこでも瞑想ができる方法などを詳しく解説しています。瞑想が続かなくて困ってる、瞑想を続けたいという方は必見です。

● 通勤時間を利用して、瞑想できたら・・と思いませんか?

【電車で瞑想】通勤時間を瞑想タイムにする5つの方法【おすすめ】
電車の中で瞑想する方法を知りたいですか?この記事では電車の中でもムリなく瞑想ができる方法やコツ、効果やメリット、注意点などについて詳しく解説しています。忙しくて瞑想する時間がない。電車の中で瞑想したいという方は必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました