スポンサーリンク

瞑想時、姿勢を保つのがつらい人必見。5つの解決方法

瞑想
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

瞑想中の姿勢を保つのが、つらい…
どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

 

筆者のケンは、
2012年から瞑想や呼吸、身体の動きの練習などを教えはじめ、
約20,000人近くの人に指導をしてきました。

プロフィール

 

自分自身の練習は、
2010年以前から続けていますが、
始めのころは、座ったり目を閉じ続けているのが、
本当につらい時期がありました。

 

そうした経験から、今回は、
瞑想時の、姿勢がつらい場合の解決法
について、詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

瞑想時、姿勢を保つのがつらい人必見。5つの解決方法

瞑想時の姿勢がつらい…という人に、
おすすめしたい解決方法は、次の5つです。

①短い時間で行う
②自分なりの座り方をみつける
③横になって瞑想する
④歩く瞑想
⑤”ちゃんとしなきゃ”を手放す

 

順番に、解説していきます。

 

①短い時間で行う

瞑想時の姿勢がつらい…を解決する方法1つ目は、

短い時間で行う

です。

 

いきなり長時間、
瞑想をしようとしていませんか?

負担が大きすぎるとつらくなって、
やっぱりダメだ…と、挫折しやすいです。

 

まずは短い時間でいいです。

1日10分でも5分でもいいので、
毎日続けることを、最初の目標にしてみてください。

 

実際にぼくも、この方法で、
10年以上、瞑想を続けてこられました。

こちらが参考になれば↓

【瞑想したら人生変わった】毎日5分瞑想続けた結果【自分でもびっくり】
瞑想を続けた結果、どんなふうに人生が変わったか知りたいですか?この記事では、毎日5分間の瞑想を続けると、どうして人生が変わるのか?理由やコツなどを体験談をもとに詳しく解説しています。瞑想で人生変わるの?瞑想で人生変えたい!という人必見です。

 

②自分なりの座り方をみつける

瞑想時の姿勢がつらい場合の解決方法、2つ目は、

自分なりの座り方をみつける

です。

 

一般的に瞑想は、
胡座(あぐら)で座ることが多いと思いますが、
それがつらいようでしたら、どんな座り方でも構いません。

座布団やヨガブロックなどを使って、
お尻の高さを調整するだけで、
ずいぶんと座りやすくなる場合もあります。

 

地面に直接座るのがむずかしければ、
椅子に腰掛けても大丈夫です。

瞑想に適した姿勢は、
その人の、体型や骨格、ケガやストレス度合い、
日によってもまったく違います。

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

瞑想時は、こう座らなきゃならない、
という先入観を捨てて、
自分なりの楽な座り方を、見つけてみてください。

瞑想時の座り方や、工夫の仕方については、
こちらに詳しく書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

瞑想の座り方3種類|あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐をやさしく解説
瞑想の座り方にはどんな種類があるか知りたいですか?この記事では瞑想に適した座り方[あぐら・結跏趺坐・半跏趺坐]について具体的な方法と注意点を、長年の練習と指導の経験をもとにくわしく解説しています。瞑想の座り方がよく分からないという方必見です

 

③横になって瞑想する

瞑想時の姿勢がつらい…を解決する方法3つ目は、

横になって瞑想する

です。

 

座って行うだけが、瞑想ではありません。
寝転がったり、横になって行うことも、可能です。

ハタヨガでは、
ヨガ・ニードラなどと呼ばれていたりもします。

 

注意点としては、
眠気に襲われやすいということ。

そのまま熟睡してしまったりしやすいので、
十分、気をつけてください。

横になって瞑想する方法は、こちらが参考になれば↓

【誰でも】仰向けで瞑想するやり方。座るのがむずかしい人必見【簡単】
仰向けで瞑想する方法を知りたいですか?この記事では、仰向けに寝ころがったまま瞑想をする方法、メリットや注意点、おすすめの時間帯やタイミングなどを詳しく解説しています。座って瞑想するのが難しい、横になって瞑想する方法が知りたいと言う方必見です

 

④歩く瞑想

瞑想時の姿勢がつらい場合の解決方法、4つ目は、

歩く瞑想

 

じっと座り続けるのが、ものすごくつらいようであれば、
身体を動かす瞑想をしてみては、どうですか?

 

おすすめなのが、歩く瞑想です。

ゆっくり丁寧に足を動かして、
歩くという行為に意識を向ける、瞑想の方法です。

 

詳しいやり方はこちらにまとめました
>>【悩みスッキリ】歩く瞑想の方法とおすすめの理由【これなら続く】

歩く、以外の身体を動かす瞑想の方法については、こちらをどうぞ
>>座ってられないけど瞑想したい人のための3つの瞑想法

【マインドフルネス】運動しながら練習する方法【ジャッジしない】
運動しながらマインドフルネスの練習をする方法を知りたいですか?この記事では、マインドフルネスに運動を行うやり方やコツ、気をつけるべきポイントなどを、具体例をあげながら詳しく解説しています。マインドフルネスな運動のやり方に興味のある方必見です。

 

⑤”ちゃんとしなきゃ”を手放す

瞑想時の姿勢がつらい場合の解決方法、最後5つ目は、

”ちゃんとしなきゃ”を手放す

ことです。

 

瞑想には、基本的なやり方はもちろんありますが、
その通りに、ちゃんとやらないと…
と考えちゃうと、けっこうつらいですよね…

まずは型通りに、基礎を押さえることは大事ですが、
それと同時に、
どういう意図があって、自分の場合はどうなのか?
と、柔軟に考えることも大切です。

 

きちんとやらなきゃ!
と思って、身体に力が入っていませんか?

身体を力みを手放して、まずはリラックスしましょう。

体の力を抜くにはどうしたらいいの?効果的で簡単な7つのコツ
体の力を抜くにはどうしたらいいのか知りたいですか?この記事では体の力を抜く簡単なやり方、仕組みやコツ、リラックスが難しい場合の解決法などを、10年以上ヨガを練習し指導してきた経験から詳しく解説しています。簡単に体の力を抜く方法が知りたい方必見

 

笑うのは、最強です。

【自律神経】整えるなら”笑う”のがおすすめ【効果と方法】
自律神経のバランスにどうして【笑う】のが効果があるの?この記事では、笑うことで自律神経が整う仕組みと簡単な実践方法を、10年間自律神経のバランスを崩していた経験をもとに、詳しく解説しています。自律神経を笑うことで整えたいという方、必見です

 

瞑想時、姿勢を保つのがつらい人必見。5つの解決方法 まとめ

瞑想時、姿勢を保つのがつらい場合の解決法を5つ紹介しましたが、
個人的なおすすめは、間違いなく、

短い時間で行うです。

まずは、基本的な型をしっかり身につけることが、
やはり、なにより大切だからです。

亜流から始めてしまうと、軸がぶれます。

 

1日5分で、人生は大きく変わります。

● 瞑想について、もっと詳しく知りたい方はこちら

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事が参考になればうれしいです。



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました