スポンサーリンク

【ポートフォリオ】未経験からグラフィックデザイナーになった方法【転職物語】

ワークスタイル
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|YouTubeで公開修行中

未経験でグラフィックデザイナーに転職する際、ポートフォリオ(自分の作品集)は必要?
グラフィックデザイナー未経験、ポートフォリオはどうするの?

そんな疑問や悩みにお答えします。

 

ただし、

ポートフォリオは、こんなふうに作りましょう

といった、ノウハウ的な内容ではなく、

こんなポートフォリオでも、未経験でグラフィックデザイナーになれた

という体験談です。

 

これから未経験でグラフィックデザイナーを志す人に、
ちょっとでも安心してもらえたらうれしいです。

 

筆者のケンは、
今ではヨガと瞑想の講師をしていますが、
そこに至るまでには、
グラフィックデザイナーをはじめ、さまざまな職を経験。

紆余曲折ありました。

プロフィール
キラーケンのプロフィール こんにちは。 キラーケンこと、中川研/Ken Nakagawa といいます。 2012年から東京・代官山のYogaJayaにて、 Baseworks Practiceの指導をしています。 ...

 

現在は、住所や持ち物を手放し、
スーツケース1つで暮らしています。

物を持たない生活|所有物をスーツケース1個にした方法
物を持たない生活がしたい!そんな人のために、この記事では所有物を手放してスーツケース1個にし身軽に暮らす方法を、体験談と具体例、写真を用いてくわしく解説しています。家の中が物であふれてる・・すっきり手放す方法が知りたい・・という方必見です

 

生活や旅の様子は、TwitterやYouTubeで発信していますので、
興味があったら、ぜひ覗いてみてください。

旅するキラーケン
毎週土曜日朝5時に動画を(できるだけ)公開しています。 チャンネル登録はこちらからぜひどうぞ↓ _ キラーケンは、ちょいちょい旅に出ます。 本職はヨガ講師。 詳しくはこちら↓ キラーケン メインチャンネル Twitter 公式サイト

 

スポンサーリンク

【ポートフォリオ】未経験からグラフィックデザイナーになった方法【転職物語】

最初の仕事(営業)から、未経験でグラフィックデザイナーになった時、
ポートフォリオはどうしたのか?

ちなみにポートフォリオとは、
自己アピールのために、実績をまとめた作品集のことです。

 

結論から言うと、

たいしたポートフォリオは、作れませんでした

未経験だから、当然です。

 

ですがなぜか、

2件目の面接で採用が決まり、グラフィックデザイナーになることができました

 

果たして、どんなポートフォリオで、
どうやってグラフィックデザイナーになることができたのか?

その時の話を、
詳しく解説していきます。

 

ちなみに、
営業から、未経験でグラフィックデザイナーに転職した経緯や方法は、
こちらに書きました↓

【転職物語】未経験でデザイナーに転職した方法【営業から】
未経験でデザイナーに転職した方法と経緯を知りたいですか?この記事では、営業からグラフィックデザイナーに未経験で転職した時の体験談をくわしく解説しています。未経験だけどデザイナーに転職したい!転職の際の注意点が知りたい!という人は必見です。

 

未経験グラフィックデザイナーのポートフォリオの中身

未経験からグラフィックデザイナーになった時、
面接に持っていったポートフォリオの中身は、以下のようなものでした。

・Macスクールの練習課題で作った、雑誌のレイアウト
・趣味で描いたイラスト

 

未経験なので、
グラフィックデザイナーとしての作品など、ありませんでした。

だけど、とりあえず何か持っていかないと…と思って、
かき集めたのがこれでした(笑)。

 

ポートフォリオ① スクールの練習課題

イチから自分でデザインしたわけではなく、
雑誌を真似して、そっくりに作ったものです。

なので、作品などと呼べるものではなく、
単なるトレースです。

 

だけど、IllustratorやPhotoshopなど、
レイアウトソフトの使い方を覚えたばかりの自分には、
それすらも、かなり大変なことで、
ペラ(A4、1ページ)の紙面を作るのに、3、4日かかりました。

 

ポートフォリオ② 趣味で描いたイラスト

これは、
あえてポートフォリオに入れたわけではなく、
たまたま、紛れ込んじゃってた、という感じでした。

 

どういうことかと言うと、

ポートフォリオを持参するためには、
なにかクリアホルダーが必要なわけですが、
そんなにたくさん持っているわけじゃありません。

 

自分で描いたイラストを入れていたやつが、
一番きれいだったので、イラストを後ろの方のページに移動させて、
それをポートフォリオ用に使ったんです。

後ろの方までは、
さすがに見られことはないだろうと思って…

 

ポートフォリオを持って、いざ面接へ

そんな、作品集とは呼べないようなシロモノを抱えて、
戦々恐々としながら面接に行きました。

ちなみに、
面接をしてくれたのは、そのデザイン事務所の社長でした。

 

ポートフォリオを見て、笑われる

ポートフォリオとして持参した、スクールの練習課題は、

まったくお話にならない

と、一笑にふされてしまいました。

 

A4ペラの紙面に対して、

これ、どのくらいの時間で作ったの?

と質問されたので、正直に、

3、4日かけて作りました

と答えたら、

15分だね(笑)

と、一蹴されました。

 

未経験、若い、というのは恐ろしいもので、
ぼくの持参したポートフォリオの中身は、
そんな作品(自分ではそう思っていた)たった2枚だけだったんです。

 

カンカンカンカン

面接開始2分で、終了のゴングが、
頭の中に鳴り響きました。

 

秒殺かと思いきや、意外な展開へ

たった2分で秒殺されたあと、
社長はぼくのポートフォリオをパラパラめくっていました。

あまりにも早く面接が終わっちゃったので、
手持ちぶさただったんでしょうね…

 

ぼくは、

あ、やばい! あの適当イラストを見られてしまう…!!

と、ソワソワしました。

脇にいやーな汗が…

 

ポートフォリオの一番後ろに入れておいた超適当に描いたイラストを、
取り出すのを忘れていたからです。

と・こ・ろ・が、
ここで思いがけないことが起こりました…

 

これ、キミが描いたの?

と、社長が尋ねてきたからです。

 

趣味でイラストを描いたといっても、
絵を描くのがすごく好きだった!というわけではありません。

 

買ったばかりのMac(当時はMacintosh)の、
お絵かきソフトを使うのが面白くて、マウスをクリクリ動かし、
なんとなく描いただけのイラストでした。

 

そんな適当に描いたイラストが、
なぜか、社長の興味に触れたみたいでした。

 

結局、そのイラストをきっかけに面接の雰囲気が変わって、
なぜか、

うちくる?

って言ってもらえて、入社が決まりました。

 

未経験ながら、
グラフィックデザイナーへの扉が開いた瞬間でした。

世の中何が起こるか、本当に分かりません。

 

なお、この社長からは、
本当にたくさんのことを学びました。

中でも、今も仕事や人生の大きな指針となっているのが、
こちらです↓

【発信力を高めるには】単語1つになるまで削ぎ落とせ!【伝え方のコツ】
発信力を高めるにはどうしたらいいか、知りたいですか?この記事では、ブログやSNSなどで発信力を高めるための方法、力強いメッセージを生むコツなどを、デザインや情報発信の経験をもとにくわしく解説しています。発信力を高めたい!と言う方は必見です。

 

未経験でグラフィックデザイナーになれた理由

ポートフォリオではなく、
趣味で描いたイラストが、なぜか評価され、

未経験ながらグラフィックデザイナーになれた理由は、
主に、以下の2つかなと思います。

① 社長が、イラストレーターからグラフィックデザイナーになった人だった
② 未経験者の多い、デザイン事務所だった

 

理由① 社長がもともとイラストレーター

ぼくが描いたイラストは、
全然、上手いものなんかではなかったですよ。

 

だけど、
嬉々として描いたイラストだったのは確かでした。

そういうのって伝わるんですよね。

頑張って描いたわけでなく、
肩の力が抜けていたのも、よかったのかもしれません。

 

理由② 未経験者の多いデザイン事務所

そのデザイン事務所に入ってから分かったのですが、
社員20名くらいのうち、
グラフィックデザイン未経験の人の方が、とても多い職場でした。

半分以上がそうだったんじゃないかな?

 

また、
仕事は現場で覚える、というような社風だったので、
未経験の方が、力を発揮しやすいような雰囲気もありました。

 

そういった会社だったことも、
ぼくが未経験でもグラフィクデザイナーになれた、
要因じゃないかと思います。

 

【ポートフォリオ】未経験からグラフィックデザイナーになった方法【転職物語】まとめ

以上が、
ぼくが未経験でグラフィックデザイナーになった時のお話でした。

 

グラフィックデザイナー未経験なんだけど、ポートフォリオはどうしたら…
と悩んでいる人に、

・未経験であれば、一般的なポートフォリオが作れなくて当然
・ポートフォリオは、必ずしも仕事上の作品じゃなくてもいい

という、ぼくの経験が役に立てばうれしいです。

 

ぼくの場合、

未経験でも入りやすい、活躍しやすい会社を選ぶ

というのも、大きなポイントでした。

形式にこだわらず、ちょっと視点を変えてみると、
思わぬ突破口が、開けるかもしれません。

● 参考記事

二者択一に迷ったら選択肢の中から選ぶな|選べない時の考え方
二者択一に迷ったら、どうしたらいいんだろう…そんな悩みはありませんか?2つの選択肢のうち、どちらも選べない時はどうすればいいのか?その方法をヨガ講師のケンが詳しく解説しています。二者選択を迫られて迷ってしまう…決められない…という人必見です

 

経験がなかろうが、今うまくできなかろうが、
心からやりたいと思ったら、ぜひやってみるべきだと思います。

ムリだと思ってるのは、ほとんどが自分の思い込みです。

したいことがない人生は「5つの思い込み」をなくせば劇的に変わる
人生で、本当にしたいことがない…と悩んでいませんか?この記事では、したいことがない人生を作ってしまっている、自分自身の5つの思い込みとその外し方について、実体験をもとに詳しく解説しています。自分が本当にしたいことでいきていきたい人必見です。

 

● 異業種から、グラフィックデザイナーに転職したいですか?

【転職物語】20代はじめての転職|営業→デザイナー【体験談】
20代の転職体験談を聞きたいですか?この記事では、営業という仕事からグラフィックデザイナーに転職したきっかけや経緯、転職の方法などを、自身の体験をもとに詳しく書いています。20代で転職する方法、気をつけるべきことなどを知りたい人は必見です。

● デザイナー時代、体調を崩しながら、転職した時の話

【転職物語】30代、うつ状態での転職活動・・ツラかった【体験談】
30代の転職体験談をお探しですか?この記事では、30代でうつになり2年間休養した後の転職活動について、体験談や注意点などをくわしく解説しています。30代で転職したいけどうまくいくかな?うつで仕事を休んでるけど転職できる?と不安な方必見です。

● 体調不良で転職した時の話…キツかった…(涙)

【転職物語】未経験でデザイナーに転職した方法【営業から】
未経験でデザイナーに転職した方法と経緯を知りたいですか?この記事では、営業からグラフィックデザイナーに未経験で転職した時の体験談をくわしく解説しています。未経験だけどデザイナーに転職したい!転職の際の注意点が知りたい!という人は必見です。

 

記事が参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました