スポンサーリンク

マインドフルネスの簡単なやり方|今すぐ誰にでもできる2つの方法

瞑想
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

マインドフルネスむずかしい…もっと簡単なやり方ってないの?
より簡単な方法で、マインドフルネスの練習ができたら・・

こんな疑問お答えします。

 

筆者のケンは、
2010年ごろから、本格的にヨガやマインドフルネスの練習を開始しました。

2012年からは講師として、
2万人以上の方々に、指導もしています。

プロフィール

 

また現在は、持ち物をスーツケース1つにして、
身軽な暮らしをしています。

物を持たない生活|所有物をスーツケース1個にした方法
物を持たない生活がしたい!そんな人のために、この記事では所有物を手放してスーツケース1個にし身軽に暮らす方法を、体験談と具体例、写真を用いてくわしく解説しています。家の中が物であふれてる・・すっきり手放す方法が知りたい・・という方必見です

生活の様子は、Twitterで発信しています。

 

そうした経験をもとに、今回は、
今すぐ誰にでもできる、マインドフルネスの簡単なやり方
というテーマで、詳しく解説いたします。

 

ちなみに、マインドフルネスって何?
という方は、まずはこちらの記事をお読みください↓

【マインドフルネスとは?】練習方法をまとめてみた【今ここ】
マインドフルネスとは何か知りたいですか?この記事ではマインドフルネスの定義、難易度別おすすめの練習方法とコツ、どんな効果があるのか?などについて、長年の練習と指導経験をもとに詳しく解説しています。マインドフルネスに興味のある方は必見です。

 

スポンサーリンク

マインドフルネスの簡単なやり方|今すぐ誰にでもできる2つの方法

マインドフルネスの簡単なやり方は、
結論から言うと、以下の2つがとてもおすすめです。

① 自分を実況中継する
② 固有名詞を使わない

 

場所も準備も必要ないので、
いつでもどこででも、マインドフルネスの練習が可能です。

具体的なやり方を、
順番に解説していきます。

①自分を実況中継する

マインドフルネスの簡単なやり方1つ目は、

自分を実況中継する

という方法です。

 

これは、
ブッダが悟りを開いたとされる、
ヴィパッサナー瞑想でも行われている方法です。

 

具体的なやり方としては、
身体の「動き」「感覚」に意識を向け、
頭の中で描写していきます。

 

例えば、散歩やスポーツをしている時などに、

・足を前に出す動き
・足の裏が地面に触れる時の感覚

そういった動きや感触を、
こと細かに実況中継します。

【マインドフルネス】運動しながら練習する方法【ジャッジしない】
運動しながらマインドフルネスの練習をする方法を知りたいですか?この記事では、マインドフルネスに運動を行うやり方やコツ、気をつけるべきポイントなどを、具体例をあげながら詳しく解説しています。マインドフルネスな運動のやり方に興味のある方必見です。

 

また、座っている時などは、

・自分の腕の重さ
・腕がどこにあるか
・どのくらいの長さか

などといった自分の身体を、
できるだけ客観的に、実況中継してみてください。

 

自分の身体を、
単なる事実として観察することが、
マインドフルネスのとてもよい練習になります。

もちろん、横になって行うことも可能です。

寝ながらできるマインドフルネス瞑想のやり方3つ【仰向けでOK】
寝ながら行うマインドフル瞑想のやり方が知りたいですか?この記事では仰向けで行うマインドフルネス瞑想の具体的なやり方やコツ、姿勢や注意点などについて10年以上の瞑想の練習と指導経験から詳しく解説しています。寝たままマインドフルネス瞑想したい方必見

 

おすすめ  瞑想を習慣にするために必要なノウハウとコツ、すべてお伝えします【瞑想の教科書】

 

②固有名詞を使わない

マインドフルネスの簡単なやり方の2つ目は、

固有名詞を使わない

ということです。

 

固有名詞を使わないことで、
固定観念や先週感から、解放されやすくなるからです。

 

たとえば、
自分のう腕は「うで」とは言わず、

この辺りから伸びている、50センチくらいの棒のようなもの

などと抽象的に表現してみます。

 

さらに簡単なやり方として、
木や岩などになったとイメージをする
のもおすすめです。

人間のままだと、
どうしても、腕、頭、などといった固有名詞が出やすいですが、
木や岩などになれば、
そうした固定観念から離れやすいからです。

 

イメージを用いた瞑想の方法は、
詳しくこちらに書きました。

【入門】瞑想中は何をイメージするといい?おすすめ2つ【初心者必見】
イメージ瞑想の方法について知りたいですか?この記事では、海や樹などのイメージを使い、自分も自然界の一部であることに気づくことができる瞑想のやり方を、詳しく解説してます。イメージ瞑想をしてみたい、やってみたけどうまくいかないという方必見です。

 

マインドフルネスの効果が感じられない…

マインドフルネスの簡単なやり方を、
2つご紹介しましたが、

それでも難しいし、なかなか効果が出ないよ…
という場合もあるかもしれません。

 

ぼくにもそういった時期があったので、
すごくよく分かります。

そんな場合は、もしかしたら、

マインドフルネスの効果を、気にしすぎている

かもしれません。

 

マインドフルネスの練習を行えば、

・集中力が増す
・リラックスする
・不安が減る

などの効果は確かにあります。

より簡単なやり方で、効果を得たい!
という気持ちもすごくよく分かります。

 

そんな時は、マインドフルネスというものは、

・歯を磨く
・お風呂に入る
・ぐっすり眠る

のような、
自分をメンテナンスする方法だと考えてみてください。

 

マインドフルネスに限らず、何でもそうですが、
効果や結果を意識しすぎると、
とてもシンドイし、義務になっちゃいませんか?

 

結果は単なるおまけです。

楽しく続けていたら、
なんか効果があった、くらいに考えていた方がラクですよ。

マインドフルネス瞑想の効果が出るまで「すぐ・長期間」どちらも正しい
マインドフルネス瞑想の効果が出るまで期間はどのくらい?そんな疑問はありませんか?この記事ではマインドフルネス瞑想の「すぐに現れる/時間のかかる効果」について10年間の練習と指導の経験から詳しく解説しています。効果が出ず困っている…という方必見

 

マインドフルネスの効果が感じられない場合の対処法などは、
こちらの記事にくわしく書きました。

マインドフルネス【効果がない】と感じる時にチェックしたい3つのコト
マインドフルネスなんて効果がないと思っていませんか?この記事ではマインドフルネスの効果が思うように感じられない時にチェックしたいポイント、対処法や改善策などについて詳しく解説しています。マインドフルネスなんて効果ないよ・・という方必見です。

 

マインドフルネスの簡単なやり方|今すぐ誰にでもできる2つの方法まとめ

以上、
マインドフルネスの簡単なやり方|今すぐ誰にでもできる2つの方法
というテーマで解説をしました。

 

今回は、どこででもできる簡単なやり方をご紹介しましたが、
本格的にマインドフルネスや瞑想をやってみたい、という方は、
こちらがお役に立つと思います。

【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】10年間続けてきた方法とコツ|ナカガワケン|note
常にストレスを抱えているので、なんとかしたい… 瞑想は何度かやったことあるけど、 やり方がよく分からないし、きちんとできてるかどうか不安… そんな悩みはありませんか? この【瞑想の教科書|始め方&続け方 完全ガイド】を読めば、 瞑想の準備や始め方から、コツや注意点など、 基礎から応用までが理解でき、 悩みやストレ...

 

記事がお役に立てばうれしいです。

 

● マインドフルネス瞑想は、電車の中でも可能です

【電車で瞑想】通勤電車で瞑想する5つの方法【忙しい人必見】
電車の中で瞑想する方法を知りたいですか?この記事では電車の中でもムリなく瞑想ができる方法やコツ、効果やメリット、注意点などについて詳しく解説しています。忙しくて瞑想する時間がない。電車の中で瞑想したいという方は必見です。

● 音声ガイドも、マインドフルネスの簡単な方法としておすすめです

瞑想誘導ガイド(音声つき)10分間の瞑想をはじめたい人へ【必聴】
瞑想を音声つきで誘導してくれるガイドをお探しですか?この記事では瞑想音声誘導ガイドの効果やメリットを、10年以上瞑想を続けた経験をもとに音声ガイド作成した視点から分かりやすく解説しています。瞑想を始めたい、誘導音声ガイドを探してるという方必見

● マインドフルネス、長くやろうとすると続かないです

瞑想の時間の目安は「楽しく続けられる長さ」まずは5〜10分でOK
瞑想の時間の目安は何分くらいが効果的か知りたいですか?この記事では瞑想を楽しく続けられる時間の目安や根拠について、瞑想指導歴10年以上の経験から詳しく解説しています。瞑想したいけど長時間はちょっと…効果的な時間の目安が分からないという方必見



瞑想
ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました