腸と脳の関係:うつ病など心や体への影響は?健康や病気についてのまとめ

marioschulz / Pixabay

最近ツイッターでよく目にする話題

「脳と腸の関係」

腸は第2の脳だ、っていうのは数年前から聞いたことがあって、
日常生活でも実感することもあったんだけど、
ここにきてまた興味が湧いてきたので、みんなどんな風に考えているのか?
いろいろな意見を集めてみた。

腸を直せばほとんどの病気は治る?

腸内細菌という言葉も、最近よく目にしたり耳にします。

腸の中にいる細菌が、脳の働きまでもコントロールしているとのこと。

科学的にどうかはよくわからないけど、
脳が下す判断は、理性や損得などが働いて、
自分の本当の意思とはちょっと違うんじゃないかな?って感じることがあるんだけど、
お腹すいた、とか、これを食べたらお腹が痛くなる、みたいなことって、
すごく素直な反応だなと、納得する部分があります。

ウニやクラゲは脳がない?腸で考えてる?

これも面白いです。

人間の思考や行動は脳がコントロールしていると、
当たり前のように思ってしまっているけど、
脳が存在しない生物がいるということは・・・。

生命体の臓器の機能って、細かな違いはあるだろうけど、
本質的には変わらないと思うので、人間の腸にも、やはり考えたり行動を制御する働きが、
あるってことなんだろうなあ。

腸と脳ー体内の会話はいかにあなたの気分や洗濯や健康を左右するか

おもしろそうな書籍もありました。

まだ読んではいないけど、評判をみるかぎり、よさげです。

以前、うつ状態が長く続いた時があって、
そのころは脳に関する本をむさぼり読んでいたのですが、
久しぶりにこうした本を読んでみたくなりました。

あと、脳とともに、腸に関してもいろいろ本を読んでみようかな。

腸と脳を結ぶ迷走神経を切断すると、パーキンソン病の発症率が下がる?

これなども興味深いです。

科学的な根拠とかは不明ですが、腸と脳を結んでいる神経を切断したということは、
やはり腸から脳へ、なんらかの信号や指令が送られていたということでしょうかね。

腸と脳の関係:うつ病など心や体への影響は?いろいろな考えをまとめてみた のまとめ

人間が、脳という臓器に関心を持ち始めてから、まだ歴史が浅いらしい。
当時は、脳のことなんか数年もあれば解明できる、と思われていたらしいけど、
いまだに脳の機能の全貌は、数パーセントも明らかになっていないとも言われています。

同じように、腸に関しても、おそらく全てが解明されることはないと思います。

だけど、直感的に、腸は脳の上位に位置している臓器なんじゃないかとも思います。

これから、ちょっと腸に注目してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました