スポンサーリンク

【半日観光】ヴロツワフの街歩きマップ&見どころ【ポーランド滞在記】

【半日観光】ヴロツワフの街歩きマップ&見どころ【ポーランド滞在記】ポーランド
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

ポーランド・ヴロツワフの街を、半日くらいで観光したい

とお考えですか?

 

この記事では、

ヴロツワフの半日観光の体験記
街歩きマップと見どころ

をくわしく解説します。

 

筆者のケンは、
2016年にポーランド第4の都市、
ヴロツワフという街に、1ヶ月半ほど滞在しました。

ぼくの友人の坂光敏というドローイングアーティストが、
ここヴロツワフで個展を開くことになったので、
その手伝いとして同行しました。

くわしくはこちら。

【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】
ポーランドと日本のアート交流について知りたいですか?この記事では、2016年にヴロツワフで開催されたアート作家坂光敏の個展の様子や、ポーランドの人々の反応などについて詳しく解説しています。ポーランドのアート事情について知りたい方必見です。

 

本業は、
ヨガやマインドフルネスを教えています。

【マインドフルネスとは?】練習方法をまとめてみた【今ここ】
マインドフルネスとは何か知りたいですか?この記事ではマインドフルネスの定義、難易度別おすすめの練習方法とコツ、どんな効果があるのか?などについて、長年の練習と指導経験をもとに詳しく解説しています。マインドフルネスに興味のある方は必見です。

 

他にも、
旅の記録や心身の健康、
どこでも生きていけるライフスタイルなどについて、
情報を発信をしています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする
ポーランド・ヴロツワフの市場 Hala Targowa|ナカガワケン|note
ポーランド・ヴロツワフの市場 Hala Targowa

 

スポンサーリンク

【半日観光】ヴロツワフの街歩きマップ&見どころ【ポーランド滞在記】

2016年1月17日(日)

ポーランド在住のカロリーナちゃんの案内で、
ヴロツワフの街を半日観光しました。

 

その時のルートがこちら。

ヴロツワフ半日観光ガイドマップ

ヴロツワフ半日観光:街歩きガイドマップ
地図をクリックすると別ウィンドウで開きます

①旧市街広場
②ヴロツワフ大学
③歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)
④ヴロツワフ大学植物園
⑤旧市街の街並み
⑥Przedwojenna(大衆酒場)
⑦Kuchnia Marche(ビュッフェレストラン)

 

昼12:00ごろに待ち合わせ。
夜19:00ごろに解散。

所要時間は、約半日。

 

ヴロツワフの街を案内してくれたのは、
カロリーナちゃん。

わたくしケンと坂光敏の共通の友人の紹介で、
知り合いました。

 

ヴロツワフから少し離れた街に住んでいて、
日本語ペラペラ。

大学では日本語を専攻し、
日本にも1年間留学していたとのこと。

 

なおかつ、歴史に超詳しく、
この建物は何百年前にどうこうで、みたいな説明がどんどん出てくる。

そして、
我々日本人でも知らないような言葉や語彙を持っている。

 

カロリーナちゃん
Dziękuję(ジェンクイエ/ありがとう)

 

 

そんなカロリーナちゃんと一緒に巡った、
ヴロツワフ半日観光の様子を、
さっそく順番に見ていきましょう。

 

ヴロツワフ半日観光① 旧市街広場

ヴロツワフ半日観光① 旧市街広場

ヴロツワフの旧市街広場は、
ご覧のように、
色鮮やかな建物が立ち並ぶとても美しい場所です。

ヴロツワフの半日観光は、ここからスタート。

 

この日、
ヴロツワフ観光をガイドをしてくれるカロリーナちゃんが、
待ち合わせ場所として指定したのは、

ヴロツワフ旧市街広場の噴水前

 

でも、広場まで来たものの、

噴水? どこ?

って感じ。

 

モニュメントらしきものはありました。

でも、水が流れていないから噴水じゃないよなあ・・

と思い待ってたら、
カロリーナちゃんがやって来た。

 

カロリーナちゃんに確認したところ、
どうもこれが噴水だったらしい。

 

なぜ水が流れていないのか?

 

答えは、

寒いから

冬の間は、凍ってしまうので、
水を止めているとのこと。

オー、アイシー。

 

ヴロツワフ半日観光② ヴロツワフ大学

3人そろったので、
旧市街の北側にある、
歴史地区(島と橋と教会がいっぱいある地域)に向かいます。

 

その途中、背の高い教会がありました。

塔の上の方まで登れるらしいんだけど、
冬は閉まっていて登れないらしい。

 

寒いから

オー、アイシー。

 

 

さらにもう少し進むと、ヴロツワフ大学が。
頭いいとこらしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Océane De Sorgherさん(@oceane.d.s)がシェアした投稿


ここにも上の方まで登れる塔みたいなのがあるんだけど、
冬は登れないとのこと。

 

寒いから

そうだよね・・
アイシィ・・

 

ヴロツワフ半日観光③ 歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)

ヴロツワフ半日観光③ 歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)

ヴロツワフ半日観光。

旧市街を北に抜け、
オドラ川という大きな川まで来ました。

 

川の向こうには、教会がたくさん見えます。

ヴロツワフの歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)、
と呼ばれるエリアです。

観光スポットとしても人気の場所です。

 

オドラ川には、
12の島と100以上の橋があるらしく、
中にはこんな橋も。

トゥムスキ橋:Tumski Bridge|ヴロツワフ半日観光③ 歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)

縁結びの願掛けなんでしょうね、
鍵がいっぱい掛けられていました。

 

教会/大聖堂|ヴロツワフ半日観光③ 歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)

歴史地区をさらに進んでいくと、
大小さまざまな教会がたくさんあります。

 

これはその中でも、かなり大きく、
最も古い大聖堂のひとつとのこと。

ヴロツワフ観光には、
欠かせない場所ですね。

 

ヴロツワフ半日観光④ ヴロツワフ大学植物園

ヴロツワフ半日観光は、まだまだ続きます。

歴史地区のさらに奥の方には、
植物園がありました。

 

あれ? 入場口が閉まっている?




来るよ来るよ

 

寒いから

来たー!

 

なので、
植物園の看板だけ、ご覧ください。

ヴロツワフ半日観光④ ヴロツワフ大学植物園
植物園は冬の間は閉園中。。。看板と門だけ見た

 

さらに植物園をぐるっと回り込むように歩いて行くと、
川の入江のようなところに出た。

観光船が出てクルーズを楽しめるらしい。

 

少人数乗りのボートもあるらしく、
井の頭公園的なデートも楽しめるようだ。

 

もちろん冬の今は休業中!
当然、井の頭ボートも見当たらない!

寒いから

ですよねー!

 

ヴロツワフ半日観光⑤ 旧市街の街並み

ヴロツワフ半日観光⑤ 旧市街の街並み

ヴロツワフ半日観光の一行は、
旧市街まで戻ってきました。

 

さすが旧市街。

お店も人も多くなり、
とても賑やかな雰囲気です。

 

中でも、
興味深かったのが、こちらのお店。

ボードゲームショップ|ヴロツワフ半日観光⑤ 旧市街の街並み

ボードゲームの専門店です。

 

ポーランドは、
実はボードゲームが盛んな国のようです。

店内には、
その場で遊べるスペースもありました。

 

ボードゲームSAMURAI|ヴロツワフ半日観光⑤ 旧市街の街並み

また、
ポーランドは親日国でもあるからか、
こうした、日本を題材にしたボードゲームも、
置いてありました。

このゲームは最高!

● 参考記事

東京オリンピック・バレーボール・ポーランド元代表、銅メダルおばあちゃん登場!
<ポーランド・ヴロツワフ滞在記> 2016年1月12日(火) 月曜日。ヴロツワフの一週間がはじまる ポーランド・ヴロツワフ4日目。 昨日、月曜日はそれまでの2日とは街の様子ががらりと変わった。 到着したのが土曜日だったから、...

 

ヴロツワフ半日観光⑥ Przedwojenna(大衆酒場)

ヴロツワフ半日観光⑥ Przedwojenna(大衆酒場)

ヴロツワフ半日観光も、
3分の2くらいが経過したので、
ここらで休憩タイム。

 

Przedwojenna

Przedwojenna Bistro - ヴロツワフ - バー、レストラン | Facebook
Przedwojenna Bistro、ヴロツワフ - 「いいね!」5,038件 - 居酒屋・バー

という、お店に入りました。

 

ここは、歴史ある大衆酒場。

お酒や軽食が、
リーズナブルな値段で楽しめます。

● 参考記事

ポーランドの物価は日本の半分くらい。日曜日のヴロツワフの街をブラブラ。
<ポーランド・ヴロツワフ滞在記> 2016年1月10日(日) ポーランドで初めてぐっすりと眠る。時差ぼけはない。 長旅の疲れか、かなり眠かったので、昨日の夜は目覚ましをかけないでベッドに入ってみた。 昨夜、ふとんに入ったのは2...

 

酒場でなぜかカフェラテを飲む|ヴロツワフ半日観光⑥ Przedwojenna(大衆酒場)

ぼくはお酒をほとんど飲まないので、
カフェラテを注文しましたが(笑)

● 参考記事

ポーランド語会話講座(カフェ編)"Kawa z gruntem." 地面とコーヒー?笑
<ポーランド・ヴロツワフ滞在記> 2016年1月14日(木) ポーランドで深夜残業(笑) 第6日目の朝に書いてます。 昨日、展示の設営作業が終了したのが夜中の3時。 この時間まで起きてたの、何年ぶりだろう。。 このちょ...

 

ヴロツワフ半日観光⑦ Kuchnia Marche(ビュッフェレストラン)

ヴロツワフ半日観光⑦ Kuchnia Marche(ビュッフェレストラン)

ヴロツワフ半日観光の締めは、
ディナーです。

 

カロリーナちゃんに連れて行ってもらったのは、

Kuchnia Marche

Kuchnia Marche ul. Świdnicka 53 we Wrocławiu — Kuchnia Marché

というお店。

 

ポーランド国内に
数十店舗、展開しているチェーン店なのですが、
とてもよいお店でした。

 

ビュッフェ形式のレストランで、
量り売りで値段が決まります。

その場で作っているので、
料理はどれも新鮮で美味しい。

● 参考記事

ヴロツワフの可愛い寿司屋さん【ヴィーガン料理店THE ROOT】
ヴロツワフのおすすめのお寿司屋さんを知りたいですか?この記事では可愛いお寿司が食べられるヴィーガン料理店「THE ROOT」の場所やメニュー、値段、オススメの理由などを詳しく解説しています。ポーランド・ヴロツワフでお寿司を食べたい人必見です。

 

閉店、数時間前から、
料金が割引になるというサービスもあり、
滞在中、けっこう利用しました。

 

こちらのお店で、
3人でディナーを楽しみ、
ヴロツワフ半日観光はお開きとなりました。

 

ブロツワフ観光、おすすめは夏?冬?

ブロツワフ観光、おすすめは夏?冬?

ヴロツワフ半日観光を終えて感じた印象は、

”灰色の季節”

 

ポーランドの冬がそう呼ばれているとは、
事前に聞いていたんですけど、
まさにヴロツワフで体感しました。

 

寒い時は、
マイナス30度くらいの日があるらしく、
そうなると観光どころじゃないですね。

空が暗い、というだけでなく、
人や街の活動も停滞気味になるので、
そういう意味での灰色なのかな・・
とも思いました。

 

ヴロツワフの街には、
ヨガスタジオがとても多かったんですが、
ニーズがあるんでしょうね。

● 参考記事

ポーランド・ヴロツワフのヨガスタジオ[FABRYKA ENERGII]に行ってきました
ヴロツワフ滞在10日目。これまで時間的な余裕がなかったので、ヨガのプラクティスは滞在先の自室でやっていたんだけど、ようやくスタジオに行って練習ができた。ヴロツワフ市街には5、6件のスタジオが。半径5kmくらいまでエリアを広げると、計10件ほどが点在してるという感じ。

 

一方で、
空の色はたしかに灰色だけど、
出会う人々からは
むしろ鮮やかさや温かさを感じました。

多くの人が、明るく生活しています。

 

冬が明けて春が来ると、

花も女性も花開き、
また違った街になるとのことだったので、
夏のヴロツワフも確かに楽しみ。

 

花咲くころにまた来るぜ、
ヴロツワフ。

 

【おまけ】ヴロツワフを案内してくれたカロリーナちゃんは、ポーランドにとても多い名前でした

この日、
ヴロツワフ半日観光をガイドしてくれた、
カロリーナちゃん。

 

実は、ここヴロツワフに来てから、
カロリーナという名前の女性に出会うのは、
彼女で3人目。

まだ数日しか経ってないというのに!

 

1人目は、
ギャラリーの設営を手伝ってくれた女の子。

【ポーランドの治安】夜遊びできるくらい安全でした【注意点アリ】
ポーランドの夜の街の治安について知りたいですか?この記事では、ヴロツワフという街に2ヶ月ほど滞在した経験から、夜の街の治安、おすすめの場所、交通手段、夜に活動する際の注意点などを詳しく解説しています。ポーランドの夜の治安が気になる方必見です。

 

2人目のカロリーナは、
前日に出会ったインタビュアー。

ポーランド・ヴロツワフにてストリートアートについてのインタビューを受ける
お昼にカロリーナという人からインタビューの約束が入っているので、旧市街広場で昼前に待ち合わせ。ストリートアートを研究されている方らしい。そしてインタビューが進むに連れて、お互い「???」みたいな雰囲気に。どうも話が噛み合ない。

 

おそらく、

Karolina カロリーナ

という名前は、
ポーランドでとても多い名前なんだと思います。

日本でいうとけいこゆうことか?

 

ちなみに、
男性の名前で多かったのが、

Piotr ピョートル

滞在中に4、5人、
出会ったり、名前を聞いたりしました。

 

【半日観光】ヴロツワフの街歩きマップ&見どころ【ポーランド滞在記】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

ヴロツワフ半日観光ガイドマップ

ヴロツワフ半日観光:街歩きガイドマップ
地図をクリックすると別ウィンドウで開きます

①旧市街広場
②ヴロツワフ大学
③歴史地区(オストルフ・トゥムスキ)
④ヴロツワフ大学植物園
⑤旧市街の街並み
⑥Przedwojenna(大衆酒場)
⑦Kuchnia Marche(ビュッフェレストラン)

以上、
【半日観光】ヴロツワフの街歩きマップ&見どころ【ポーランド滞在記】
というテーマで解説をしました。

 

冬のヴロツワフ半日観光、ほんとうに楽しかった!

 

ヴロツワフの旧市街はコンパクトなサイズなので、
半日でも十分に観光が楽しめます。

 

ちなみに、東京ーヴロツワフの格安航空券は、
料金:約64,000円〜所要時間:約13時間〜(乗り継ぎ便)

最安値の航空券は、このどちらかで探せば見つかると思います

● skyticket(海外航空券)

● Expedia|海外格安航空券

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

● ヴロツワフには、観光地以外にも見どころがこんなにあります

【ヴロツワフ】観光地以外の見どころガイド【ポーランド】
ヴロツワフの観光地以外の見どころを知りたいですか?この記事では、ポーランド・ヴロツワフの観光地ではない見どころやオススメの場所を、現地に数回、数ヶ月間滞在した経験をもとに詳しく解説します。ヴロツワフの穴場の見どころを知りたい方は必見です。

● 海外でSIMを買うなら、空港や観光地より街中の方がおすすめ

【アムステルダム】SIMカードは空港より中央駅の方が安い【オランダ】
アムステルダムでSIMカードを購入するにはどうすればいいか知りたいですか?この記事では2018年11月に現地でSIMカードを購入した体験談、購入場所・値段・注意点などを詳しく解説しています。アムステルダムでSIMカードを購入したい方必見です。

● 【海外旅行】この違いを知って、すごく役に立ちました【英語】

Can I…?とMay I…?の違い:Mayは相手、Canは自分への許可
基本的にはどちらでもいいが、May I は相手に対してこれをしていいか?と許可を求めていて、Can I は自分がこれをすることが可能か?を相手に訪ねている。なのでMayの方が丁寧な意味合い。より丁寧さを伝えたいのであれば具体的に希望を表現するといい。
タイトルとURLをコピーしました