スポンサーリンク

「結局、人生はアウトプットで決まる:中島聡著」の感想とレビュー やりたいことをやれ!

アウトプット
The following two tabs change content below.

ケン

ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

ツイッターを始めるようになって、
これまでいかにアウトプットを意識していなかったか、
ということに気づいた。

いわばツイッターは、ぼくにとって、アウトプットの練習の場です。

なので、このタイトルに目がみ飛び込んできたので、早速読んでみました。

スポンサーリンク

マイクロソフトWindows95を作った著者がアウトプットを語る

著者の中島聡さんは マイクロソフトの伝説的プログラマー Windows95を作った日本人 らしいです

Life is beautiful
永遠のパソコン少年の理科系うんちく 

プログラマー界隈では、とても有名な方らしいのですが、
ぼくは知りませんでした。

しかも、プログラマーというのは表舞台に立つ存在ではないので、
そこで有名というよりは、
彼の知名度が上がったのは、ブログが発端だったということらしい。

これは、アウトプットについてどういう考えを持っているのか、俄然興味が湧きます。

本物のアウトプットと偽物のアウトプット

“アウトプットには 「アウトプットもどき」がある” 冒頭から面白いフレーズが登場!

アウトプットというのは、
ただ情報を発信すればいいわけではない。
らしい。

“本当のアウトプットをするには インプットの時に 出来るだけ1次情報に触れること そして それに基づいた自分なりの解釈をすること それが 物事の本質に近づく 1番の方法だし あるべきアウトプットの姿”

これはすごく納得しました。

ネット上にはたくさんのサイトやブログがあるけど、
どこかで見たような情報や文章を、ただ並べただけのものも多い。

著者曰く、それはアウトプットもどき。

本物のアウトプットというのは、
インプットする段階で、その源流に遡る必要があるとのこと。

例えば、amazonのことをアウトプットするなら、
創業者のジェフ・ベゾスの発言に触れろ、と。

確かに、第3者が語るamazonについてより、
amazonを作った張本人の情報の方が、より本質には近いだろうから。

アウトプットが最強のインプット

“結局 アウトプットが 最強の情報収集である 最初から 何もかも知っているわけでは 決してなく 調べながら書いている インプットとアウトプットは 車の両輪”

質の良いアウトプットには、当然のことながら質のようインプットが必要。
インプットの質が悪ければ、アウトプットの質も低いものとなる。

アウトプットとしてのプレゼンの極意

“良いプレゼンとは 最も伝えたいメッセージを シンプルに わかりやすく 情熱的に伝える ことに他ならない そのためには 何を伝えたいのかをはっきりと決め そのことに最大限努力すること”

プレゼンについても書かれていた。

・最も伝えたいメッセージを
・シンプルに
・分かりやすく
・情熱的に

伝えること。

これだけのことだけど、ついついおろそかになりがち。

「結局、人生はアウトプットで決まる:中島聡著」の感想とレビュー やりたいことをやれ!のまとめ

結局、人生はアウトプットで決まる 中島聡 著の読後レビュー
ブログ、会話、プレゼン、継続 などについて実例を交え 分かりやすく書かれていた
印象的だったのは
自分が心から楽しめることを まずは持とうということ
ワクワクすることは 自然と人に伝えたくなるし続く
続ければ上手くなる
これ、真理

コメント

タイトルとURLをコピーしました