スポンサーリンク

短時間でブログ記事を書く方法:10分ブログ#3

ライフスタイル
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係・感情との付き合い方など、生きる上で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます

10分でブログを書く方法の大3回目。

書く方法とは言っても、実際に10分でブログ書いてみて、それをただ公開するというもの。

これが100回くらい続いて、それを集大成すれば、
けっこう面白いハウツーになるような気がして、続けています。

スポンサーリンク

10分ブログ:誤字脱字は気にせず書き続ける

基本的には、誤字脱字は気にせず、ただただ書き続けて、
10分経ったらそれをそのまま公開します。

前2回は、公開した後に、誤字脱字を訂正したりしていたんだけど、今回はそれはしないでおこうかなと。

ただし、公開後に文字数を調べて、何文字書けたかは追加します。

10分ブログ:書き方のルール

書き方のルールは、とくに決め手はいないんですが、

よく言われている

・結論
・理由
・根拠
・最後にもう一度結論

という方は、いつも念頭に入れて書いています。

ただ、この10分ブログなどは、そのフレームにはそのまま当てはまらないと思うんですが、
そうした型を持っていると、いろいろなケースに応用できてベースになると、
これまでブログを書き続けてきて感じます。

5分経過

今回は見出しも入れてみようかなと思います。

この10分ブログに限らず、毎日ブログを書き続けてると、
だんだんと、見出しの入れ方や、どういうタイトルが効果的かが、
肌感覚、身体感覚的にわかってくるような気がします。

見出しは入れた方がSEO的にはいいんだろうけど、
あまりテクニカルなことは考えずに、
思ったことをただスッと書くだけでいい場合もある。

こうした塩梅も、やはり数をこなすことでわかってくるような気がします。

量が質を生む

この言葉、すごく大好きな言葉です。

量か質か?ではなくて、
量が質を生むんです。

だから続けることすごく大事。
続けて初めて見えてくる領域がある。

それに伴って質は付いてくる。

そのスピードやスケールは人によって違うんだろうけど、
量が質を生むは、本当に心理。

続けるためには、やはり楽しむことも大事。

やりたいことをやろう、というのは、続けるため!ということでもある。

続けるのであれば、やはり、楽しいことの方が続けやすいでしょう。

ここで10分終了

若干のロスタイム。20秒くらい。
このくらいいいよね。

では公開します!

 

 

 

 


公開後の追記

文字数:903文字!

 

これまでの10分ブログはこちら

10分でブログを書く方法 文字数:835文字

10分でブログを書く方法 #2 文字数:1,070文字

コメント

タイトルとURLをコピーしました