スポンサーリンク

10分でブログを書く方法 #2

ライフスタイル
The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

今日も、10分間でブログを1本書いてみます。

※赤字は10分経過して公開後の追記です

スポンサーリンク

10分でブログ書く!第2回目

前回、2日前に行ったのですが、

その時は、2000文字くらい掛けてたつもりが、900文字未満でした。

今回は、それを超えるべく書き進めていきたいと思います。

 

前回はあるていど、こんなこと書こうとか思ってたんだけど、事前に。

だけど今回はノープランです。

 

ここまでで2分経過。

お、なかなかいいペースかも。

10分でブログ書く!誤字脱字は後で直す

ここまで書いてきて気づいたのは、

書き間違え、誤字脱字、の修正にけっこうな時間とエネルギーがかかるということ。

それらの修正は後でやると割り切って、

そのままき進めていったほうがよさそうです。

10分でブログ書く!改行も後で整える

改行もしかり。

改行について考えているとこれも時間をかなり使うので、

とりあえずこんな風に、同じ改行で進めていって、

後で体裁を整えるというのが良いようです。

10分でブログ書く!見出しは後でつける派

見出しは、先につけたほうがよいという意見もありますが、

ぼくは、今回も、これまでも、後でつける派です。

そのほうが僕はきやすいです。

 

誤字脱字そのまま残して、このまま公開してみようかな。

 

ここまでで、まだ5分経ってない。

これは、かなり良いペースという確信があります。

そっか、こんなくらいのペースで書いていけばいいんだ。

10分でブログ書く!去る者は追わず

さっきの章を書いていた途中で、次これ書こうと頭の中に浮かんだんだけど、

いま書こうと思ったら、消えて無くなりました。

そういう場合も筆を止めずに、もとい、キーボードを打つ手を止めずに叩き続ける。

10分でブログ書く!自分らしく書けばいい

もう一つ気づいたのは、

言葉を探す時間も、かなり費やしているということ。

どういうことかというと、

さっきの文章で、

筆を止める、という文章はスッと出てきたんだけど、

これMacで売ってる打ってるから、筆じゃないよな、っておもって、

違う書き方をしようとしら、

それは、普段使わない言葉なので、

同じ文字数打つのにも、かなり時間がかかったということ。

なので、普段使っている言葉で書くと時間は短縮できるかも。

もっというと、普段から、いろいろな言葉や表現の引き出しを

増やしておくのは、とても役に立つなと思いました。

 

あと2分!

10分でブログ書く!#2 まとめ

そろそろまとめます。

ノープランで書いてきたけど、

けっこういろいろな気づきがありました。

今回は1000は超えられていそうな予感がします。

頭の中に浮かんだことを、そのまま打つ。

そうすると、淀みなく文章が出てくるし、

時間もかからない。

だから、普段から、いろいろをものを感がて考えて

アウトプットを念頭に置いておくと良いかなと思いました。

なんか硬い締めになっちゃったけど、こんな感じ。

あと10秒。

あt5秒。

くぁあああああああああああああああああああああああああああ


ここからは、10分経過して、公開後の追記です。

文字数:1,070文字

おお!
1,000文字超えた。

取り合えず、誤字も脱字も改行も気にせず書いていって、
後で修正を入れたり、整えるといのは、ぼくにとってはやりやすいなと思いました。

この追記の所要時間は約15分でした。

10分+15分=25分

第2回目は以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました