スポンサーリンク

10分でブログを書く方法

アウトプット
The following two tabs change content below.

ケン

ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

ブログを10分で書きます。

結論から言うと、以下のことを実践します。

・結論>理由>具体例>もう一度結論
・10分で書くと決める
・間違いやクオリティーは気にしない
・細部にこだわらない
・10分経ったら公開する
これらはよく言われていることなので、目にしたことがあるかもしれませんが、
実践したことはなかった。
それを今日やっています。
スポンサーリンク

なぜ10分で書く必要があるのか?

「質は量から生まれる」

とぼくは思っていて、
ブログもとにかく数を多く書くうちに、
だんだんとクオリティーが上がってくると思います。

実際そうだし。

だけど、1記事に2時間も3時間もかけていたのでは、
1日に書ける本数なんてたかが知れています。

そのためには、どうしても1記事に書ける時間を減らす必要がある。

どうせなら、どこまで時間をかけずに書けるか、
トライしようと言うものです。

ここまでで6分経過。

おおおおお!

筆が止まったらなんでもいいから書く

どうしてこの見出しかというと、
今実際に筆が止まったからです(笑)

止まったら、今起きていることをそのまま書けばいい。

いろいろ考えて、かっこよく言おうとしたり、自分を良く見せようとしない。

あと2分半

時間的に、そろそろ締めていく必要がありそうです。

10分でブログ書く、を実践してみて分かったのは、
文字数的には十分な量を書けるのではないかということ。

あとで文字数カウントしてみますが、
2000文字以上はいけるんじゃないかな?

あと、冒頭に書いた

・結論>理由>具体例>もう一度結論

などのフレーム、型というのは、すごく有効。

そうした型があれば、それに当てはめて書いていけるので。

あとは、量をこなして、それらがすっと出てくるようになれば、
本当に、1記事10分で良質なブログを書くことは、
まったく問題ないんじゃないかなと思います。

ここで10分経過!

終了ー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

自分で決めたので、これで公開します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ここからは、公開後の追記です。

文字数:835文字

2,000文字いってるんじゃないかな?って思ってたんだけど、全然でしたね(笑)
ただ、この2.5倍くらい書ければいけるんで、慣れてくればいけるでしょう。

あとは、画像や他記事の引用等がスムーズにできれば、
さらにクオリティーは上がっていくはず。

いかに自分なりのルーティーンを見つけるか、かなととも思いました。

以前は1記事に2、3時間かけるのなんてざらだったし、
さんざん考えて書いた末に、納得いかずに未公開ということもあったので、
細部にこだわらず、とにかく書いて、公開する、っていうスタンスで、
しばらくは書いていこうかなと思いました。

定期的にやることで、
だんだん、自分の進化の過程が見えると思うので、定期的にやります。

それもなかなか面白そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました