スポンサーリンク

本や文章を読めない(難しい)人は耳で学べ!おすすめの5つの方法

ライフハック
StockSnap / Pixabay
The following two tabs change content below.

ケン

ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

最近ぼくは、本を耳で聴いています。

フリーランスとなって、通勤電車に乗らなくなってから、
本を読む時間がめっきり少なくなり・・・

それはいかんと思って、
移動中や家事をするときなどに、なんとか本を読めないかと試したところ、
音で読むのがいい!と思うようになりました。

何か作業をしながら本を読む(聴く)ことができるので、
時間を効率よく使うことができます。

ぼくは、家やカフェで本を読もうとしても、どうしても途中で眠くなってしまうので、
そうした人にもオススメの方法かと思います。

以下は、ぼくが実際に試している本を耳で聴くための5つの方法です。

 

スポンサーリンク

Audible:Amazonが提供するオーディオブックサービス

1番のオススメしたいのは、
Amazonが提供しているオーディオブックのサービス、Audibleです。

実際に利用していて感じるのは、圧倒的なクオリティーの高さ。

ベストセラーや話題作など、ラインナップされている本自体の質の高さもさることながら、
それをプロのナレーターが朗読しているので、安心して聴いていることができます。

良い点

スピードは、0.5倍から3.5倍まで0.25倍速間隔で選べるので、
自分の好みの速さで視聴が可能です。
ちなみにぼくは1.5倍〜2倍速が好きです。

スピード調整の幅と細かさにおいても、
他のサービスより頭ひとつ飛び抜けていると感じます。

チャプターごとに分かれていたり、スリープタイマーなども用意されていて、
細かいところに手が届くのは、さすがAmazonだなとも感じます。

改善して欲しいなと思う点

本の購入に関して、若干使いづらさを感じます。

iPhoneでの利用の場合、Audibleのアプリからは、
直接本の購入ができないようになっています(Apple製品の仕様により)。
なので、Amazon本体から本を購入し、
それを端末に送信というステップを踏む必要があります。

あと、同じAmazon本体のサービスや、Kindleと同じアプリなどで利用できると、
便利かなと思います。
今は両者別々なんですよね。

たまにこれどっちだっけって混乱することがあるので、
統一されればさらに使いやすくなると思います。

これらは、使うたびに慣れてくるので、あまりストレスには感じないレベルですが。

オススメのコンテンツ

「多動力」堀江貴文
ホリエモンの新刊。ぼくは「質は量から生まれる」というふうに思っているんですけど、まさにそうしたことについて彼ならではの視点から書かれている本です。ホームランを打ちたければ、バットを振らなきゃ当たらないし、そもそもバッターボックスに立つのは大前提。完全を目指して躊躇するくらいだったら、60%くらいでいいからやってみる。その大切さを痛感する本でした。

「デール・カーネギーの人を動かす方法」デール・カーネギー
人間関係についての名著「人を動かす」のオーディオブック版。
この本は、単行本と文庫本で所有していて、これまで10回くらい読み直しをしています。現在でも、たまに人間関係のことでつまづいた時には、この本を読み返しています。
これまでは文字で読む本だけしか出版されていなかったので、Audible上で聴けるのはとてもありがたいです。

30日間無料視聴

現在、無料視聴キャンペーンを行なっているようで、

・30日間無料で利用できる
(退会はいつでもできる。※退会手続きしないと自動継続なので注意!)
・毎月1冊、無料で聴ける
・プライム会員は、本が気に入らなかったら交換可能

などの特典があります。

自分には向かないなと思えば、無料期間中に退会も可能なので、
一度無料で試してみても損はないと思います。

Audibleのオススメ度
総合:★★★★★
使いやすさ:★★★★☆
種類の豊富さ :★★★★☆
内容の質:★★★★★

 

YouTube:圧倒的な量とバラエティの豊富さ

YouTubeも耳学にとてもオススメです。

歯を磨く時や料理をする時、掃除の時など、
ある程度ながらでできることをするときに、
もっとも多く利用しているのがYouTubeです。

本一冊じっくり聴く時間はないけど、隙間時間を利用したい、
という時にぴったりなんです。

良い点

YouTubeの利点は、あらゆる種類の動画や音声を視聴できること、だと感じます。

〇〇を100個食べてみたとか、開封動画やゲーム実況と言った、
バラエティ要素の強い動画がYouTubeには多いような印象がありますが、
ビジネスや学問系の動画もかなりあります。

お気に入りの動画やチャンネルが見つかれば、
自動的にオススメ動画や関連動画が表示されるので、
次々に関心のある動画が見つかって行く感じも良いです。

内容はピンからキリまでですが、
セミナーを録画したものがフルでアップされていたり、
その道の専門家が、しっかりとした裏付けを元に話されているものなどもあって、
無料でここまでやるのか!と思うものも少なからずあります。

改善して欲しいなと思う点

・冒頭や途中に広告が挿入されて見づらい
・基本的にWiFiが繋がっている環境でないと快適な視聴が難しい
・視聴中はアプリを立ち上げておかなければならない

という点に使いづらさを感じていましたが・・・

2018年11月14日にスタートしたYouTubeプレミアムという有料サービスで、
それらがすべて解消されました。

つまり、

・広告なし
・オフライン再生が可能
・バックグラウンド再生が可能

実際にYouTubeプレミアムに加入して使っていますが、
ちょー便利!

YouTubeプレミアムは現在キャンペーン中で、最初の3ヶ月は無料で、
それ以降月額1,500円かかるのですが、
これだけ快適な状況を提供されちゃうと、
そのまま継続してもいいかなあと、思えてきてしまっている。

なかなかYouTubeの手のひらの上に乗っかっている状態です笑。

オススメのコンテンツ

なかがわけん
ちなみに私なかがわけんも、いくつかYouTubeチャンネルを持っています。そのうちの一つが、このチャンネル。生き方、稼ぎ方、心身の健康、働き方、楽しみ方、街歩き、など時間と場所に縛られず200歳まで生きる、をテーマにしたコンテンツを発信中しています。

 

YouTubeのオススメ度
総合:★★★★☆
使いやすさ:★★★★☆
種類の豊富さ :★★★★☆
内容の質:★★★★☆

 

Podcast(ポッドキャスト): 個人が発信できるインターネットラジオ

ポッドキャストもよく、他の作業をしながら聴くことが多いです。
こちらは主に、夜のキッチンで、調理や片付けをしながら、
息抜き的に聴いています。

内容的に、バラエティ系が充実しています。

ビジネス系のものもあるのですが、
それほど数は多くないなと感じます。

良い点

個人で発信できるプラットホームですが、
企業や専門家がプロデュースしているものが多く、
コンテンツの内容は高いものが多いです。

バックグラウンド再生が可能なのもポイント高いです。

改善して欲しいなと思う点

視聴する際の使い勝手がさらによくなると、嬉しいです。

すでに聴いたものや、新しく更新されたものなどが、
直感的に分かりづらく、目的のコンテンツにたどり着くのが少し難しいかも。

そうした捜査官に、少し慣れが必要に思います。

オススメのコンテンツ

東京ポッド許可局
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオのお笑い芸人3人が、ひとつのテーマをもとに持論を展開し、ただただおしゃべりするという番組。各人が特有の視点を持っていて、時事ネタとノスタルジックな話がとてもバランスよく、夜のリラックスタイムに聴くのにちょうどイイと感じています。イージーリスニングなトーク番組です。

高城未来ラジオ
高城剛がインタビュアーを務める番組。世界経済や社会の裏側、エネルギーや水と食物の真実、驚くべき最先端のテクノロジーなど、メディアではなかなか聴くことができない話題を届けている。登場するゲストは、ホスト、美容外科医、読者モデルなど。マスメディアでは流せないような裏話が満載なので就寝前に聴くには少し刺激が強いですが、本当に面白い番組です。

ポッドキャストのオススメ度
総合:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆
種類の豊富さ :★★★☆☆
内容の質:★★★★☆

 

Voicy

VoicyはネットラジオとSNSを合わせたようなサービスです。
発信者が10分から30分くらいのラジオ番組を放送しているという感じ。

あるいは、音声版ブログ、といったような使い方も多くみられます。

良い点

ある程度、プラットフォーム側が用意したフォーマットがあるので、
はじめに、本題、おわりに、
などのような型が作りやすく、聴きやすい。

ブログは目で読む必要がありますが、
耳で流し聞きできるので、気軽に新しい情報をインプットできる感覚があります。

改善して欲しいなと思う点

現在は、新規の発信者になるには課金が必要だったり、
運営側によってやや利用に制限をかけられているような印象があるので、
知識や興味が拡大していく、という感覚は、
他の媒体に比べて、あまり感じられないかもしれません。

あくまでも個人の感想ですが。

Voicyのオススメ度
総合:★★★☆☆
使いやすさ:★★★☆☆
種類の豊富さ :★★★☆☆
内容の質:★★★☆☆

 

iPhoneのSiriの画面読み上げ

最後に紹介するのは裏技的な方法です。

こんな方法があるのは全然知らなかったのですが、すごく便利だったのでシェアします。

iPhoneにはSiriという音声認識機能があります。
「Siri、明日の天気は?」
とか質問すると、答えてくれるアレです。

このSiriには、今開いている画面の文字を読み上げてくれるという特技もあるんです。

方法は簡単。
・iPhoneでWebサイトなりKindleの画面なりで、読みたい文章を画面に表示。
・2本指で画面上部から下へスワイプすると、即、読み上げてくれます。
・コントロールパネルが表示されるので、一時停止、巻き戻し、速度調節などが可能。

良い点

テキストであればどんな文章でも読み上げてくれる点は、本当に素晴らしいと思います。

また、自動朗読でありながら、なかなか聞き取りやすいです。
声は、男性か女性かが選べます。

改善して欲しいなと思う点

自動朗読のため、漢字や英語の単語がたまにおかしな風に変換される。

Webサイトなどを読み上げる場合、URLなども朗読してしまうので、
本文とは関係のない読み上げが長く続いてしまう場合がある。

電子書籍などの場合、扉や空白ページなどの文字のないページに行き当たると、
そこで朗読が止まってしまう。

Siri画面読み上げのオススメ度
総合:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆
種類の豊富さ :★★★★☆
内容の質:★★★☆☆

 

本や文章を読めない(難しい)人は耳で学べ! おすすめの5つの方法 のまとめ

・Audible:圧倒的な量と質。一番のおすすめ!
・YouTube:アクセスしやすい。ジャンルが豊富。
・ポッドキャスト:著名人の発信が多い。高いクオリティー。
・Voicy:個人で発信できるネットラジオ。可能性大。
・Siriの画面読み上げ:サイトやブログ、電子書籍の読み上げが可能。

個人的なおすすめ度としては、
Audibleを大本命としておすすめします。
天下のアマゾンが運営をしているので、圧倒的な量と質が提供されています。
使い勝手やサービスの拡充も、今後に大いに期待ができます。

そして大穴的に、Siriの画面読み上げもおすすめです。
iPhoneにデフォルトで用意されているので、新たなアプリや登録などがいりませんし、
テキストであればどんなものでも読み上げてくれるので、
かなり便利な機能です。

本は目ではなく、耳で聴くことで、
時間もエネルギーも格段に効率よく使えるようになりました。

もしも本を読みたいけど時間がない!という方は、ぜひ参考にしてみてください!
では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました