iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ
The following two tabs change content below.

中川研

ヨガ講師 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|身体の健康・食・人間関係など、生きる上で本当に大切なことを日々探究・発信しています|グラフィックデザイン|YouTube|歯列矯正中

iPhoneでアスペクト比16:9の写真が撮りたい・・
iPhoneのカメラの縦横比は変えられる?

そんな疑問はありませんか?

この記事では、

iPhoneでアスペクト比16:9の写真を撮る方法
オススメのカメラアプリ[シンプルカメラ]

などについて詳しく解説します。

筆者のケンは、
歯列矯正や健康をテーマにした、
YouTubeチャンネルを運営しています。

YouTube

他にも、
TwitterやInstagramなどでも、
心身の健康やライフスタイルなどの情報を発信しています。

フォローする

YouTubeに動画投稿をしていると、
16:9のアスペクト比で写真を撮りたい時が、多々あるんです。

なぜなら、
YouTubeの縦横比が16:9だから。

ところが、
iPhoneの標準カメラのアスペクト比は4:3。

iPhoneとYouTubeのアスペクト比の違い|iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法

つまり、
iPhoneで撮った写真を、
YouTubeのサムネイル(タイトル画像)に使おうとすると、
縦横比を変えなければならず、
けっこう面倒なんです。

そこで、
iPhoneでも16:9の写真を撮る方法はないかと探したら、
よい方法があったので、
くわしくご紹介いたします。

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ

iPhoneでアスペクト比16:9の写真を撮る方法

結論から言うと、
以下の2つの方法がおすすめです。

① シンプルカメラというアプリを使う
② 標準カメラのビデオ撮影中に、シャッターボタンを押す

という方法です。

比較的、準備や操作が簡単ですし、
なおかつ、画像もキレイに撮れるからです。

早速、
順番に解説していきます。

iPhoneで16:9の写真を撮る方法①
「シンプルカメラ」というアプリを使う

iPhoneでアスペクト比16:9の写真を撮る方法、ひとつ目は、

シンプルカメラ

というアプリを使う方法です。

iPhoneだけでなく、
アンドロイドにもアプリはあるようです。

ダウンロードは無料ですが、
10回以上撮影すると、広告が入ります。

課金をすると、
すべての機能が使えたり、
広告が非表示になるプロバージョンに、
アップグレードできます。

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質
開発元:KANAME OHARA
無料
posted withアプリーチ

ご覧の通り、
iPhoneの画面全体に被写体が映り、
16:9の縦横比で写真が撮れます。

ビデオ撮影も可能です。

4K 60FPSで撮影でき、
標準カメラと比べても遜色ない解像度です。

こちらもアスペクト比は16:9。

標準のカメラアプリよりも、
若干、画質が落ちるとのレビューを見かけましたが、

ぼくには違いは分かりませんでした。

Adobeのエディターも搭載されているので、
撮ったあとすぐに、
画像補正や加工ができ、とても使いやすいです。

カメラアプリは、
他にもたくさんありますが、
画質や使い勝手などを総合的に判断しても、
この「シンプルカメラ」は飛び抜けた存在だと思います。

AppStore上の評価もとても高いです。

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質
開発元:KANAME OHARA
無料
posted withアプリーチ

iPhoneで16:9の写真を撮る方法②
「標準カメラ」のビデオ撮影中に、シャッターボタンを押す

iPhoneでアスペクト比16:9の写真を撮る方法、
もうひとつは、

「標準カメラ」のビデオ撮影中に、シャッターボタンを押す


という方法です。

iPhoneの標準カメラは、
ビデオ撮影は16:9のアスペクト比で撮影されます。

そして、
「ビデオ録画中の静止画撮影」という機能を利用するんです。

やり方は以下の通り、とても簡単です。

上の画像のように、
ビデオを撮影中、右下に表示される、
白くて丸いシャッターボタンを、ポチッと押すだけです。

すると、
動画撮影は中断されずに、その瞬間の静止画が撮れます。

その上の赤いボタンを押してしまうと、
動画撮影が止まってしまうので注意してください。

撮影された写真は、
カメラロールに保存されます。

確認すると分かると思いますが、
16:9のアスペクト比で撮れているはずです。

画質は、
写真モードで撮影したものよりも、若干劣ります。

とはいえ、
実際に見比べてみても、
それほどの差は感じませんでした。

YouTubeのサムネイルや、
ブログのアイキャッチなどへの使用であれば、
十分にキレイな画質だと思います。

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法

① シンプルカメラというアプリを使う
② 標準カメラのビデオ撮影中に、シャッターボタンを押す

以上、
iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

● 夜、なかなか眠れない・・という方必見

【iPhoneユーザー必見】ブルーライトの睡眠への影響&軽減方法
ブルーライトが睡眠に与える影響について知りたいですか?この記事は、ブルーライトを軽減し睡眠への影響を抑える方法、iPhoneでブルーライトをカットするNight Shiftの設定方法などについて詳しく解説しています。ブルーライトが気になるiPhoneユーザー必見です。

● Instagramで、うまく改行ができなくて困っていませんか?

【インスタグラム】改行できない理由は絵文字や記号【これで解決】
改行がうまくされない原因は「絵文字」「全角記号」と「空白の行」の組み合わせにありました。文と文の間に「空白の行」が入っていて、かつ、文頭もしくは文末に絵文字か全角記号がある と改行が反映されません。最初はコツがいるけどすぐ慣れるのでぜひ試してみて。

● iPhoneのバッテリー交換をお考えの方は、気をつけて!

iPhoneのバッテリー交換は画面割れがあると、画面修理も必要になるので注意!
iPhoneのバッテリー交換2018年内なら3200円。予約が取れたのでApple正規サービスプロバイダーのカメラのキタムラ渋谷ヒカリエ店へ。ところが「iPhoneのバッテリー交換はモニターが割れていると画面の修理も必要になるんです・」とのこと。「画面の修理は2万4000円ほど・・」
関連記事
関連記事
スポンサーリンク

シェアする