スポンサーリンク

【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】

The following two tabs change content below.
ストレスなく生きていくために大切な情報(身体・考え方・食・人間関係・働き方など)を発信中|会社員時代30歳〜約10年間のうつ経験|その後フリーランスとして瞑想・ヨガ講師8年 (RYT500 E-RYT200 YACEP)|YogaJaya Baseworks講師|東京都内を中心に各地でクラスやイベントを開催しています

ポーランドで活躍する日本人アート作家っているの?
ポーランドと日本のアート交流について知りたい

そんな疑問はありませんか?

 

この記事では、

ポーランドと日本のアート交流
ヴロツワフで開催された、アート作家・坂光敏の個展の様子

などについて、詳しく解説します。

 

筆者のケンは、
本業は、ヨガやマインドフルネスなどを教えています。

マインドフルネス瞑想を続けた結果→驚きの効果7つ【続かない人必見】
マインドフルネス瞑想を続けた結果どんな効果があるか知りたいですか?この記事では、約10年間マインドフルネス瞑想の練習と指導を続けた経験から、具体例や注意点、コツなどをくわしく解説しています。マインドフルネス瞑想を続けたいという方は必見です

 

友人のアート作家・坂光敏が、
ポーランド・ヴロツワフで個展を開くことになり、
その手伝いで、現地へ同行しました。

 

このブログ以外にも、
旅の記録やアート、ライフスタイルなどの情報を、
SNSで発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする
ポーランド・ヴロツワフの市場 Hala Targowa|ナカガワケン|note
ポーランド・ヴロツワフの市場 Hala Targowa

 

スポンサーリンク

【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】

早速ですが、
ポーランド・ヴロツワフで個展を開催したアート作家は、

坂光敏 といいます。

 

2〜4週間、壁に絵を描き続け、
その様子を生配信する、
ライブ・ドローイングというアート活動を中心に、
創作を続けています。

 

プロフィールや作品はこちら。

Artists 坂 光敏 BURN, Mitsutoshi
アートトレイスギャラリーのホームページです。アートトレイスギャラリーは作家が共同で運営する東京両国を拠点とするアートスペースです。
☆BuRN☆
Mitsutoshi Burn
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

 

日本人アート作家が、ポーランドで個展を開く

坂光敏は、
その類い稀な作風と業績がとても高く評価され、
2016年ドローイング・トリエンナーレという芸術祭に招待されました。

 

そのイベントは、
ポーランド第4の都市ヴロツワフで開催され、
世界各国から選抜された、
アート作家が参加していました。

 

個展は、
Burn Mitsutoshi Drawing “Drawing Monster in Poland”
と銘打たれ、
2016年1月15日から2月4日までの約21日間開催されました。

その時の個展の詳細はこちら。

Mitsutoshi Burn w galerii BOSA (Think Tank lab Triennale)
Wybrałyśmy się z BOSA. Naturalnie dlatego, że dzieje się tam coś japońskiego 🙂 W ramach tutaj lub odwiedzając galerię za dnia, kiedy artysta odpoczywa. My miał...

 

会場設営から個展終了後の撤去作業までを、
ひとつのアート作品として捉え、
すべての過程を生配信していました。

YouTubeで、
すべての動画を視聴することができます。

Burn Mitsutoshi Live Drawing “Drawing Monster” YouTube再生リスト

TEST 20160114-No.001 Burn Mitsutoshi Live Drawing "Drawing Monster in Poland"

 

坂光敏のアート展が、ポーランドの地で開幕

2016年1月15日(金)

この日、
坂光敏ライブドローイング in ポーランドが、
オープニングを迎えました。

 

アートに限らず、
文化や習慣、言葉も違う地で、
設営や準備を進めるのは、なかなかハードなものでした。

 

いやーだけど、
なんとかなるんですね。

 

必要な時に必要なヘルプがあったり、
普段では想像もつかないような解決策が思いついたり、
すべては、
なるべきようになるようです。

 

場所は、
BOSA Galleryという、
ヴロツワフ市内のアートギャラリー。

 

オープニングレセプションは、
19時の開始。

少し前から、
続々と来場者の方々が集まりはじめ、
ギャラリー内はあっという間に、
たくさんの人で賑わいました。

 

今回のトリエンナーレを主催している、
アートアカデミーのダニエラちゃん。

アートギャラリーを運営しているサビーナちゃん。

そして坂光敏が、
一人ずつ挨拶をしていきます。

 

アートアカデミーに留学で来ている、
あみかちゃんもお手伝いしてくれました。

通訳は、
日本語・ポーランド語ペラペラのユリアちゃん(彼女もアート専攻)が、
買って出てくれた。

マジ助かった、ふたりとも~。

 

オープニングセレモニーの後、
坂がおもむろに筆を持ち、
壁に絵を描きはじめました。

それを、興味深く見つめる人たち。

 

坂本人に直接質問をし、
アート談義をする人も多数。

 

ポーランドと日本のアート交流

坂光敏は、
2016年に開催した、
この個展をきっかけに、

ポーランドと日本のアート交流を、
今なお脈々と続けています。

 

翌2017年には、Double Line という、
ポーランドと日本の複数のアート作家による交換展示に、
発展しました。

Double Line – Drawing Show and Workshop – in Tokyo / ART TRACE GALLERY
アートトレイスギャラリーのホームページです。アートトレイスギャラリーは作家が共同で運営する東京両国を拠点とするアートスペースです。

 

2018年には、Limited Vision として開催され、
日本3カ所、ポーランド2カ所で開かれるなど、
規模も拡大しました。

ポーランド日本交換展 -Limited Vision- / ART TRACE GALLERY
アートトレイスギャラリーのホームページです。アートトレイスギャラリーは作家が共同で運営する東京両国を拠点とするアートスペースです。

 

2016年から、
年に一度のペースでアート交流が続いており、
今後も定期的に継続すると思われます。

 

日本のアートに対する、ポーランドの反応

結論から言うと、
ポーランドの人たちは、
アートに関する関心がけっこう高いのではないか、
と、現地で過ごしてみて感じました。

人々の生活の中に、
アートの存在が根付いているように、
強く感じたからです。

 

その代表的な例として、
ストリートアートが挙げられます。

いわゆる、壁の落書きです。

上の写真のように、
ポーランド・ヴロツワフの街を歩くと、
いたるところで、
こうしたストリートアートを目にします。

 

おそらく、
長く続いた共産主義時代の抑圧が、
アートという形で、
表出されてたのではないかと思います。

● 参考記事

ポーランド・ヴロツワフにてストリートアートについてのインタビューを受ける
お昼にカロリーナという人からインタビューの約束が入っているので、旧市街広場で昼前に待ち合わせ。ストリートアートを研究されている方らしい。そしてインタビューが進むに連れて、お互い「???」みたいな雰囲気に。どうも話が噛み合ない。

 

また、
ポーランドの方たちは、
日本に対して、とてもよい感情を持っています。

 

1900年代初頭、
ロシア・シベリアに拘留されていたポーランドの人たちを、
日本赤十字が救済したり、

第二次世界大戦中、
ポーランドの強制収容所で迫害を受けていた多くの人々を、
杉原千畝という外交官が救ったり、

そうしたことが要因とも、
言われています。

 

近年では日本の文化、
特にアニメは、
ポーランドの若者を中心に、
とても親しまれています。

ポーランドの街には、
日本食レストランも多く、人気です。

● 参考記事

ヴロツワフの可愛い寿司屋さん【ヴィーガン料理店THE ROOT】
ヴロツワフのおすすめのお寿司屋さんを知りたいですか?この記事では可愛いお寿司が食べられるヴィーガン料理店「THE ROOT」の場所やメニュー、値段、オススメの理由などを詳しく解説しています。ポーランド・ヴロツワフでお寿司を食べたい人必見です。

 

そんな背景もあり、
今回、日本人アート作家の個展ということで、
たくさんの人が訪れたんじゃないかと感じました。

 

【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】

2016年:Drawing Monster坂光敏が招待作家として、ドローングトリエンナーレ内で個展を開催
2017年:Double Line ポーランドと日本のアート交流に発展
2018年:Limited Vision 開催規模がさらに拡大

日本のアートに対する、ポーランドの反応
・ポーランドの人々はアートに対する関心が高い
・ストリートアート(落書き)は抑圧の発露
・日本に対する好ましい感情

 

以上、
【ポーランドとのアート交流】坂光敏がヴロツワフで個展開催【芸術祭】
というテーマで解説をしました。

 

日本国内でも、
ポーランドのアート作品や、映画などを、
目にすることも多くなってきました。

ポーランドと日本のアート交流に、
今後も注目です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

● ポーランドは距離は遠いけど、日本にとても近い国です

【ヴロツワフへの行き方】格安航空券は6万円台から【ポーランド滞在記】
ヴロツワフへの行き方が知りたいですか?この記事では、東京成田からヴロツワフに行った時の方法、航空券の見つけ方、もっと早く到着する方法などについて、実体験をもとにくわしく解説しています。ポーランド・ヴロツワフへの行き方を調べている方必見です。

● ヴロツワフの市街地のオススメの見どころ

【歯列矯正】病院選び5つのポイント|どこで受ける?【経験談】
歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

● 観光地に行かなくても、ヴロツワフの街を楽しむ方法

【歯列矯正】病院選び5つのポイント|どこで受ける?【経験談】
歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。



ケンをフォローする
スポンサーリンク
カンサツログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました