スポンサーリンク

タイのコロナ対策がかなり厳重|全身除菌・検温・手指消毒スプレー

【タイ】コロナウイルス防止対策ってどんな感じ?かなり厳重です【一番は笑顔】
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|YouTubeで公開修行中

タイのコロナウイルス感染防止対策って、どんな感じ?

 

今回は、
タイ・バンコク滞在中に遭遇したコロナ対策が、
けっこう興味深かったので、くわしくレポートいたします。

 

スポンサーリンク

タイのコロナ対策がかなり厳重|全身除菌・検温・手指消毒スプレー

結論から言うと、
タイ・バンコクの大きなデパート入り口で遭遇した、
コロナ対策は、かなり厳重に行われていました。

 

どんな対策だったか、具体的に言うと、
客が施設の中に入る時に、以下の4つを通過する仕組み。

ステップ1:全身除菌ゲート
ステップ2:セキュリティーチェック
ステップ3:サーモセンサー(検温)
ステップ4:手指消毒スプレー

 

動画を見るとわかりやすいと思うので、
まずはこちらをどうぞ↓

 

それぞれのコロナ対策を、
詳しく順番に見てみましょう。

 

ステップ1:全身除菌ゲート

サニタイザーゲート|タイのコロナウイルス防止対策

タイ・バンコクの厳重なコロナ対策、
1つ目のステップは、

全身除菌ゲート

 

サニタイザーゲートの看板|タイのコロナウイルス防止対策

店内に入るには、
必ずこのゲートをくぐるようになっています。

ゲートの中で、消毒液が噴霧されているので、
ここをくぐるだけで、全身除菌することができる、
という仕組みのようです。

 

形やデザインが、ちょっと大げさと言うか、
SFっぽすぎるような気がしないでもないですが…

 

ちなみに、このSFゲートが設置されていたのは、
エムクオーティエという高級デパート。

中にある映画館は、
コロナ対策により営業停止中でした↓

バンコクの映画館エムクオーティエから人が消えた日【コロナで閉鎖】
バンコク屈指の高級デパートエムクオーティエの映画館が、コロナウイルスの影響で閉鎖された様子を写真を交えて詳しく現地レポートしています。人影のないひっそりとした映画館は、コロナウイルス感染対策によるタイの映画館閉鎖について知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

サニタイザーゲート(MBK)|タイのコロナウイルス防止対策

と思ってたら、
他の施設には、もっとシンプルなものもありました。

ですが、こういった除菌ゲートが、
どこの商業施設にも、必ずといっていいほど、
設置されていました。

 

消毒液特有のイヤなニオイは、
まったくしませんでした。

 

このシンプルなゲートが置いてあったのは、
MBKという商業施設でした。

その中にある美容室で、髪を切りました↓

バンコクの美容院でタイのメンズヘアスタイルにしてもらった結果…!
バンコクの美容院でタイのヘアスタイルにしてもらった結果を知りたいですか?この記事では、MBKの中にあるVINCENTという美容院でメンズヘアカットしてもらったときの様子を詳しく解説しています。髪の毛切りたいけど不安だなあという方、必見です。

 

ステップ2:セキュリティチェック

セキュリティーチェックゲート|タイのコロナウイルス防止対策

タイの厳重すぎるコロナ対策、ステップ2は、

セキュリティーチェック

 

これは直接、
コロナウイルス感染対策とは関係ないかもしれませんが、
大きな施設の入り口には、必ずあります。

上の写真は、地下鉄の駅の改札に設置されていたもの。

 

9.11以降、テロ対策を目的として、
設置されたようです。

 

ちなみに、バンコクの地下鉄構内には、
コロナ対策を呼びかける、こんな看板が設置されていました↓

タイのコロナ対策|バンコクの観光地や飲食店での感染対策
タイ・バンコクでコロナ対策がどうなされているか知りたいですか?バンコクの地下鉄駅構内に掲示されていたコロナウイルス感染予防ポスターを翻訳してみたので、タイではどのような状況なのか、ぜひ参考にしてみてください。予防対策をして楽しい毎日を!

 

ステップ3:サーモセンサー(検温)

サーモセンサー(体温測定)|タイのコロナウイルス防止対策

タイのコロナウイルス感染対策の3つ目のステップは、

サーモセンサー(検温)

 

上の写真の左手に見えるように、
カメラとモニターが設置されていて、
通過した人の体温をセンサーしています。

 

サーモチェックOKのシール|タイのコロナウイルス防止対策

実は、タイ・バンコクに入国する時や、出国する際にも、
空港で、カメラの前を通るように言われました。

検温に合格?すると、”大丈夫マーク”としてシールを渡されて、
胸に貼るように言われました。

 

ちなみに、コロナ感染が急拡大しため、
タイから緊急出国した時の空港は、かなり独特な雰囲気でした↓

【緊急出国】タイ航空最終便バンコク→東京羽田空港へ【帰国】

 

ステップ4:手指消毒スプレー

卓上型消毒スプレー|タイのコロナウイルス防止対策

タイのコロナ対策の4つ目は、

手指消毒スプレー

 

コロナ対策として、
日本でも日常の光景になっていると思いますが、
こうした卓上型の消毒スプレーが、
ほとんどの飲食店に、だいたい置いてあります。

 

消毒するかしないかは、各自の判断ですが、
必ずスプレーするように求められる場所もありました。

 

噴霧タイプとジェルタイプがありました。

 

1番のコロナ対策は免疫力アップ|微笑みの国、タイ

タイ・バンコクで遭遇した、
コロナウイルスの感染防止対策。

それでも不安だな・・・

という気持ち、すごくよく分かります。

 

ぼくが考える1番のコロナ対策は、

免疫力を高める生活をする

ことです。

 

なぜかと言うと、
コロナウイルスは、
感染力は高いものの、免疫力の高い若い人たちが重症化することは少なく、
高齢者や乳児など、免疫力の低い人たちに感染リスクがある、
と言われているからです。

 

免疫力を高める方法はとてもシンプル。

これも4つ。

1:しっかり身体を動かす
2:十分な睡眠、休息をとる
3:美味しいものを食べる
4:笑顔

 

事態が深刻化してくると、
身体も気持ちも縮こまってしまい、
こうした、生活の基盤が薄れがちになってきます。

今こそ、
よく動き、よく寝て、よく食べて、よく笑う

そうした毎日を過ごしましょうよ。

 

タイの人々は、
こんな状況でも、多くの人が笑顔でした。

 

薬やマスクで、本当に、
病気が防げるんでしょうか?

そもそも病気って、
それほど恐れる必要のあるものなんでしょうか?

 

微笑みの国、タイで、
人間が健康に、楽しく暮らすためには、
本当は何が必要かを、感じられた気がします。

ロックダウン寸前でも、
活気のあるバンコクの街中の様子↓

タイ・バンコクの街や飲食店の様子 2020年4月

 

タイのコロナ対策がかなり厳重|全身除菌・検温・手指消毒スプレー まとめ

以上、
タイのコロナ対策がかなり厳重|全身除菌・検温・手指消毒スプレー
というテーマで解説をしました。

 

実は、このブログを書いた直後に、
バンコク市内の商業施設をすべて営業停止する
という発表がありました。

閉鎖された商業施設は、
人影がなく、異様な光景でした↓

【潜入】タイ・バンコクのショッピングセンターが閉鎖|コロナウイルス最新映像

さらに約1週間後には、
ロックダウン秒読みとなったので、緊急帰国しました。

その時の様子はこちらです↓

タイから緊急帰国「隔離もPCR検査もなし」スワンナプーム国際空港の様子
タイ・バンコクから日本に緊急帰国した際に、隔離や検査があったか知りたいですか?タイに非常事態宣言が発令される直前に、バンコク・スワンナプーム国際空港を出国し、日本へ帰国した時の様子を記録に残しました。みなさん体調に気をつけてお過ごしください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました