スポンサーリンク

プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション”はノマドに最適

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のチョコバナナスムージーが本当におすすめ
The following two tabs change content below.
瞑想・ヨガ講師|E-RYT500 YACEP|指導歴10年15,000人以上|YogaJaya Baseworks講師|身体とメンタルの調整法・執着の手放し方・食生活・人間関係など、人生で本当に必要なことを発信|スーツケース1つで生活してます|YouTubeで公開修行中

バンコクでノマドしたい
タイ料理もいいけれど、ヴィーガンフードが食べたい

そんな、ノマドやヴィーガンの方におすすめの、
バンコクの素敵なカフェをご紹介します。

 

スポンサーリンク

プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション”はノマドに最適

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の看板

バンコクでノマドをするなら、
プロンポン駅近くにあるヴィーガンカフェ、
ブロッコリーレボリューション(BROCCOLI REVOLUTION)
がおすすめです。

 

場所はこちら↓

バンコクの高架鉄道BTSのプロンポン駅とトンロー駅のちょうど中間、
やや郊外側のトンロー駅寄りにあります。

 

こちらのブロッコリーレボリューションは、
Twitter仲間の そわかさん @yogasowaka に、教えてもらったカフェです。

↓記事はこちら

バンコクのおしゃれヴィーガンカフェBroccoli Rovolutionトンロー
鎌倉ヨガソワカ。ヨガを始めてみたいけど、運動は苦手だとできないと思っていないですか?食べることもヨガです。本記事ではタイ、バンコクにて美味しいヴィーガン料理を食べれるフードコートを紹介しています。タイバンコクに行かれる方、タイでヴィーガン・

 

そわかさんはヨガの先生で、
身体や食事、心の在り方などについて発信されているので、
興味のある方は要チェック↓

インド*タイYoga Sowaka

 

”ブロッコリーレボリューション”への行き方

バンコクのおすすめヴィーガンカフェ
「ブロッコリーレボリューション」へ行き方はけっこう簡単。

 

プロンポン駅からは郊外へ向かって、
トンロー駅からは都心部へ向かって、
道路の北側の歩道を歩いていけば、3、4分で到着します。

ぼくはプロンポンの方から、歩いて行きました。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"は緑のツタが目印

窓を覆う緑のツタが、
ブロッコリーレボリューションの目印。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の入り口

入り口はこちら。

小さな階段があるから気をつけてね。

 

”ブロッコリーレボリューション”の超オシャレな店内

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の店内

ブロッコリーレボリューションの中は、吹き抜けになっていて、
とても開放感があります。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の二階席

2階席もあるよ。

 

店内には、ノマドワーカーらしき人たちが、
4、5組いました。

 

注文は受け付けカウンターで

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の注文口

ブロッコリーレボリューションの注文カウンターは、
入り口を入って、すぐ目の前にありました。

 

入店すると、スタッフの人がやってきて、

メニューを持って好きな場所に着席して、
オーダーが決まったら、もう一度ここに来て注文してください

とのこと。

 

落ち着いてじっくり考えることができるので、
このカフェのオーダーシステム、なかなかよいかも。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のお水

ブロッコリーレボリューションのお水はセルフです。

そして、無料。

 

ぼくは右側のオレンジのを飲みました。

左側はきゅうりかな?

 

”ブロッコリーレボリューション”のメニュー

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のサラダメニュー

こちらが、
ブロッコリーレボリューションのメニュー。

美味しそうなヴィーガンフードがたくさん並んでいるので、
かなり迷うぞ…

 

アボカドトースト

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の朝食メニュー

ブロッコリーレボリューションのメニューは、
時間帯で分かれていて、こちらはお昼12時までの朝食メニュー。

入店したのは12:15ごろ。

 

ですが、店員さんに聞いたら、注文OKとのことだったので、
右ページの上にあるアボカドトーストにしました。

150バーツ(約495円)

もちろん、ヴィーガン対応。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のアボカドトースト

こちらがその、アボカドトースト。

料理は注文後、
3、4分ですぐに出てきました。

 

ナッツがたっぷりのアボカドトースト|バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"

エクレアくらいのサイズ感(←この例えで分かる?)

ヴィーガンメニューなので、動物性の食材は使われておらず、
アボカドとおから(多分)のディップに、
かぼちゃの種とゴマがふんだんに乗せられてます。

 

いいなと思ったのが、
ざくろの実もたくさん入っていたこと。

酸味がアクセントになって、すごく美味しかった。

 

やや油気とインパクトが欲しかったので、
お店にあったオリーブオイルと黒胡椒で、アレンジして食べました。

 

マイナス点を挙げるとしたら、
欲を言えば、もう少しボリュームがあるとうれしかった。

2、3口で食べられてしまう量なので、
値段の割には、少し物足りなく感じました。

 

チョコバナナスムージー

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のドリンクメニュー

こちらは、
ブロッコリーレボリューションの売りの一つでもある、
ヴィーガンスムージ。

右ページ一番下の、
チョコバナナが美味しそうだったので、注文。

 

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"のバナナスムージー

そしてやって来た、
チョコバナナ・ヴィーガンスムージー

150バーツ(約495円)

 

これは本当に美味しかった。

ヴィーガンの人以外にも、超絶おすすめします!

 

バナナの自然な甘さとねっとり感と、
ナッツとチョコと氷のザクザクした感触が、絶妙のバランス。

 

しかも、量がたっぷり

アボカドトーストの物足りなさは、
こちらでプラマイゼロになりました笑

 

小腹が空いた時には、
これだけでも、お腹を満たすことができそう。

 

ちなみに、
今回、このブロッコリーレボリューションで注文したのは、
上の2品のみ。

お値段は、合計300バーツ(約990円)

 

高いですか?

 

ちなみに、バンコク街中の屋台なら、
1000円あれば、3食お腹いっぱい食べられます↓

タイ・バンコクの屋台の値段|食事や果物の価格が衝撃的だった
タイ・バンコクの屋台での食事の値段はいくらか知りたいですか?この記事では、バンコクの屋台で食べた、朝食、ランチ、フルーツ、おやつなどの値段について詳しくレポートしています。バンコクの屋台でリーズナブルに食事をしたい!値段が気になるという方必見

 

有名店は、やはりよいお値段です↓

ワナカーム|タイ・バンコクの有名レストランが味も雰囲気も最高でした
タイ・バンコクの有名レストラン「ワナカーム」をご存知ですか?この記事では日本人観光客や駐在員に人気のタイ料理店ワナカームの場所やメニューや値段などを、実際に食事した感想や写真などを交え詳しく紹介しています。ワナカームに行きたい!という方必見

 

ブロッコリーレボリューションのノマド環境

バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"の無料WiFi

続いて、バンコクのヴィーガンカフェ
”ブロッコリーレボリューション”のノマド環境について見てみましょう。

 

無料WiFi

まず一つ目、
店内では無料WiFiが利用可能。

 

店員さんにWiFi使いたいって言うと、
こんなレシートみたいな紙をもらえます。

書かれたユーザーネームとパスワードを入力すると、
WiFiにアクセスできます。

 

バンコク市街の飲食店は、
外国人向けのカフェなどには、WiFi環境が整っている印象がありますが、
地元の個人店などでは電波が飛んでないところも多いです。

2時間の時間制限はありますが、
無料でWiFiが利用できるのはうれしい。

 

電源

電源もあり|バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"

ブロッコリーレボリューションの店内には、電源もあるので、
ノマドワークに便利です。

足元に差し込み口があるタイプ。

 

実際店内には、ノートブックを開いて作業をしている、
ノマドな人たちが、けっこういました。

 

支払い方法はクレジットカードもOK(いくら以上の条件あるかも)

クレジットカードOK|バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"

ブロッコリーレボリューションでの支払いは、
各種クレジットカード払いにも対応していました。

 

ノマドワーカーの方達は、
現金を持ち歩かない人とも多いのではないでしょうか?

かくいうぼくも、ほとんど現金を使わなくなっているので、
カード払いができるのは、とてもうれしい。

 

ただし、支払いの時に、クレジットカードで払えるか聞いたら、
一瞬金額を確認して「OK!」と言っていたので、
もしかしたら「いくら以上から」という条件があるかもです。

ちなみに、
ぼくの注文総額は300バーツでした。

 

タイは、想像していたより、
いまだ現金決済の方が主流です。

カードで払える店の方が、少ないくらいの印象。

 

なので、クレジットカードで支払えるブロッコリーレボリューションは、
できれば現金は持ち歩きたくないという、
ノマドの人たちにも、とても助かることでしょう。

 

ちなみに、
バンコクのショッピングセンター内のフードコートは、
現金でもクレジットでもない、プリペイドカード方式でした↓

サイアムパラゴンのフードコートフロアを完全レポート|タイ・バンコク
バンコクのサイアムパラゴンのフードコートフロアで食事をする方法を知りたいですか?この記事では、サイアムパラゴンのプリペイド方式で食事をする方法やその感想を、実体験をもとにレポートしています。バンコクのフードコートで食事したい方必見です。

 

ストローもヴィーガン

空芯菜の天然ストロー|バンコクのビーガンカフェ"BROCCOLI REVOLUTION"

今回、バンコクのおすすめヴィーガンカフェ
”ブロッコリーレボリューション”で食事をしてみて、一番驚いたのが、

ヴィーガンストロー

 

これ、プラスチック製でも紙製でもなく、
本物の植物の茎なんです。

さすが、ヴィーガンカフェ…!

 

たんぽぽとかほうれん草の茎って、
中が空洞になってますよね。

あれの超極太版みたいな感じです。

 

ナッツとかが詰まって、
このスムージーを飲むのには、あまり適してなかったっぽいけど(笑)、
他の飲み物なら、問題なく飲めるはず。

 

細かなところまで、考えを貫く、
バンコクのおすすめヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション”

さすがだなと思いました。

 

プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション”はノマドに最適 まとめ

以上、
プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション”はノマドに最適
というテーマで解説しました。

 

実は、このブログを書いた約10日後に、
バンコク市街の商業施設が、コロナ対策により、
全面的に閉鎖されてしましました。

その時の街の様子は、こちらです↓

タイ・バンコクの街や飲食店の様子 2020年4月

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました